レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

予選レポート
開催日:2018-4/7
WEATHER : Cloudy  COURSE : Wet
Road Course 4.801379Km
公式レポート(PDF) 2018Rd1TRM_Express.pdf

上和田拓海、難しい状況で全日本初ポール!
「差を詰めて決勝レースはしっかり闘いたい」

 ST600の公式予選は、雨が落ち着き、路面が少しずつ乾いていくという、タイヤ選択やアタックのタイミングなど難しい状況でのセッションとなった。序盤から奥田教介、長尾健吾、柴田陸樹らが2分05秒あたりから始まり、周回と時間が経過するに従って、徐々にタイムも上がって行く展開となった。中盤に入ると、事前テストのウェットコンディションで速さを見せていた行村和樹も上位に食い込み、路面も乾いてくる中で順位も激しく入れ替わる。しかし、チェッカーが提示された周にドライタイヤで勝負に出ていた上和田拓海が2番手を1秒以上離す2分01秒755で全日本初ポールポジションを獲得した。2番手にはさらにタイムを03秒040へと上げた行村、奥田が03秒163で3番手となった。

 
上和田拓海
ポールポジション:2分01秒755/#40 上和田 拓海/Team Plusone
『チームもとても良い雰囲気だし、伸び伸びできているというのが実感です。予選は路面も乾き始めてくる中でのスタートだったので、難しいコンディションでしたが、最初はレインタイヤで出たのですが、早めに乾くと予想して切り替えました。それで、終盤にドライタイヤで長く走れるようにして、最終ラップだけでアタックしようと考えたんです。替えた当初は我慢ですが、自分のペースを作っておいて乾いてくればイケる!と、その読みが当たりました。ドライではまだライバルと差はありますが、明日のフリーでそれを少しでも無くして、決勝ではしっかり走りたいと思います』
 
上和田拓海
上和田拓海
 
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita/(c)
 
| Top |