FOR THE COMPETITION EVENT 競技会の開催にあたり

競技会の開催手順

MFJ公認主催者は下記の手順に基づき開催をお願いします。

競技会・講習会・行事開催手順

手順/イベント 承認行事 承認競技会 公認競技会 公認講習会
役員 各 種
ライセンス
1.申請 ・各イベントともMFJイベントWEB管理システムよりMFJへ申請する。
・申請の期日は承認行事、競技会、講習会が開催日の30日前まで。
・公認競技会は開催の60日前とし、他別途定める。
2.告知 ・各イベントとも可能な限りシーズンの初めに告知する。
・開催する1~2ヶ月前に再告知する。
・MFJホームページにてカレンダーを掲載する。*申請書の内容が反映されます。
・地域マスコミやMFJネットワークショップ店頭を活用する。
3.大会規則書等 ・MFJ国内競技規則書に基づき大会規則書、大会特別規則、公式通知を作成する。
・申込期間、エントリー費、申込書、申込先等も含む。
 
4.参加者資格 MFJ会員ライセンス所持者
*ピットクルーA (運転免許証所持者のみ)
*競技役員・講師 (運転免許証所持者かつスポーツ安全保険加入者のみ)
*エンジョイライセンスただし、上記資格では承認ロードレース参加不可。
MFJ競技ライセンス所持者
(エンジョイライセンス除く)
18歳以上 9歳以上
RD、スーパーモト
12歳以上
MXPC
8歳以下
5.種目 種目に制限はない MFJの各ライセンス区分に準ずる ライセンス種目の区分に準じて開催する。
6.場所 会場はそのイベントに応じた場所をする。 ・MFJ競技規則書に基づき、会場(コースレイアウト)を設定する。
・駐車場および付帯設備も考慮する。
7.競技役員数/等級   審査委員長、競技監督計時長の計3名で可。ただし、上記の内競技役員2級以上1名を必要とする。 競技役員2級3名、3級2名以上を必要とする。 2級以上の講師1名以上を必要とする。
8.メンバー特典 各主催者により公平な運用を図る。(特別規則に明記)  
9. ①賞典
②認定書
各イベントとも特別規則書に明記しておく。  
10.車両 各イベントともMFJ国内競技規則書に基づき出場車両を設定する。 教材が必要な場合は主催者および参加者が用意する
11.スポーツ安全保険 競技会にはスポーツ安全保険が適用される。 役員・講師ライセンス以外は、MFJ指定保険が適用される。
12.報告 各イベントとも終了後、1週間以内にMFJイベントWEB管理システム上で記入漏れ・不備項目が無いようMFJ加盟団体を経由してMFJへ報告する。尚、中止した場合は、(様式-6)の届出が必要。MFJ指定保険を使用した場合は、掛金を指定の口座に振り込む。

登録申請料・申請期日について

承認競技会・承認行事

申請期日:開催日の60日前まで

(単位:万円)

格式 登録申請料
(種目ごと、観客保険料含む)
承認競技会 RD MX TR SN SM ED
5.7 1.7 1.7 2.3 1.7 1.7 1.7
承認行事 1.7

(略式)RD:ロードレース MX:モトクロス TR:トライアル SN:スノーモビル SM:スーパーモト ED:エンデューロ

講習会・スクール

申請期日:開催日の30日前まで

(単位:円)

開催内容
(*競技性のあるものは一切認められません。)
登録申請料
(1開催につき)
MFJ指定保険掛金
(1名につき)
RD RD以外
MFJライセンス
取得講習会
MFJ会員ライセンスの取得を目的とする講習会 2,000
(年間)
2,000 300
レベルアップスクール MFJ会員、又は非会員に対してスキルアップを目的としたスクールをインストラクターが必ず付き添って行うこと 2,000 2,000 300
走行会 主催者がコース(会場)を貸切、管理下で行う練習走行。車両は参加者が各自用意する 17,000 2,000 300
体験試乗会 主催者が車両を貸し出して行う試乗会 17,000 300

MFJ非会員及びスポーツ安全保険未加入者は、MFJ指定保険が適用となります。

MFJ指定保険「損保ジャパン」の傷害保険

保障内容 死亡・後遺障害・・300万円
入院・・2000円(1日あたり)
通院・・・1000円(1日あたり)

ご注意ください!

※スクール・走行会で競技性があると判断された場合は、競技会としての申請・報告が必要となります。

  • 2台以上の同時スタートにより順位を競う。
  • タイムトライアルでタイムを競う。
  • 採点により順位を定める。
  • 競技結果を発表する、賞を設ける等の行為は、競技性があると判断致します。

主催者登録の申請は下記リンクよりお進みください。

主催者登録申請 お問い合わせはこちらから