レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 第49回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
主催:鈴鹿サーキット(5,821m)

予選レポート
開催日:2017-11/4
公式レポート(PDF) 2017Rd9SC_Express.pdf

榎戸育寛が唯一の9秒台で今季3度目のポールポジションを獲得!
「決勝レースは強さを見せたい!」

 J-GP2クラスの公式予選も走行開始早々にアクシデントが発生し赤旗中断。再開されたセッションでは、金曜日のART走行から好調の榎戸育寛が2分10秒537でトップに浮上。関口太郎も10秒906でこれに続く。石塚健、岩戸亮介、水野涼らも11秒台をマークしていた。

 榎戸はアタックを続けて9秒987までタイムアップし、トップを固める中、石塚、水野、岩崎哲朗、作本輝介らもタイムアップするが、いずれも11秒台でセッションは終了。榎戸がただ一人の9秒台をマークして、今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手には序盤のタイムで関口がつけ、すでにタイトルを決めている水野が11秒061で3番手でフロントロウに並ぶ結果となった。2列目には11秒095で石塚、11秒823の岩崎、11秒828の僅差で作本が6番手、3列目には11秒860の岩戸、11秒900の生形秀之、12秒153の柴田陸樹と続いた。



 
榎戸育寛
ポールポジション : 2分9秒987 #32 榎戸 育寛 MOTO BUM HONDA
『ポールポジションはとれましたが、狙っていた一発のタイム=2分8秒台にはまったく届いていないので、その点では不満ですね。出そうだったんですけどね。決勝に向けてはとても良い感じです。いけると思います。日本グランプリにワイルドカード参戦して、大きく変わりました。フォームや走り方、セッティングも全然違うので、その効果もあるのかな、と思っています。決勝では、もてぎ(第4戦ポールスタートからトップを走りながら転倒して後退)のようにならないよう、落ち着いて走りながらも強さを見せたいと思います』
 
榎戸育寛
榎戸育寛
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
| Top |