レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUZUKA

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第50回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)

決勝レポート
開催日:2018-11/4
●開催概要:
11月3日(土・祝):13,000人 天候:晴 [気温:18.6℃] コース:ドライ
11月4日(日):14,500人 天候:曇[気温:16.0℃] コース:ドライ
 
名越哲平がJ-GP2クラス初優勝!
2位に復活の榎戸育寛、3位に三原壮紫が入賞!!
岩戸亮介がシリーズチャンピオンを獲得!

 ランキングトップで迎えた岩戸亮介が予選では、コースレコードを更新しポールポジションを獲得。16.5ポイント差で追う関口太郎が2番手、復調してきた榎戸育寛が3番手と2分10秒台、名越哲平が4番手、作本輝介が5番手、三原壮紫が6番手、石塚健が7番手と2分11秒台で続いた。

 J-GP2クラスも2周減算の10周で決勝が行われた。雨は、ほぼ止んでいたが路面はウエット。各ライダーは、レインタイヤをチョイスしてグリッドに着いていた。

 ポールポジションの岩戸が好スタートを見せホールショットを奪い、名越、関口、榎戸、三原、作本、伊藤勇樹、尾野弘樹、中村修一郎、岩蕪N朗と続いて行く。S字コーナーでは、ウォームアップ走行でトップタイムを記録していた名越が、岩戸をかわしてトップに立つと、そのままオープニングラップを制し、岩戸、榎戸、関口、伊藤、三原が追って行く。2周目のバックストレートでは、榎戸が岩戸をかわして2番手に上がると、3周目のホームストレートで名越もかわしトップに浮上。ストレートで伸びを見せる榎戸は、その勢いのまま名越を引き離して行く。これを逃すまいと岩戸は名越をバックストレートでかわし2番手に上がり、その後方では、三原が関口をシケインでかわしポジションを上げる。榎戸が抜け出し、岩戸、名越、三原、関口が2番手争いを繰り広げる。5周目の1コーナーでは、名越が岩戸をかわし2番手に上がると榎戸追撃の態勢に入る。三原もシケインで岩戸をかわし3番手に浮上する。

 名越はペースを上げ、榎戸のテールに迫って行き、このペースに三原、岩戸、関口はついて行けない。名越は、7周目に榎戸のテールを捕らえるとシケインのブレーキングでインに入りトップに浮上する。名越は、その後もペースを上げ、9周目にファステストラップを記録。榎戸につけ入るすきを与えずJ-GP2クラス初優勝を飾った。今シーズン苦しんできた榎戸は、最終戦で復調の2位。3位に三原壮紫が入り、ピレリに初表彰台をもたらした。4位争いは、タイトル争いを演じてきた2人が繰り広げ、9周目の130Rで関口が前に出るもののラストラップのホームストレートで岩戸が抜き返し、岩戸が前でゴール。関口が5位でチェッカーフラッグを受けた。6位に岩普A7位に作本とのバトルに打ち勝った中村が入った。

 

表彰台
 
優勝/#634 名越 哲平 MuSASHi RT HARC-PRO.
『決勝日朝のウォームアップ走行でいいペースで走ることができたので"今日は行ける"と思っていました。レースが始まってからは、自分のペースで走ろうと思っていましたが、なかなか、いい走りができないでいました。榎戸選手をかわしてトップに立ってからは、楽しんで走ろうと心掛けました。今年からJ-GP2クラスを走らせてもらっていますが、なかなか思うように行かず、チームとしても苦しいシーズンになっていたので、最終戦で勝つことができ、本田監督を表彰台に上げることができて、うれしいですし誇りに思います』
 
2位/#34 榎戸 育寛 Kohara Racing Team
『朝のウォームアップ走行でトラブルが出てしまい1周しか走ることができなかったので、ウエットでのフィーリング分からないままレースを迎えることになりました。決勝では、スタートがうまく決まり、するすると前に行けたので、チャンピオン争いをしている人と絡まないようにトップに立つことができました。後ろとの差を見て、このまま行けるかと思いましたが、残り3周で追いつかれてしまいました。今シーズンは、表彰台が見えないレースばかりだったので、最終戦でようやく2位に入ることができ、レース内容もよく、来シーズンにつながるレースができたと思います』
 
3位/#71 三原 壮紫 TONE RT SYNCEDGE4413
『2016年の開幕戦での2位 以来の表彰台なので本当に久しぶりです。レース前は、いつもより緊張しましたが、集中して走ることができました。レースウイークに入ってから、もしかしたら決勝が雨になるという話しが出て来たので、岡山のときにウエットでうまく行かなかった部分があったので、鈴鹿で再チャレンジして表彰台を狙ってやろうと思っていました。スタートで、うまく前の方に出られたのですが、レース序盤は、ペースを上げるのに苦戦していました。関口選手、岩戸選手をかわして、さらに前に行こうと思いましたが、差がありましたね。3位表彰台を取れたのは、よかったと思いますし、チーム、ピレリタイヤに感謝したいです』
 
 
岩戸 亮介

シリーズチャンピオン/#4 岩戸 亮介  Team 熾 RSC
『シーズンを通して1戦1戦を勝つことが目標だったので、その先にチャンピオンがあると思っていたのですが、今回の最終戦は、チャンピオンを意識していないつもりでいましたが、一番意識してしまっていました。普段だったら、もっと追い上げて行ったはずですが、自分の中でどこかセーブしていました。来シーズンに向けた希望が固まってきた中で、チャンピオンという一つの結果を出すことができたのでホッとしています。これもチームを始め、応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました』

 
 
スタート
スタート
 
バトル
バトル #4岩戸亮介、#634名越哲平、#71三原壮紫、#44関口太郎
 
トップ争い
トップ争い #634名越哲平、#34榎戸育寛
 
岩戸 亮介
岩戸 亮介
 
作本輝介
優勝した名越哲平(中央)
 
2018新チャンピオン
2018年各クラス全日本チャンピオン
(写真左から)ST600/岡本裕生、J-GP3/中島元気、J-GP2/岩戸亮介、JSB1000/中須賀克行
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
 
| Top |