javascriptが無効です。
サイトが正常に動作しない可能性があります。

ASSOCIATE MEMBER MFJ賛助会

MFJ賛助会/スポーツパートナー

モーターサイクルをご支援いただいている皆様へ

「私たちは
モーターサイクルスポーツを応援しています!!」

はじめに

貴社におかれましては、平素よりモーターサイクルスポーツの普及振興に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2020年は、新型コロナウイルス感染症により、国内モーターサイクルスポーツも中止や延期を余儀なくされましたが、選手および関係者の皆様の熱意とスポンサー・メディア・関連企業各社様・賛助会員の皆様のご支援によりシーズンを終了することができました。世界選手権や全日本選手権などの主要競技会において、種目により差はあるものの、全体的には観客数、参加台数共に横ばいでありました。またライセンス人口につきましても若干の減少傾向であり、引き続き普及活性化対策を講じます。

MFJは現在、組織全体で将来ビジョンを共有し、意思決定と実行のスピードアップを図って行くため、各委員会組織・地方組織を改変し、競技者の目線に立った競技運営や環境設備と全日本運営体制の刷新を図っております。将来ビジョンではファン拡大の為、観客動員・参加者・会員の増加、メディア露出の拡大等に2021年に達成したい目標数値を設け具体的な施策を検討します。また、世界で活躍する選手の存在がスポーツの価値を高めることからライダーのレベルアップもテーマに挙げています。

更なるモーターサイクルスポーツファン拡大の為に関係者が同じ方向を向き活動する体制を整えたいと思います。

主要競技会は一般への露出を高め、認知を向上させ、若者が憧れるスポーツとし、地域競技会では年齢や性別を問わず楽しんでいただく環境をつくるよう努めたいと思います。

また、次代を担う若手ライダーの育成活動やアジア地域との連携などの国際対策にも注力して行きたいと思います。

皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会
会長 鈴木 哲夫

MFJ について

(一財)日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、日本国内のモーターサイクルスポーツを統括する団体として1961年に設立され、60年目を迎えることが出来ました。MFJは世界統括機関の国際モーターサイクリズム連盟(FIM)に加盟する日本で唯一の代表機関です。1990年に文部科学省所管の公益法人となり、その後2012年に内閣府認可の「一般財団法人」に移行し、モーターサイクルスポーツを通じ心身の健全育成に寄与するとともに、二輪業界全体の活性化を目指し様々な活動を行っています。年間およそ600大会を公認・承認し、約18,000名のライセンスホルダーにモーターサイクルスポーツを楽しんで頂く環境づくりや、安全性の向上等に努めています。

MFJ の会員組織

MFJは大きく分けて3つの組織によって成り立っています。競技運営の方針を決定する中央組織、競技を運営する地方組織、そして競技会員、特別会員、賛助会員等の会員組織です。

MFJ賛助会員について

賛助会員はMFJ定款第45条に基づきMFJの活動に賛同する法人/個人(スポーツパートナー)をいいます。業種を問わず多くの企業、団体、法人の皆様にご加入頂いており、輸入代理店、用品、部品メーカーをはじめ報道機関、学校法人等の皆様にご支援を頂いております。またMFJでは競技会で使用される車両、部品、用品等について、公平と安全の観点より公認および登録制度が導入されており、公認・登録を申請(新規・継続)される場合(公認期間中は常にご加入が必要となります)の資格として、国内競技規則書、公認規定をご理解頂くことが必要なため賛助会員の加入が必要となります。(スポーツパートナーは除く)

MFJ 賛助会の主な支援事業

(一財)日本モーターサイクルスポーツ協会では、日本国内のモーターサイクルスポーツの普及・振興を目的として賛助会員の皆様からご支援頂きました賛助会費を下記の事業等に使用させて頂いております。※当該年度の事業方針により変更されます。

年少者育成事業

MFJロードレースアカデミー/MFJトライアルレディースプログラム/年少者向レース、スクール等への補助

女性普及活動事業

女性選手育成等への補助/MFJトライアルレディースプログラム

国際関連事業

国際大会や日本代表選手の派遣、競技大会開催等への補助

この事業は賛助会の支援を受け開催されたものです。

賛助会の種類

Ⅰ.賛助会員(企業・法人・団体様向け)※法人登記している法人に限られます。

会費(会期4月1日~翌年3月31日) 一口 100,000 円(何口でも可)
賛助会員の皆様へのご提供内容
  1. 賛助会員章(楯)を進呈させて頂きます。
  2. 賛助会員全日本モトクロス、トライアル入場パス引き換えカードの進呈をさせて頂きます。
    (当該年度全日本モトクロス/トライアル選手権全戦入場可能カード5枚(駐車パスは別途となる場合がありますので各大会の主催者にご確認をお願いします。))
    ※引き換え方法は、カード送付時にご案内致します。
  3. MFJの発行物やMFJ MOTO AWARDS資料におきまして、ご支援頂きました賛助会企業名をご紹介させて頂きます。
  4. MFJ WEBサイトにて、ご支援頂きました企業名を賛助会特設ページにおいてご紹介させて頂きます。
  5. MFJ MOTO AWARDSへご招待させて頂きます。(予定)

Ⅱ.スポーツパートナー(個人様向け)

SPORTS PARTNER

MFJでは日本のモーターサイクルスポーツを応援してくれるMFJ賛助会個人会員『MFJスポーツパートナー』を募集致します。一人でも多くの方々がモーターサイクルスポーツを楽しんで頂くとともに、日本のバイクレースの普及振興・競技力の向上を目指すため多くの皆様のご支援が必要です。
夢のあるバイクレース業界とするために活性化を促進させてまいります。その原動力となる皆様のご支援が今後の国内モーターサイクルスポーツを支える大きな力となります。皆様の深いご理解をお願いするとともにご入会賜りますよう何卒宜しくお願い申しあげます。
会費(会期4月1日~翌年3月31日) 一口 10,000 円(何口でも可)
※振込手数料はご負担お願い致します。
スポーツパートナーへのご提供内容 MFJ MOTO AWARDS/パーティへのご招待(予定)
※スポーツパートナーは公認等の資格を有しません。ご注意願います。

ご入会の手順・方法

Ⅰ.お申込書の取得方法

  1. MFJ賛助会入会申込書をダウンロードしてプリントアウトして下さい。
  2.  2021年度MFJ賛助会入会申込書(PDF)

  3. ご郵送をご希望の方にはお申込書をご送付致します。(MFJ 賛助会係 TEL03-5565-0900/FAX03-5565-0907)
  4. 前年度またはすでにご加入いただいている法人/個人会員様にはDM にて当お申込書及び、当該年度ご請求書をご送付させて頂きますので、ご継続のご加入の程宜しくお願い致します。

お申込書ご送付時に2021年度分(2021年4月~2022年3月末まで)のご請求書を同封させて頂きます。公認車両の申請(新規・継続)およびご入会をされない場合には大変お手数ですが、ご請求書を破棄頂きますよう宜しくお願い致します。

Ⅱ.お申込み手順

  • お申込書に必要事項をご記入いただきFAXまたはご郵送ください。
  • MFJ賛助会・スポーツパートナー専用窓口へ会費をお振込みをお願い致します。
    • 賛助会会員様(企業・法人・団体)
      ご入金確認後、MFJより賛助会員章・賛助会カードが送付されます。
    • スポーツパートナー様(個人)
      ご入金確認後、MFJ MOTO AWARD(12月開催)案内状が送付されます(11月予定)。

公認申請をされる企業様は賛助会で入金確認後、公認申請権利(新規・継続)が発生しますので余裕をもってご加入いただきますと幸いです。

Ⅲ.お振込先

振込先 三井住友銀行築地支店
普通 7210492
名義 : 一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会
カナ : ザイ)ニホンモーターサイクルスポーツキョウカイ

※賛助会員・スポーツパートナー様共に、共通の口座となります。

最後に

日本のモーターサイクルスポーツ愛好者の活動は、MFJに寄せられた多くの企業・団体・個人の皆様からのご支援が大きな支えとなっております。
MFJ では一人でも多くの方々がモーターサイクルスポーツを楽しんでいただける事業を推進して参ります。
今後の国内モーターサイクルスポーツの普及のために、多くの皆様のご支援を宜しくお願い致します。