レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第5戦筑波

| エントリーリスト | 【Race1】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート |
| ウォームアップ |【Race2】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

予選〜決勝Race1レポート
開催日:2019-6/22
Weather :曇り Track :ウェット

公式レポート(PDF) 2019Rd4TC_Express.pdf

 
長尾健吾が初優勝の地で再び勝利を手に入れる!
奥田教介が2位、小山知良が岡本裕生とのバトルを制し3位!
〜第4戦筑波 ST600決勝レース1〜
 
 全日本ロードレース選手権、2019年シーズンの前半戦を締めくくりとなる第4戦筑波を迎えた。昨年よりST600クラス、J-GP2クラス、J-GP3クラスに加えMFJ CUP JP250も全て2レース制で行われており、今年も各クラスのシリーズチャンピオンを占う上で重要なラウンドとなる。

 先だって6月12日(水)、13日(木)に行われた事前テストは、ドライコンディションだったが、レースウイークの天気予報は、雨マークがあったり、降水確率が高かったりしており、ウエットコンディションでのレースも予想された。金曜日は、雲が多く、筑波サーキットの周辺には雨雲も多く通っていたが、時折パラついた程度で、ほぼ全セッションドライコンディションで走行できていた。

 翌土曜日の天気は回復方向かと思われたが、お昼過ぎから雨という予報となっていた。午前中に行われた公式予選は、ドライでAグループのセッションがスタート。ここで國峰啄磨が、ただ一人57秒台に入れトップタイム。Bグループのセッション途中で雨が降ってきたため、予選グリッドは、組アタマ取りで決まることになった。レース1は、國峰がポールポジションを獲得。2番手にBグループトップとなった長尾健吾がつけ、岡本裕生、小山知良と続いた。レース2のグリッドを決めるセカンドタイムでは、岡本がトップとなりポールポジション。長尾、國峰、奥田教介、荒川晃大、小山と続くことになった。

 その後、雨は本降りとなり路面はウエットとなりJP250、J-GP3、J-GP2とレースが行われST600クラスの決勝を迎える。このころには、雨はほぼ止んでいたが、各ライダーはレインタイヤでグリッドに着いていた。ここでウエット寄りのセットに変更した者、ドライセットのままで臨んだ者と明暗が分かれる結果となった。
 好スタートを切ったのは、長尾と岡本だった。1コーナーでは、イン側を取った岡本が前に出て行き、長尾、小山、南本宗一郎、奥田と続いて行く。ウエット寄りのセットにした岡本は、オープニングラップから全力で飛ばし、2番手の長尾を引き離してホームストレートに戻って来る。これを長尾、小山、南本、奥田が追い、ポールポジションの國峰は、ペースが上がらずトップグループに加わることができない。2周目には奥田が南本をかわし4番手に浮上すると小山の背後につけると、5周目には、奥田が小山をかわし3番手に上がる。雨は止み路面は乾く一方となり、トップを走る岡本は厳しい状況となって行く。これを見た長尾は、11周目の1コーナーでトップに浮上すると、そのまま岡本を引き離して行く。岡本の背後には、奥田が迫り12周目に奥田が2番手に浮上するとトップの長尾を追う。

 レース終盤に入ると長尾は、さらにペースを上げ残り2周となった19周目に自己ベストをマーク。奥田を寄せ付けずトップでゴール。昨年、全日本初優勝を飾った筑波ラウンドで再び勝利を手に入れた。2位に事前テストから好調だった奥田が入った。岡本と小山の一騎打ちとなった3位争いは、最終ラップの1コーナー立ち上がりで小山が岡本をかわして制する結果となった。5位に単独走行となっていた南本が入り、6位には中村竜也が佐野優人とのバトルを制してゴール。8位に伊達悠太、9位に岩田悟、10位に杉山優輝、11位に古山颯太、12位に荒川晃大と続いてゴールした。國峰は、15位までポジションを落としてチェッカーを受けている。

 日曜日の天気が気になるところだが、レース1で上位につけた長尾、奥田、小山、岡本、南本などはレース2でも速さを見せそうだ。レース1でうまく走れなかった國峰、荒川などはリベンジしたいところだろう。テクニカルでタイトな筑波サーキットを20周走り切りトップでゴールするのは、どのライダーか!?
 
レース
ST600終盤のドッグファイト(#230小山知良vs#1岡本裕生)
 
長尾健吾のウイニングラン
長尾健吾のウイニングラン
 
長尾健吾
長尾健吾
 
表彰台(左から 奥田教介/長尾健吾/小山知良)
表彰台(左から 奥田教介/長尾健吾/小山知良)
 
レース1優勝/#50長尾健吾
NCXXRACING&善光会 TEAMけんけん

「今年欲しかった優勝なので、非常にうれしいです。開幕戦は、勝負できるかなと思いながらも2位、前回は表彰台にも乗ることができなかったですから。サイティングラップで、路面が乾いてきそうだと思っていたのですが、スタート後も、その傾向でした。岡本選手の背後につけているとホイールスピンさせて厳しそうだしたが、ボクも、それほど余裕があるわけではありませんでした。ただブレーキングのアドバンテージは、あったので1コーナーでしっかり決めてトップに立ってからは、乾いている路面の上を走らせていたら、気付いたら20周経っていたという感じでした。日曜日がどんなコンディションかわかりませんが、どんなコンディションでもしっかり準備してきたので、また優勝できるよう全力を尽くすだけですね」
 
レース1・2位/#57奥田教介
Team MF & Kawasaki

「今回の筑波ラウンドには、並々ならずかけていました。チームも事前テストから念入りにマシンを作ってくれていましたが、決勝だけ、こんな路面状況になってしまい難しいレースになりました。路面が乾いて行ったのですが、そんなコンディションは苦手意識がありました。勝てなかったことは悔しいですが、ホームストレートで転びそうになりましたし、しっかり完走して2位になったことは、悪くはないと思います。レース2は、できれば晴れで、一つでも上に行けるようにしたいですね」
 
レース1・3位/#230小山知良
日本郵便 Honda Dream TP

「今回、J-GP3クラスに、MFJアカデミーやMuSASHiスカラシップの生徒が出ているので、いつも教えていることを実践して、見本となる走りをしなくてはいけなかった。岡本選手は、フェアなライダーですし、お互いどんな走りをするのか知っているので、バトルをしていて楽しいですね。レース2は、できればドライで気持ちよくレースをしたいですね。長尾選手や奥田選手のような筑波マイスターがいるので勝つことは難しいですが、ボクも20年前は、そう呼ばれていたんですけれどね。精一杯走るだけです」
 
TXT: Superbike.jp&T.Sato/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |