レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
予選レポート
開催日:2018-6/16
公式レポート(PDF) 2018Rd4SUGO_Express.pdf

太田虎之進、全日本初ポールポジション!
「ウエットでもドライでもどちらでも自信はあります」

 肌寒く濡れた路面となったJ-GP3クラスの公式予選。途中小雨もぱパラつく状況となったが、コース上では中盤から終盤にかけて、激しいアタック合戦が繰り広げられた。セッション中盤、トップに立ったのは小室旭。岡崎静夏、高杉奈緒子、太田虎之進らもこの段階で上位に進出してくる。アタックが激しくなったのは残り5分前後。序盤上位に付けていた藤井謙汰、菅原陸、中島元気、宇井陽一らも続々とタイムを更新してくる。

 その中で太田が1分37秒台をマークしてベストを更新、トップに浮上してきた。トップを奪われた小室もタイムを更新してくるが、及ばず。さらに太田はチェッカーの周にも上げ、1分37秒606をマークして全日本初ポールポジションを決めた。2番手は小室が38秒110、3番手には最後のアタックで一気にタイムアップした福嶋佑斗が38秒691でここまでフロントロウ、岡崎、岡谷雄太、宇井と続く。

 
太田 虎之進
ポールポジション: 1分37秒606/#30 太田 虎之進/WJ-FACTORY
『全日本で4年目ですけど、ポールポジション獲得はよかった、やっととれたという気持ちで、ホッとしています。最初はレインで出て行って、(路面は)乾くだろうと予測してましたから、うまくそのあたりを切り替えることができて走れました。最後はドライ(スリックタイヤ)でした。それでコースに出た時にとても良い感触だったので、これはイケる!と。決勝に向けては、落ち着いて焦らずに自分の走りを展開できたら、と考えています。ウエットでもドライでもどちらでも自信はあります』
 
太田 虎之進
太田 虎之進
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |