レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2018-4/8
<イベント概要>

■2018年MFJ全日本ロードレース選手権第1戦
SUPERBIKE RACE in MOTEGI

<イベント概要>
●開催概要:
4月8日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:14.6度 湿度:21%

4月7日(土) 公式予選・決勝レース(JSB1000決勝レース1・JP250)
天候:雨 コース:ウェット
気温:9.5度 湿度:96%
※両日ともに宇都宮気象台 15:00発表

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:4,900人 日曜日:8,400人

 
作本輝介が混戦を制し今シーズン1勝目!

 J-GP2クラスも昨年のチャンピオンが不在のシーズンとなる。そのチャンピオンマシンをST600クラスからスイッチした名越哲平がまたがることになっていた。ウエットコンディションとなった公式予選では、その名越がポールポジションを獲得。岩戸亮介、関口太郎、尾野弘樹、伊達悠太、石塚健、岩蕪N朗、ケミン・クボ、榎戸育寛と続いていた。

 22周の長丁場で争われた決勝。真っ先に1コーナーに入って行ったのは、岩戸だったが、2コーナー立ち上がりで関口が前に出て行く。3番手以下は、尾野、名越、石塚、伊達、ケミンと続いて行く。続く3コーナーでは、再び岩戸がトップに立ち、尾野、名越も関口の前に出て行く。オープニングラップは岩戸が制し、尾野、ケミン、名越、関口、作本輝介、岩普A三原壮紫、伊達と続いていた。スタート直後の3コーナーでは、榎戸育寛が転倒し、このマシンに巻き込まれ伊藤勇樹が転倒。榎戸は、再スタートを切るが、伊藤は、そのままリタイアとなってしまう。

 岩戸、尾野、ケミンの3台が抜け出し、2周目には、ペースの上がらない名越を関口と作本がかわして行く。名越は、5周目にマシントラブルが発生し130R入口でストップ。そのままリタイアとなっている。岩戸、ケミン、尾野の3台に関口と作本が追い付きトップグループは5台にふくれ上がる。しかし、9周目の2コーナーで尾野が痛恨の転倒。再スタートを試みるものの、そのままリタイアとなってしまう。トップ争いは、この周のS字コーナー入口で岩戸をケミンがかわしトップに浮上。関口も岩戸の前に出て様子を伺っていたが、実はマシントラブルを抱えており厳しい戦いとなっていた。それでもトップに立てば問題をごまかせるかと思い、9周目の90度コーナーでケミンのインに入るが、クロスラインを取ったケミンが前に。その後方では、作本が岩戸をかわし3番手に浮上。ビクトリーコーナー立ち上がりで失速した関口を作本と岩戸がかわし、それぞれ一つポジションを上げる。そして11周目の5コーナーでケミンのインに入った作本がトップに浮上すると、そのままレースをリード。岩戸もこれに続いてダウンヒルストレートでケミンをパスするが、90度コーナーで抜き返されてしまう。

 残り3周となったところでも岩戸は、ケミンをかわすが、V字のブレーキングでケミンが岩戸をかわして行く。その後、トップグループは、ポジションの変動はなくチェッカー。作本が開幕戦を制し、昨年の最終戦に続き2連勝。ケミンは、全日本表彰台となる2位。岩戸は悔しい3位。関口はトラブルを抱えながらも4位となった。その後方では、徳留真紀が岩浮ニのバトルを制し5位フィニッシュ。6位に岩普A7位に三原、8位に石塚健、9位に中村修一郎、10位に和田留佳、11位に伊達悠太、12位に大木崇行となった。

 

表彰台
 
優勝/#16 作本輝介 Team 熾 RSC(写真中)
『レースウイークに入ってから、ブレーキングで苦戦していて、コーナーの進入でリアのグリップ感が得られていませんでしたし、あまりいい流れではなかったので、朝のウォームアップ走行が終わっても、レースに向けての自信はありませんでした。なんとか決勝でまとめられましたが、思ったような走りができなかったのは反省しています。勝てたのは、運があったのだと思います。去年は開幕前にケガをしてしまったので、結果はいいスタートになりましたが、もっと速くなれるように頑張ります 』
 
2位/#10 クボ・ケミン 伊藤レーシング(写真左)
『伊藤監督や大崎さんを始め、チームの皆さんのおかげで、こうしてレースができたことを感謝いたします。特に大崎さんのアドバイスで、セッティングがいい方向に行きましたし、だからこそ表彰台に上がることができたんだと思います。バトルは、すごく楽しかったです。作本選手、岩戸選手、関口選手といいレースができたと思います。次回もみんなで切磋琢磨して、いいレースがしたいですね』
 
3位/#4 岩戸亮介 Team 熾 RSC(写真右)
『テストからいい流れで乗れていたのに、決勝で思うような走りができず情けないです。特にレースウイークに入ってから得意なはずのブレーキングで苦戦していました。決勝でも何とか改善しようと試みていましたが、横に並べても前に出ることができませんでした。最後に勝負仕切れなかったことも悔しいですね。次回のSUGOは得意なコースなので、勝てるように組み立てて行きたいです』
 
レーススタート
レーススタート
 
トップ争い(#10クボ・ケミン、#44関口太郎 #16作本輝介、#4岩戸亮介)
トップ争い(#10クボ・ケミン、#44関口太郎 #16作本輝介、#4岩戸亮介)
 
#16作本輝介と#10クボ・ケミン
作本とケミンのバトル
 
優勝した作本輝介
優勝した作本輝介
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |