レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

2018MFJ全日本第3戦オートポリス

| エントリーリスト | ノックアウト-Q-1 | ノックアウト-Q-2 | 公式予選結果 |
| 予選レポート | ウォームアップ | 決勝Race | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権JSB1000

文部科学大臣杯 
2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2018

主催:オートポリスサーキット(4.674km)
予選レポート
開催日:2018-5/12
Weather :晴れ / 19℃ Track :ドライ
公式レポート(PDF) 2018Rd3AP24_Express.pdf
中須賀克行が驚異的なタイムでポールポジション!
ヨシムラの渡辺一樹、津田拓也がフロントロウ!!
虎視眈々と勝利を目指す渡辺一馬

 全日本ロードレース選手権は、シリーズ第3戦を大分県・オートポリスで迎え、今回もスーパーフォーミュラとの2&4レースとなる。開幕戦、第2戦と2レース制で行われてきたJSB1000クラスだが、今回は日曜日に1レースのみの開催となる。

 金曜日、土曜日と快晴に恵まれ、各ライダーは、マシンをセットアップ。初日は、カワサキのエースとなって2年目となる渡辺一馬が1分48秒201でトップタイム。ここまで開幕4連勝中の中須賀克行は、1分48秒335で2番手、3番手にカワサキ時代の2014年にマークした1分47秒657というコースレコードホルダーであり、ヨシムラで初めてオートポリスを走る渡辺一樹が1分48秒788で続き、上位3名が1分48秒台をマークしていた。

 土曜日も快晴となり、午後に行われた公式予選が始まるころの路面温度は48度だった。今回の予選セッションは、今シーズン初めてノックアウト方式となり、まず45分間のQ1が行われた。ここで速さを見せたのは、中須賀だった。計測5周目に1分48秒034をマークし、このタイムを破る者は現れずQ1をトップで通過。2番手に野左根航汰が1分48秒703で続き、ヤマハファクトリーが1-2。3番手に渡辺一馬、4番手に津田拓也、5番手に高橋巧、6番手に渡辺一樹、7番手に松附詩ニ、8番手に秋吉耕佑、9番手に高橋裕紀、10番手に水野涼というトップ10がQ2に進出した。

 15分間で行われたQ2。徐々に路面温度は下がる方向だったが、それでも43度というコンディション。まずは、10名のライダーがピットアウトしコースに入る。中須賀は、コースの状況を確かめるとピットに戻りタイヤを交換。再びコースに戻ると計測ラップに入って行く。ここで1分46秒909という、これまでのコースレコードを大幅に更新する驚異的なタイムがマークされる。「この1周は、とにかく集中しましたね。その後の2周は、もうタイムが落ちていく一方でしたけれど、最初の1周は、決まったと思いましたね。まさか46秒9まで行くとは思いませんでしたね」と中須賀本人も驚きのタイムだった。その後もタイムが落ちたとはいえ、1分47秒台を記録している。2番手の渡辺一樹が1分48秒249だったことを考えれば、いかに中須賀のタイムが抜きん出ているかが分かるだろう。

 渡辺一樹、津田拓也とヨシムラ勢が続きフロントロウ。渡辺一樹は、ヨシムラで3レース目だが、ここオートポリスはカワサキ時代に走り込んだコースだけに、うまくマシンをまとめてきた。一方、津田は、今シーズン変更した部分を、まだ生かし切れていないと語るが、そこがいい方向にまとまれば、中須賀に近づいていけるはずだ。

 4番手の野左根は「今の実力だと思います。中須賀選手に少しでも近づこうと努力している最中ですが、そう簡単には行きませんね。ただ、チームとして、いい結果を残せるように全力を尽くします」とコメント。5番手には、初日トップタイムをマーク。カワサキのホームコースで期待がかかる渡辺一馬がつけた。「スーパーフォーミュラのタイヤラバーの影響か、風の影響か、前日とはフィーリングが変わってしまい、思うように攻めることができませんでした。ただ、対策はできているのでレースは大丈夫だと思います」と、こちらも決勝に向けては自信のコメント。2列目最後となる6番手には、10年振りに復活したHondaワークス、Team HRCを引っ張る高橋巧がつけたが、初日からオートポリスは苦戦模様だ。
「全く気持ちよく走ることができていません。予選でも違うタイヤ、セットを試してみましたが、ドライでは、全くいい方向が見えてきていません。決勝は、雨予報なので、まだレインコンディションの方がいい結果を出せる自信はありますね」とドライよりもレインを望んでいる。

 日曜日の天気予報は、雨となっており、その雨量によってもレース展開は変わってきそうだ。雨を得意としている秋吉耕佑、加賀山就臣、星野知也なども上位に進出してくる可能性もありそうだ。決勝日朝のウォームアップ走行の順位に注目しよう。

 
予選上位3名のライダー
ポールポジション : 1'46.909(コースレコード)
♯21 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(写真中央)

『コースレコードでポールポジションを獲ることができて素直にうれしいですね。これほどタイムも伸びると思っていませんでしたから。これで、今、全日本JSB1000クラスが開催されているサーキットのレコードを全て更新することができました。タイムを出した周は、決まったと思ったので、1分47秒5くらいかと思っていましたけれど、1分46秒9だったので、ちょっと出し過ぎでしたね。これもQ1の45分を使って、いい方向にマシンセットができたからですね。チームもよろこんでくれたので、よかったです。1戦1戦勝つことを目標に走っていますし、それが結果につながっています。100%、力を出し切ったライダーが表彰台の中央に立つと思いますし、今回も雨でも晴れでも応援してくださる皆さんの前で、いい走りをしたいですね 』
 
予選2番手 : 1'48.249
♯26 渡辺一樹 ヨシムラスズキMOTUL(写真左)

『オートポリスは、カワサキのバイクでは一番走り込んでいるコースなので、金曜日からいいフィーリングで乗れていました。予選では、タイムを出し切れず、2番手に終わってしまい悔しいですが、
フロントロウにつけられたので、よかったと思います。データも見直して課題は明確にあるので、それがクリアできれば、いいレースができるはずです。19周、みんな速いので、難しいレースになると思いますが優勝がプレゼントできるように精一杯頑張りたいですね』
 
予選3番手 :1'48.437
♯12 津田拓也 ヨシムラスズキMOTUL

『予選3番手とはいえ、トップと1秒以上離されていますし、金曜日に転倒もありました。ここまでレースウイークの流れは、決して順調とは言えませんが、その中でポジティブな部分もありますし、状況変わる中でも、トップを追いかけたいですね。開幕戦、第2戦といい流れをレースで作ることができていないので、今回こそチーム一丸となって全力で戦えるように気を引き締めて臨みたいと思っています 』
 
ポールポジションの中須賀克行
ポールポジションの中須賀克行
 
渡辺一樹
渡辺一樹
 
津田拓也
津田拓也
 
Photo & TXT: Toshihiro SATO(c)
| Top |