レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
予選レポート
開催日:2018-6/16
公式レポート(PDF) 2018Rd4SUGO_Express.pdf

岡本裕生、得意のSUGOでポールポジション!
「決勝は得意のSUGOで結果を残したいと思います」

 ST600の公式予選はコースが徐々に乾いていく中、岡本裕生がセッション開始早々からトップタイムをマークする展開で始まった。岡本はその後も周回毎にタイムを削り、3周目には早くも1分31秒776とその時点で33秒353で2番手の亀井雄大に1秒半以上の差を付けてトップをキープ。しかし、その後もアタックを続けるが6周目に転倒してしまう。その中で國峰啄磨も3周目に33秒041で2番手に浮上、上位陣には亀井、奥田教介、長尾健吾、上和田拓海、仲村優佑、南本宗一郎ら。

 セッション終盤に向けてタイムも上がってくるが、岡本が3周目にマークしたトップタイムを更新するものは現れず、結局ポールポジションは岡本、2番手には最後に32秒258までタイムアップを果たした南本、3番手には32秒479で亀井、國峰も32秒台に入れたが4番手、終盤にジャンプアップした小山知良、上和田と続く。

 
岡本裕生
ポールポジション: 1分31秒776/#51 岡本 裕生/51ガレージ チームイワキ
『転んでしまったことが、自分の中では一番悔しいことですね。雨が降ってきてたので、濡れる前に早めにタイムを出すしかないと考えて、3周目にベストタイムが出て、その後も転ぶまで走ったんですが、クリアラップがとれず、結局転んでしまいました…。雨も強くなって来た周ですね。それがなければ、タイム的にはまだまだ上げられたと思ってます。今考えれば、落ち着くために一度ピットに戻ればよかった、と。ダメージはほとんどありませんので、決勝は去年も優勝しているSUGOで結果を残したいと思います』
 
岡本裕生
岡本裕生
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita/(c)
 
| Top |