レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUZUKA

| エントリーリスト | 公式予選結果[Race1] | 公式予選結果[Race2] | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース[Race1] | ラップチャート | 決勝レース[Race2] | ラップチャート | ランキング | 決勝レポート |

全日本ロードレース選手権ST600

部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦
第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)

決勝レポート
開催日:2018-11/4
●開催概要:
11月3日(土・祝):13,000人 天候:晴 [気温:18.6℃] コース:ドライ
11月4日(日):14,500人 天候:曇[気温:16.0℃] コース:ドライ
 
レース1は高橋巧、レース2は清成龍一が勝利!
中須賀克行が両レース2位となり8回目の王座を獲得!!

 木曜日から始まったシリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿。土曜日まで快晴に恵まれ、今シーズン8勝をマークしタイトルに王手をかけている中須賀克行がセッションをリード。公式予選では、自身の持つコースレコードを更新し死角は、ないかと思われた。

 しかし、日曜日は朝から雨模様となり、このレースウイーク初めてウエットコンディションで朝のウォームアップ走行が行われ、その流れが変わってくる。ここでトップタイムをマークしたのが高橋巧。タイムは2分17秒411。中須賀は、2分17秒806で2番手につけ、モリワキの清成龍一と高橋裕紀が続いていた。

 ウエットコンディションの中、レース1は、予定通り10周で行われた。好スタートを切ったのは、2番手グリッドの高橋巧。そのイン側に6番手グリッドスタートの渡辺一樹が入って行くが、立ち上がりでクロスし、高橋巧が前に出て行く。野左根航汰も渡辺一樹の前に出て2番手、渡辺一樹が3番手、ブラッドリー・レイが4番手、渡辺一馬が5番手と続いて行く。ポールポジションの中須賀は、やや出遅れるが、S字コーナー進入で5番手に上がると、逆バンクでは、渡辺一馬をかわして4番手、ヘアピンで渡辺一樹をかわして3番手に上がる。高橋巧がオープニングラップから積極的にリードし、野左根、中須賀のヤマハファクトリー勢が続く。以下、渡辺一樹、加賀山就臣、渡辺一馬、高橋裕紀、津田一磨、水野涼、中冨伸一と続き2周目に入って行く。

 早いうちに高橋巧を追いたい中須賀は、野左根のテールに迫ると、2周目のシケインで前に出て2番手に浮上する。高橋巧の追撃態勢に入った中須賀だが、高橋巧は、さらにペースを上げ、2分16秒台で周回。中須賀が2分17秒台を切れない中、5周目には、このレースのファステストラップとなる2分16秒258をマークし、その座を確固たるものとして行く。後方では、高橋裕紀が5番手に、渡辺一馬が6番手に浮上し、それぞれ単独走行となる。

 10周のウエットレースは、高橋巧が制し、今シーズン初優勝。Team HRCとしても念願の勝利を飾った。中須賀は、2位に入り、レース1で2年振り8度目のシリーズチャンピオンを決めた。3位には、渡辺一樹の追い上げを抑えきった野左根が入り、5位に高橋裕紀、6位に渡辺一馬、7位に加賀山、8位に水野、9位に津田、10位に清成龍一と続いた。

 レース2は、雨は止んでいたが路面はウエット。周回数はウエット宣言が出されたことにより2周減算の18周で争われた。

 またも好スタートを切ったのは高橋巧。ホールショットを奪いブラッドリー・レイ、野左根、渡辺一馬、中須賀、加賀山、秋吉耕佑、水野、清成、中冨、生形秀之と続いていた。S字コーナーで野左根がブラッドリーを、中須賀が渡辺一馬をかわし、それぞれポジションを上げる。レース1に続き、レース2でも高橋巧がオープニングラップからペースを上げ、2番手以下を引き離して行き、野左根、中須賀が追う同じ展開になるかと思われた。

 しかし、驚異的なペースで周回するマシンがあった。モリワキの清成だった。スタート直後の1コーナーを9番手でクリアした清成は、オープニングラップで6番手に上がると2周目には、秋吉、渡辺一馬、野左根をかわして3番手に上がってくる。3周目には、完全にトップグループに追いつくと、4周目のS字コーナー進入で中須賀を、逆バンクからダンロップコーナーで高橋巧をかわしトップに浮上する。ウエットタイヤを履く高橋巧と中須賀に対し、清成は、インターミディエートをチョイスしており異次元の速さで一気に独走体制を築いて行く。清成のチームメイトの高橋裕紀もインターミディエートをチョイスしていたが、序盤にペースを上げられずにいたものの、5周目には、12番手から一気に7番手まで上がると、8周目には6番手、10周目には5番手、そして11周目には4番手に上がって来る。さらに同じくピレリのインターミディエートを履いている星野知也も激しい追い上げを見せ、ヤマハファクトリーの野左根をかわし5番手まで上がって来ていた。

 そんな中、トップを独走する清成は、17周目にファステストラップをマークするなど、最後まで攻めの走りを見せトップでチェッカーフラッグを受けた。2位に中須賀、3位に高橋巧、4位に高橋裕紀、5位に星野、6位に野左根、7位に秋吉、8位に渡辺一馬、9位にブラッドリー、10位に日浦大治朗、11位に山口辰也、12位に加賀山、13位に津田拓也、14位に水野、15位に生形と続いた。

 
レース1表彰台
【レース1表彰台】
 
【レース1】 優勝/#1 高橋巧 Team HRC
『テストをいい形で終えられていたので、レースウイークに入れば2分04秒台も見えて来ていましたが、簡単にトップを取れるとは思っていませんでした。実際に予選で2分04秒台に入れることができましたし、決勝日朝起きたら雨が降っていたので、最終戦でチャンスが巡ってきたと思いました。雨は自信があったので、とにかく全開で走りました。うまくレースを運ぶことができたので、今日のレース1に関しては満足しています』
 
【レース1】2位・シリーズチャンピオン/#21 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『ちょっと気負っていた部分もありましたし、スタートが出遅れたことでスイッチが入ってよかったかもしれません。オープニングラップから上位に食い込むことができたので、高橋巧選手を逃すまいと思っていましたが、今日は自分自身、走りが固かったと思います。何度(チャンピオンを)獲っていても緊張するものですね。ポイント差もありましたし、少し守りに入った部分もありましたが、レース1をしっかり走り切ったので、レース2では、勝って終われるようにしたいですね』
 
【レース1】3位/#5 野左根航太 YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5
『コンディションが難しく、高橋巧選手を追いたかったのですが、明らかにペースが違いました。中須賀選手にも抜かれてからも、ちょっとずつ離されてしまっていたので、ペースを上げようと思ったのですが、追いつこうと思うとミスをしてしまい難しかったですね。終盤は後ろから渡辺一樹選手が来ていたので、スムーズに走ることを心掛けて何とか逃げ切ることができました』
 
レーススタート

【レース1】スタート

 
高橋巧

【レース1】高橋巧

 
2018チャンピオン中須賀克行

【レース1】2018チャンピオン中須賀克行

 
 
レース2表彰台
【レース2表彰台】
 
【レース2】 優勝/#23 #23 清成 龍一 KYB MORIWAKI MOTUL RACIN
『モリワキ2年目なので去年のデータがあったのですが、なかなか合わせ込みができず今年は、本当に辛いシーズンになっていました。正直なところ絶対に勝てないと思っていましたけれど、最終戦でバイクを大きく変更し、レース2の難しいコンディションもピレリが薦めてくれたタイヤがマッチしたので、濡れている部分でもいいフィーリングで走ることができました。トップに立ってからサインボードが見づらかったので、何秒差があるのか? あと何周あるのか? と考えながらゴールまで長かったですね。モリワキ2年目の最終戦でようやく勝つことができましたが、すごく感動しました。森脇社長を始めチームの皆さん、スポンサーの皆さん、応援してくださった皆さんに感謝したいですね』
 
【レース2】2位/#21 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『サイティングラップで路面を確認してスリックで攻められる状況ではなかったのでレインを選択したことは、結果的に間違っていなかったと思います。タイヤをマネジメントしながら清成選手が来たときは、そのペースでは無理だったので、タイヤをセーブしながら18周持たせることを考えました。同じタイヤだった高橋巧選手に対しては、うまくレースができたと思いますし、自分のやれることをしっかりやったと思います』
 
【レース2】3位/#1 高橋巧 Team HRC
『東コースが乾いて来ているという情報があったので、サイティングラップは、スリックタイヤで出たのですが、とてもドライとは言えないレベルだったのでレインタイヤで行ったのは正解だったと思います。異次元の人が一人いたので、悔しいですけれど、素直におめでとうと言いたいですね。もっと雨降ってくれる予報だったのですが、結局降らず西日も出て来るほどで、自分の予想とは違いましたが、その中で全力で走った結果。ずっと勝てないレースが続いた中、レース1でようやく勝つことができたのは大きかったと思います。来年に向けて。しっかり勝てるように、チャンピオン撮れるように努力しようと思います』
 
レース
【レース2】レース
 
清成 龍一
【レース2】清成 龍一
 
清成 龍一
【レース2】清成 龍一
 
チャンピオンを奪還した中須賀克行
チャンピオンを奪還した中須賀克行、文部科学大臣杯も手にした
 
「2018年全日本チャンピオン/JSB1000中須賀克行(右)、J-GP2岩戸亮介
2018年全日本チャンピオン/J-GP2岩戸亮介(左)、JSB1000中須賀克行
 
MuSASHi RT HARC-PRO.
2018年全日本チャンピオン/ST600岡本裕生(左)、J-GP3中島元気
 
2017年各クラス全日本チャンピオン
2018年各クラス全日本チャンピオン
(写真左から)ST600:岡本裕生、J-GP3:中島元気、J-GP2:岩戸亮介、JSB1000:中須賀克行
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
 
| Top |