レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
MFJライセンスの種類と取得方法


スノーモビル(スノーモビル)

スノーモビル(スノーモービル)とは

 「スノーモビル」とは、雪のスノーと自動車のオートモビルを合わせて作られた造語。エンジンを動力とし、無限軌道のトラックベルト(キャタピラ)の駆動により推進力を得て、スキーによって操舵する、雪上を走行することを目的としたマシンのことを指します。

しかし「スノーモビル」は、同時にスノーモビルによって競われるモータースポーツの競技名称を総称してこれも同じくスノーモビルと呼んでいます。

スノーモビル(スノーモービル)の歴史

 スノーモビルの原型は、今から60年以上前の1932年にアメリカで発明されました。それはイギリスでスポーツの道具として伝統的に使われている“トボカン”という木製のソリに、エンジンを搭載したものでした。その4年後に、カナダのアーモンド・ボンバルディにより作られたものは、ゴム製のトラック、前方に2本のスキーを搭載した現在のスノーモビルとほぼ同じスタイルになりました。

スノーモビルは積雪地の生活を豊かにする目的で作られましたが、性能が上がるにつれ、スポーツに用いられるようになってきました。日本での本格的なレースは1970年の「第1回報知スノースクランブル大会」からで、この大会の成功を機に翌年の1971年に第1回全日本選手権、新潟石打スノースクランブル大会が開催されました。

スノーモビル(スノーモービル)の競技

 スノーモビル競技にはさまざまな競技があります。全日本選手権が開催され、雪上のモトクロスとも呼ばれるスノークロス。直線で加速力を競う氷上ドラッグレース。オーバルコースを豪快なカウンターを当て疾走するオーバルレース。急坂を登坂するヒルクライムレース。耐久レースのエンデューロなどです。

その中で一番メジャーな競技は、現在全日本スノーモビル選手権シリーズとして開催されているスノークロスです。全日本選手権のスーパークラスやS1クラスに使用するスノーモビルは、ロードレース世界グランプリで開催されている500ccクラスマシンより、はるかに大きな排気量の2ストロークエンジンが搭載されているモンスターマシンを用います。

スノーモビル(スノーモービル)の魅力

 レースはモトクロスとほぼ同様に行われます。横一線に並んだスノーモビルが、フラッグの合図でいっせいにスタートを切る雪煙を巻き上げてのスタート、そして第1コーナーへのホールショット争いは、数あるモータースポーツの中でも1,2を競うほどの大迫力です。

レース終盤になると、ハイパワーマシンのキャタピラによってコース上の雪が蹴散らされ、アチコチにギャップが生まれてきます。このギャップをいかにうまく攻略するかが、勝負の分け目であり、スノーモビルの醍醐味でもあります。