レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第49回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)

決勝レポート
開催日:2017-11/5
●開催概要:
11月4日(土):12,500人 天候:曇り [気温 15.9℃] コース:ドライ
11月5日(日):15,500人 天候:快晴 [気温 17.1℃] コース:ドライ
 
最終ラップの大逆転で作本輝介が優勝!
関口は悔しい2位。榎戸は転倒リタイアを喫する

 前戦の岡山ラウンドで最終戦を待たずに水野涼がシリーズチャンピオンを決めたJ-GP2クラス。公式予選では、榎戸育寛が高橋裕紀の持つコースレコードに迫る2分09秒台を、ただ一人マークしポールポジションを獲得。決勝も榎戸がリードする展開になると思われた。2番手には、昨年の最終戦鈴鹿でポールtoフィニッシュを飾っている関口太郎が2分10秒台で着け、今シーズン初優勝を狙っていた。新チャンピオンの水野は2分11秒台前半で3番手、石塚健、岩蕪N朗、作本輝介、岩戸亮介、生形秀之と2分11秒台で続いていた。

 今年も15周で争われた決勝レース。昨年同様に関口がホールショットを奪い、榎戸、石塚、岩戸、岩普A水野、生形、作本、三原壮紫、ケミン・クボ、柴田陸樹、中本翔、大木崇行と続いて行く。1コーナーから2コーナーでは、アウトから岩戸が石塚をかわして3番手に浮上。その直後のダンロップコーナーでは、関口がハイサイド気味になり失速。このすきに榎戸がトップに浮上。デグナーカーブ進入では、岩戸がはらんでしまいポジションダウン。岩浮ェ3番手に浮上し、水野がスプーンカーブ進入で並びかけるが、岩浮熄らない。これに岩戸、作本のTeam熾瑞ィが続きバックストレートに入って行く。混沌としたオープニングラップは、榎戸が制し、関口、水野、岩戸、岩普A生形、作本、石塚と続いて行く。2周目の逆バンクからダンロップコーナーへの切り返しでは、関口が榎戸をかわしトップに立つが、バックストレートで榎戸が抜き返し、レースをリードして行く。関口、水野、岩戸が続き、トップグループを形成。さらに作本も追い付き5台にふくれ上がる。このレースウイークでほとんどのセッションをリードしてきた榎戸は、これを見てペースアップ。これを追いたい関口だったが、逆にバックストレートで水野と作本にかわされてしまい4番手にポジションを落としてしまう。さらに4周目のホームストレートでは作本が関口をパスして行く。S字コーナー進入では、水野が岩戸をかわして2番手に浮上。明らかにストレートの伸びが厳しい関口だったが、テクニカルな東コースでポジションを挽回。作本と岩戸をかわし3番手に浮上する。その後方からは、石塚がペースを上げ6番手に上がってくる。

 トップを走る榎戸は、明らかにイニシアチブを握っていた。6周目には、このレースのファステストラップとなる2分10秒330をマークし、2番手以下を引き離しにかかる。さらにペースを上げて行くが、7周目の130Rでアクセルを開けて行くところでフロントが切れ込んでしまう。必死に立て直そうとするがハイスピードでクラッシュ。榎戸は、悔しいリタイアとなってしまうが、大きなケガがなかったのは不幸中の幸いだった。

 榎戸の転倒で、かわってトップに立ったのは、関口だった。水野、作本が続き3台がトップグループを形成。やや間隔を空けて石塚と岩戸が続く。9周目のシケインでは、水野が関口に仕掛けるがクロスラインで抜くことはできない。逆に10周目に入るホームストレートで作本にかわされ3番手に後退。その背後には、2分10秒台で追い上げて来た石塚が迫り、トップグループは4台となる。そしてレース終盤を迎える13周目のホームストレートで石塚が水野をかわし3番手に浮上。水野もシケインのブレーキングで抜き返すが、切り返しでフロントからスリップダウン。すぐに再スタートするものの15番手までポジションを落としてしまう。トップを走る関口は、ここで一気にスパート。14周目に自己ベストをマークし、作本も必死について行くが、石塚はついて行けない。

 そして、関口が作本に約0.5秒差をつけファイナルラップに突入。一時は勝負あったかと思われたが、作本は最後まであきらめなかった。西コースに入ると、その差は縮まり、スプーンカーブで関口の背後にピタリとつけた作本は、バックストレートで前に出て行く。シケインで抜き返したい関口だったが、作本がインをしっかり締めトップでチェッカー。今シーズンは、開幕戦筑波の事前テストで負傷し、岡山でようやく戻って来た。復帰2戦目で、うれしいシーズン初優勝を飾った。今回こそ勝ちたかった関口は、悔しい2位。3位に石塚が入り表彰台に上がった。

 4位に岩戸、5位に生形、6位に三原、7位にケミン、8位に岩普A9位に柴田、10位にラストラップの130Rで大木をかわした徳留真紀と続いた。水野は15位でゴールし、9ポイントを加算。154ポイントで2017年シーズンを終えた。関口は、2年連続ランキング2位。以下3位が生形、4位岩戸、5位柴田、6位榎戸、7位石塚、8位徳留、9位岩普A10位にケミンとなった。

 

表彰台
 
優勝/#8 作本 輝介 Team 熾 RSC
『レースウイークに入ってから、なかなかタイムを上げることができなかったのですが、レースになって、少しずつリズムが取れてきて最後に勝つことができてよかったです。今シーズンは、何が何でも結果が欲しかったのですが、開幕前に大きなケガをしてしまい直後は落ち込んでいました。そこから、なるべく早く復帰したかったのですが、岡山まで乗ることができませんでした。不甲斐ない気持ちだったので、それを晴らすためにも岡山で結果を出したかったのに転倒してしまい今回は何が何でも(結果を)獲りたかったので勝つことができてよかったです』
 
2位/#44 関口 太郎 SOX Team TARO PLUSONE
『すごい苦しいレースでしたが、最後にペースを上げることもできましたしベストは尽くしました。前戦でチャンピオンが決まってしまったこともあって、今回から車体関係に新しい試みとしてMoto2™用のフロントフォークを使うことにしました。レースウイークに入ってからセッティングしながらライディング面でも、いろいろ試しながら進めて来て、昨年と同じくらいのタイムも出ていましたし、決勝も同じくらいのペースだったと思います。来シーズンに向けては、課題が残りましたがポジティブな部分もあったので、これを生かしていきたいですね』
 
3位/#5 石塚 健 WILL-RAISEracingRS-ITOH
『結果的に表彰台に上がることができたのは、うれしいですけれど、序盤の展開は悔いが残りました。スタート自体はうまく行ったのですが、インに入られたときに、はらんでしまい4、5台に抜かれてしまいました。オープニングラップに失敗して、そこから追い上げたレースなので、悔しさ半分、うれしさ半分というレースでした。終盤は、厳しい状況だったので3位キープという感じでした』
 
スタート
スタート
 
トップ争い
トップ争い #44関口太郎、#8作本輝介、#634水野涼、#5石塚健
 
作本輝介
優勝した作本輝介
 
作本輝介
優勝した作本輝介(中央)
 
 
2017年各クラス全日本チャンピオン
2017年各クラス全日本チャンピオン
(写真左から)ST600:前田 恵助、J-GP3:伊達悠太、J-GP2:水野涼、JSB1000:高橋巧
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
 
| Top |