レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO

| エントリーリスト | 公式予選結果[Race1] | 公式予選結果[Race2] |
| 決勝レース[Race1] | ラップチャート | 決勝レース1レポート |
| ウォームアップ |決勝レース[Race2] | ラップチャート | ランキング | 決勝レース2レポート |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
予選レポート
開催日:2018-6/16
公式レポート(PDF) 2018Rd4SUGO_Express.pdf
中須賀が絶対王者ぶりを発揮し今季5勝目!
序盤トップを争った高橋巧が2位、野左根が3位

 全日本ロードレース選手権は、今回のSUGOラウンドで4戦目を迎えた。第2戦鈴鹿、第3戦オートポリスとスーパーフォーミュラとの2&4レースが続いたこともあり、JSB1000クラス以外は、4月の開幕戦ツインリンクもてぎ以来、約2カ月振りのレースとなる。

 今回のSUGOラウンドも2レース制で行われており、土曜日に公式予選とレース1、日曜日にレース2というスケジュール。最高峰のJSB1000クラスは、前回のオートポリスラウンドで中須賀克行の4連勝を渡辺一馬が止めたが、2週間前に行われた事前テストでは、中須賀が自身の持つコースレコードを大幅に上回る1分25秒950をマーク。これにチームメイトの野左根航汰も1分26秒フラットで続きヤマハファクトリーの2人が、3番手以下を約1秒も引き離す圧倒的な速さを見せていた。それだけに、今回も、この2人が今回のSUGOラウンドもリードして行くと思われた。

 レースウイーク初日となった金曜日は、午前中はもつかと思われた天気も、1本目から雨模様となり、それぞれの思惑が交錯する。土曜日は、朝から雲が覆い、気温も上がらず肌寒い一日となる。路面は、前日まで降っていた雨の影響でウエットからスタート。時折霧雨も舞い、スッキリ乾くことなくセッションは進んで行く。MFJ CUP JP250、J-GP3に続いて行われたJSB1000クラスの公式予選は、ウエットパッチが所々に残る路面コンディションで行われた。この難しいコンディションの中、中須賀は、1分26秒670と正式にコースレコードを更新。レース2のグリッドを決めるセカンドタイムでも1分26秒957をマークし、ダブルポールポジションを獲得。今シーズンは、ここまですべてポールポジションを獲る驚速振りを見せている。

 レース1が始まるころにも霧雨が時折パラつくコンディション。ダミーグリッドを離れ、ウォームアップランで渡辺一樹、高橋裕紀、星野知也が転倒するアクシデントが発生。渡辺一樹と高橋裕紀は、再びグリッドに着くことができたが、星野はマシンのダメージが大きく、修復に時間がかかり、レースがスタートしてから3周目にピットアウトすることになってしまっていた。

 25周で争われた決勝。好スタートを見せたのは、3番手グリッドの高橋巧。これに清成龍一、中須賀、高橋裕紀、加賀山就臣、津田拓也、渡辺一樹、渡辺一馬と続いて行く。オープニングラップは、清成が制し、中須賀、高橋巧と続き、高橋裕紀は、やや遅れて行く。健闘していた清成だったが、3周目に3番手に後退すると、トップ争いは、中須賀と高橋巧の一騎打ちとなって行く。トップを走る中須賀は、霧雨が降る中、リスクを承知でペースアップし、高橋巧を突き放すと独走体制を築く。高橋巧も単独走行となり、2番手をキープ。その後方では、一時は8番手までポジションを下げていた野左根が追い上げを見せ15周目には、3番手に浮上。これに呼応するように水野涼も順位を上げてくる。さらに後方では、予選でアクシデントに遭い、18番手グリッドから追い上げて来た秋吉が、渡辺一馬、清成とバトルを繰り広げる。

 トップを走る中須賀は、終始安定した走りを見せ、そのままゴール。今シーズン5勝目を挙げ、ポイントランキングでのリードを広げる結果となった。2位に高橋巧、3位に野左根航汰と続き、表彰台に上がった。4位には、JSBルーキーの水野が入り自己最高位。満身創痍ながら追い上げのレースを見せた秋吉が5位。以下、渡辺一馬、清成、高橋裕紀、津田、渡辺一樹、加賀山と続いた。

 レース1で表彰台に上がった3人が、レース2でもカギを握っている。中須賀の速さに高橋巧が、どこまで迫れるか? 野左根も序盤からペースを上げることができればトップ争いに絡んで来るだろう。コンディション次第では、他のライダーがトップ争いに加わってくる可能性もあるか!? レース2の行方に注目しよう!

 
表彰台
レース1:優勝/レース2:ポールポジション #21 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『天気も路面も不安定なコンディションだったので、トップを走りながらペースをつかむのが難しかったですね。霧雨が強くなってきたところで、ペースダウンすれば高橋巧選手も確実に着いてくると思ったので、ここが勝負だとリスクを承知でペースアップしました。1分27秒台で走っていたらリードを広げることができ、レース1を勝つことができたのでホッとしています。恐らく、レース2も表彰台に上がったメンバーでのバトルになると思うので、また勝てるように、しっかり集中して臨みます 』
 
レース1:2位 #1 高橋 巧 Team HRC
『事前テストで思ったほどのペースを作れず、悩んでいる部分が多かったのですが、予選でセットを振ってみたら、ちょっとずつ光が見えて来ていました。レース2に向けてレース1で試しながら、ペースもある程度つかめていました。何とか中須賀選手に、ついて行きたかったのですが、一歩も二歩も足りず離されてしまいました。それでもレース終盤に走り方を変えたら、ペースを上げられたので収穫はありました。レース2では、もっと苦労させられるように頑張ります』
 
レース1:3位 #5 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『事前テストは、とても調子がよく、タイムも出ていたのですが、レースウイークのコンディションにうまく合わせることができなかったことが、トップ2の2人との経験や引き出しの差になって表れたと思います。苦しいレースでしたが、その中で表彰台に上がることができたのは、よかったと思います。レース2では、さらに上でゴールできるように全力を尽くします』
序盤のトップ争い
序盤のトップ争い
 
中須賀 克行
中須賀 克行
 
中須賀 克行
中須賀 克行
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |