レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2018-4/8
<イベント概要>

■2018年MFJ全日本ロードレース選手権第1戦
SUPERBIKE RACE in MOTEGI

<イベント概要>
●開催概要:
4月8日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:14.6度 湿度:21%

4月7日(土) 公式予選・決勝レース(JSB1000決勝レース1・JP250)
天候:雨 コース:ウェット
気温:9.5度 湿度:96%
※両日ともに宇都宮気象台 15:00発表

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:4,900人 日曜日:8,400人

 
岡谷雄太が全日本デビューウインを達成!

 J-GP3クラスの2018年最初の決勝レースが栃木県:ツインリンクもてぎで開催された。前日までの季節外れの冷たい雨も上がり、空気は冷たいものの朝から快晴となったが、J-GP3クラスの決勝中は、雲が広がり、時折雨粒が落ちてくる微妙なコンディションとなっていた。

 20周で争われた決勝レース。ホールショットは岡谷雄太が奪うが2コーナーの立ち上がりで、はらんでしまい中島元気がトップに立つ。3コーナー進入で福嶋佑斗のインから古市右京が攻め入り3番手に浮上、V字コーナー進入で岡谷をパス、さらにその先のヘアピンで中島をもかわしてトップでダウンヒルストレートを下ってくる。オープニングラップは、古市、中島、岡谷、小室旭、菅原陸、福嶋、檜山拓実、山本恭裕、五十嵐翔希、安村武志の上位10台。古市から福嶋までの6台が先頭グループを形成しオープニングラップ通過の時点で7番手以下に1.2秒の差をつける。檜山以下のセカンドグループは、山本、五十嵐、安村、宇井陽一、藤井謙太、岡崎静夏、中山愛理、高杉奈緒子、長谷川聖の10台がパックとなって7位争いを展開する。

 序盤、先頭集団はベテラン古市、小室と若手の中島がバトルを展開、後方から各ライダーの動きを伺っていたという全日本ロードレース初体験の岡谷は5周目に動き出し、5コーナーの飛び込みで小室をかわして3番手に浮上すると中島を90度コーナーのインからかわしてトップに浮上。岡谷、中島、福嶋も加わり若手3台による先頭争いを展開する。古市、小室はその後方で若手ライダーの様子を伺う。

 そして後方で様子を見ていた小室が18周目に動き出す。1コーナーで福嶋をかわして3番手に浮上するとS字コーナー入口で一気に中島と岡谷をパスしてトップに浮上する。

 0.854秒の中に6台がひしめく激しいトップ争いは僅差のままファイナルラップへ。5コーナー進入では5ワイドに広がって岡谷、小室、中島、福嶋、菅原の順に進入し、古市がやや遅れてしまう。ダウンヒルストレートで小室が岡谷のインから一気に前に出て90度コーナーに進入、しかしクリップにつけずわずかに外に膨らむ、その隙を逃さず岡谷がズバッとインに切れ込む。セカンドアンダーブリッジは岡谷が前、しかしビクトリーコーナーのイン側から小室が前でホームストレートに入る。立ち上がりが厳しくなった小室に対し、岡谷はホームストレートでスピードが伸びてトップチェッカー! 全日本ロードレースデビュー戦を優勝で飾る。モニター上で岡谷と小室の差は0.000秒だった。3位中島、4位福嶋、5位菅原、6位古市で決着した。

 10台による7位争いのパックは、岡崎、宇井がリタイア、8台によるバトルが展開されたが、山本が制して7位、8位高杉、9位中山、10位藤井の上位10台であった。

 
GP3表彰台
 
優勝/#61 岡谷 雄太 MORIWAKI CLUB(写真中)
『素直にうれしいです。全日本ロードレースデビュー戦をトップで走れたことで最後の方は少し余裕を持てました。全日本の方々とレースするのが初めてだったので、序盤はみんなの動きや出方を見ていようと思いました。タイミングを見計らってもしも引き離せるようだったら引き離せたらいいな、と考えていましたが、できなかったので次戦以降の課題としたいと思います。レースの序盤、勝てる自身はなかったのですがトップを走るようになってからもしかしたら勝てるかも、と思いました』
 
2位/#71 小室 旭 Team P.MU 7C MIKUNI(写真左)
『序盤でペースを作りたいなという気持ちでレースに臨みましたが、そう言う状態ではありませんでした。日本の若い子たちが前に出てくることは最近あまりなかったので、若い子達が前を走る光景を見てうれしくなりました。そんなことを思いつつも最後の勝負どころを見つけて組み立てたのですが立ち上がりが鈍くなってしまい抜くことができませんでした。でもいいレースだったと思います。このレースウイークの流れは悪くなかったのですがラップタイムが伸びなかったのが今後の課題で す』
 
3位/#4 中島 元気 TEAM SRS-Moto(写真右)
『ひと言で言うと悔しいです。序盤からトップ争いをしていて自分に余裕があったので逃げられる、と思ったのですが途中で先頭集団に飲み込まれる形になってしまい、自分のプランができなくなってしまいました。パラパラっと雨が降ってきたときに周りがペースを落としたらそこで逃げようと思いましたがそれも、うまくいかず、最後のダウンヒルストレートでも仕掛けることができず、すごく悔しいレースになってしまいました』
 
レーススタート

レーススタート

 
トップ争い(#71小室旭、#4中島元気、#61岡谷雄太、#3古市右京)
トップ争い(#71小室旭、#4中島元気、#61岡谷雄太、#3古市右京)
 
古市右京の走り
若手によるトップ争い。中島、岡谷、福嶋の3台が激しく争う(#36福嶋佑斗)
 
岡谷雄太
岡谷雄太
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |