レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第49回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)
決勝レポート
開催日:2017-11/5
●開催概要:
11月4日(土):12,500人 天候:曇り [気温 15.9℃] コース:ドライ
11月5日(日):15,500人 天候:快晴 [気温 17.1℃] コース:ドライ
 
伊達悠太が混戦を制し優勝でチャンピオンを決める!

 第8戦岡山終了時点のポイントリーダーは小室旭が109ポイント、2番手の伊達悠太は106ポイントと、その差僅か3ポイント。3番手は古市右京の90ポイント、4番手の中島元気が83ポイントとなっており、この上位4人までがチャンピオンの可能性があった。

 決勝日も朝からの快晴、しかし風が冷たくこのレースウイークで最も寒いコンディションとなった。
 12周で争われた決勝。ホールショットは予選3番手の山中琉聖が奪うがS字コーナーで小室がトップに立つ。バックストレートでイン側からするするっと出てきたのは予選9番手の高杉奈緒子、トップで130Rに進入する。高杉を挟んでアウト側から中島、イン側から小室の3ワイドでシケインに進入、小室がトップを奪うと中島もアウトから高杉をかわして2番手、その背後から山中が3番手で最終コーナーを駆け下りてくる。オープニングラップは、小室、中島、山中、高杉、宇井陽一、栗原佳祐、伊達悠太、古市右京、安村武志、船田俊希のトップ10が集団のままコントロールラインを通過する。

 この10台に佐野勝人、岡崎静夏が追いつき12台もの大きなパックで先頭集団を形成する。3ワイド、4ワイドでコーナーに進入してオーダーが変わるJ-GP3クラスらしい激しい順位争いが展開される。

 4周目には12台だったパックが伊達、中島、山中、小室、栗原の5台に集約される。その2秒後方に高杉、佐野、船田、古市、安村、宇井のセカンドグループを高杉が引っ張る。

 レース折り返しを迎える6周目、先頭集団はコンマ5秒の中で5台がコーナー毎にオーダーを変える激しいバトルを展開する。先頭集団が互いに牽制し合ってバトルをしている間に安村、佐野、船田、古市のセカンドグループが接近してきて8周目のヘアピンでは再び9台のパックとなる。

 レース終盤、3ポイント差でチャンピオン争いをしている小室と伊達の位置が注目される。9周目のオーダーは、中島をトップに伊達、小室、山中、栗原と続くトップ5。そして11周目の最終コーナーで中島がハイサイドでバランスを崩し、あわや転倒というシーンとなり加速がにぶった中島はポジションを落としてしまう。そして栗原、山中、中島、伊達、船田、小室の順でコントロールラインを通過し運命のファイナルラップを迎える。1コーナー進入では栗原、山中、伊達、小室のオーダー。デグナー進入で伊達がトップに立つがヘアピンで栗原が抜き返す。バックストレートで栗原のイン側に伊達、山中、中島が並ぶと中島がトップで130Rを立ち上がりシケインに進入して行く。中島はレイトブレーキングを見せシケインへアプローチするが、そのイン側に伊達がいたためマシンをバンクさせられずコースアウト。伊達がトップに立ち、栗原が2番手、小室は、切り返しではらんでしまい、そのイン側から山中が前に出て行く。伊達がトップでチェッカーフラッグを受け、栗原、山中、小室の順でゴールラインを通過。この瞬間、伊達が大逆転でJ-GP3チャンピオンを獲得。小室は4位となり、惜しくもシリーズランキング2位となった。

 5位に佐野、6位 安村、7位 船田、8位に中島、9位 古市、10位 太田虎之進の上位10位であった。

 
GP3表彰台
 
優勝・シリーズチャンピオン/#64 伊達 悠太 BATTLE FACTORY
『今日のレースは自分でペースを作っていくことが難しかったのですが、常に前にいようというのは意識していました。トップと2番手の間を行ったり来たりしていて、そう言う点では作戦通りでした。最後の勝負もギリギリでしたが、前に出る場所は決めていたので作戦通りにいったと思います。バトルファクトリーの永友さんに去年からお世話になっているのですが、思うような成績を残せなくても、ずっとメンタルな部分を中心にアドバイスをいただいてそれを実現できたので感謝の気持ちを伝えたいです』
 
2位/#2 栗原佳祐 MORIWAKI CLUB
『昨日の転倒から決勝レースを走れたのも、この位置にいられるのもチームのおかげです。ただ、最後のレースで優勝という形で持って帰れなかったのは残念でした。今シーズンは、走ることができるか分からず、2戦目のSUGOからの参戦となりましたが、本当に多くの方に支えていただきました。チームを始め、応援してくださった皆さんに感謝いたします。今年の経験を、来シーズン以降に生かせるように、これからも努力して行きます』
 
3位/#090 山中 琉聖 テルル・MotoUPレーシング
『フリー走行から調子がよくなくて、自分の持ちタイムもよくなかったので逃げられないことは、分かっていたのでレース中は、一歩引いた状態から見ようと考えていました。最終ラップの130Rで2番手かトップでいる、という作戦を考えていたのですが実現できずシケインに進入してしまいました。全日本ロードレース初表彰台ですけど悔しい思いの方が強いです』
 
レーススタート

レーススタート

 
トップ争い
トップ争い #64伊達悠太、#34中島元気、#090山中琉聖、後方は小室旭と栗原佳祐
 
2017新チャンピオン、伊達悠太
2017新チャンピオン、伊達悠太
 
2017新チャンピオン、伊達悠太
2017新チャンピオン、伊達悠太
 
2017新チャンピオン、伊達悠太
2017新チャンピオン、伊達悠太とチーム「BATTLE FACTORY」集合写真
 
2017年各クラス全日本チャンピオン
2017年各クラス全日本チャンピオン
(写真左から)ST600:前田 恵助、J-GP3:伊達悠太、J-GP2:水野涼、JSB1000:高橋巧
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
 
| Top |
d