MFJ HALL OF FAME -Motorcycle Sports- MFJモーターサイクルスポーツ殿堂

MFJモーターサイクルスポーツ殿堂の
設立にあたって

Motorcycle Federation of Japan Hall of Fame

MFJは1961年10月の創立以来、今日までその歴史を刻んでまいりました。
これもひとえにライダー、チーム関係者の皆様をはじめ、レース会場に足を運んでいただいております多数のファンの皆様、そしてこのスポーツの普及と発展を支えていただいております関連企業、関連団体、関係者各位のご支援、ご尽力の賜物と深く感謝申し上げます。

この間に、数々の名ライダーが時代を築き、日本のみならず世界でも活躍し、多くの世界チャンピオンが誕生いたしました。その功績は、文部科学省からスポーツ功労者として、他のメジャースポーツ選手同様に顕彰されるまでに至りました。

振り返りますと、モーターサイクルスポーツを取り巻く環境は目まぐるしく変化を続けてきました。1970年代のオイルショック、1980年代の二輪車市場の急速な拡大、バブル崩壊以降の景気停滞、リーマンショックや東日本大震災など、モーターサイクルスポーツは社会の変化に大きく影響されてきました。
そのような中でも、常にモーターサイクルスポーツに情熱をもって取り組み、このスポーツの灯を消さないように努力していただいた、先輩たちの活躍や功績に対して感謝し、これからも私達の手でモーターサイクルスポーツを継承・発展させていきたいと思い、『MFJモーターサイクルスポーツ殿堂』を設立することと致しました。

今後とも、皆様のご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。

一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会
会長 大島 裕志

MFJモーターサイクルスポーツ
殿堂概要

目的

  • 日本のモーターサイクルスポーツの歴史を後世に伝える。
  • 輝かしい実績のあった選手・関係者を顕彰する。

役割

  • 過去に功績のあったライダー、関係者等を殿堂入りとして顕彰すること。
  • 殿堂入りの基準を定め、候補者を選抜すること。
  • 過去の競技結果、映像、画像・歴史の収集。
  • 専用ホームページの設置・更新。

組織

MFJモーターサイクルスポーツ殿堂評議会

委員長
大久保 力
副委員長
森脇 南海子
委員
高桑 元
委員
坪内 隆直

MFJモーターサイクルスポーツ
殿堂入りライダー

  • 伊藤 光夫
    Road Race

    伊藤 光夫

    Mitsuo Itoh

    1937年1月1日生まれ/静岡県出身

    殿堂顕彰:2018年12月

    1963年、当時の世界最高峰レースと謳われていたマン島T.T.レースの50ccクラスで、日本人初の優勝を飾る。その後も数々の世界GPで活躍し、1967年の日本GPでも50ccクラスで優勝を飾っている。引退後はMFJの各種委員を歴任し、後進の指導などにも大きな功績を残した。

  • 高橋 国光
    Road Race

    高橋 国光

    Kunimitsu Takahashi

    1940年1月29日生まれ/東京都出身

    殿堂顕彰:2018年12月

    1958年のレースデビュー以来、天才少年として評価を高め、1960年から世界GPに参戦を開始。翌1961年の西ドイツGP、GP250ccクラスで日本人初となる優勝を飾る。その後、4輪レースへと転向し、国内外のレースで活躍。引退後は自らのレーシングチームを率い、活躍している。

Page Top