レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 MOTEGI | Rd4 AUTOPOLIS | Rd5 SUGO |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUZUKA


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2016 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第9戦 第48回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)

レースレポート
開催日:2016-11/6
WEATHER: Fine  COURSE : Dry
●観客:11月5日(土)10,500人/11月6日(日)15,000人
 
榎戸育寛が初優勝を達成!
大逆転劇でシリーズチャンピオンを獲得!

 前田恵助が暫定ランキングトップで迎えた最終戦。暫定ランキング2番手のチャランポン・ポラマイには、10ポイント差をつけており、ホームコースでもある鈴鹿で前田は、初優勝に向けて、順調にマシンを仕上げていた。公式予選では、ただ一人2分11秒台に入れポールポジションを獲得。2分11秒920というコースレコードを樹立したことよりも、師匠の大崎誠之氏のタイムを破れたことがうれしいと予選後に語っていた。悲願の初優勝、そしてシリーズチャンピオンに向けて視界は良好だったはずだが…。

 レースは波乱の幕開けとなった。ホールショットはチャランポンが奪い、デチャ・クライサー、岩戸亮介、前田と続く。前田は若干出遅れたもののS字コーナーから逆バンクで2番手に浮上し、トップのチャランポンを追うがデグナーカーブ2個目で痛恨の転倒。再スタートするもののマシンのダメージは大きく、そのままピットに戻りリタイアとなってしまう。

 オープニングラップは、そのままチャラポンが制し、デチャが続きYamaha Thailand Racing Teamが1-2。タイトルは、俄然チャランポンが有利な状況となっていた。2周目のバックストレートでデチャが前に出て行きレースをリード。チャランポン、岩戸、榎戸育寛、名越哲平、奥野翼と続き、トップグループを形成する。しかし奥野は、ジリジリと遅れると5周目のモーターサイクルシケイン立ち上がりで転倒してしまい戦列を離れてしまう。

 トップ争いで動いたのは榎戸と名越だった。ペースの上がらないチャランポンをかわし、7周目には名越が2番手、榎戸が3番手に浮上する。その後、トップ争いは小康状態となり、デチャをトップに名越、榎戸、チャランポン、やや遅れて岩戸の順で11周目に突入する。榎戸はシケインのブレーキングで名越をかわし2番手に浮上し、運命の最終ラップを迎える。デチャの背後に迫った榎戸は、バックストレートでスリップストリームから抜けだし横に並ぶと130Rでトップに浮上。そのままシケインも抑えると、トップでチェッカー! 全日本初優勝を達成すると共に、シリーズチャンピオンも大逆転で獲得する結果となった。2位にデチャ、3位に名越と続き、チャランポンは4位となったため、僅か1ポイント差でランキング2位となった。

 最後にトップグループから遅れた岩戸が5位、以下、清末尚樹、伊藤和輝、星野知也、松崎克哉、岡村光矩と続くトップ10となった。

 
表彰台
 
優勝・シリーズチャンピオン/#9 榎戸 育寛 MOTO BUM HONDA
『まさかチャンピオンを獲れるなんて自分自身でも驚いています。今シーズンは、開幕戦筑波でストレートでの接触転倒から始まり、ツインリンクもてぎの練習でケガをしてしまい、厳しいレースが続いていていました。今回は、チャンピオンのことは考えず、とにかく勝とうと努力してきました。サポートしてくださったチームを始め、応援してくださった皆さんのおかげで、この様な結果を残せました。もっともっと速くなるので、皆さん期待していてください。ありがとうございました! 』
 

2位/#2 Decha KRAISART(デチャ・クライサー)Yamaha Thailand Racing Team
『まず榎戸選手におめでとうと言いたいです。抜いていった背中を見て、すごく才能のあるライダーだと思いました。今回、チームオーダーはなく、ターゲットにしていたチャランポン選手のタイトル獲得が実現できずに残念な気持ちもあります。レース中に後ろを振り返りチャランポン選手がいなかったので“何でついて来ていないんだ?”と思いましたが、これもレース。毎戦ベストを尽くしてきた結果です』

 
3位/#73 名越 哲平 MuSASHi RT ハルク・プロ
『ウイーク通してトップと差があったので、決勝朝のウォームアップ走行でサスペンションセットを変えたのですが、いい方向に行かず、レースまでの短い時間の中、本田監督を始め、チームの皆さんと、今の自分に合っている車体はどんなものなのかを真剣に考えてくださって、そのセットでグリッドに並びました。スタートを決めて、自分より速いライダーの走りを見ていたのですが、自分の方が速い部分もあり、しっかり分析して走ることができたのは収穫でした。来シーズンは、さらにいい成績を残せるようにしたいです 』
 
 
レーススタート
トップ争い #9>榎戸育寛、#2デチャ・クライサー、#73名越哲平、その後方はチャランポン・ポラマイ
 
レース後の榎戸
レース後の榎戸。チャンピオンと知ったのは、チェッカー後にフラッグを受け取ってからだと言う。
 
優勝した近藤湧也の走り
感極まる榎戸育寛
 
2016年各クラス全日本チャンピオン
2016年各クラス全日本チャンピオン
(写真右から)JSB1000:中須賀克行、J-GP2:浦本修充、J-GP3:徳留真紀、ST600:榎戸育寛
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
| Top |