レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI

| エントリーリスト | ノックアウト-Q-1 | ノックアウト-Q-2 | ノックアウト-Q-3 | 公式予選結果 |
| 予選レポート | ウォームアップ | 決勝Race | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権JSB1000

文部科学大臣杯  MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE
主催:ツインリンクもてぎ(4.801Km)

予選レポート
開催日:2017-8/19
Weather :曇 Track :ドライ
公式レポート(PDF) 2017Rd6TRM24_Express.pdf
野左根航汰がJSB1000初ポールポジション!
立ちはだかる絶対王者・中須賀克行
巻き返したい津田拓也、高橋裕紀、渡辺一馬、高橋巧

 全日本ロードレース選手権は、今回の、もてぎ2&4レースからシリーズ後半戦に突入。2011年から始まった、もてぎ2&4レースは、J-GP2クラス(2012、2013年はJ-GP3も開催)が開催されてきたが、今回は、初めて最高峰クラスのJSB1000クラスが行われている。鈴鹿8耐から3週間後だけに、多くのチームは疲れを取る時間もなく、今回のレースウイークを迎えている。

 金曜日の走行は、1本目はドライ、2本目はウエットとなったが、どちらのセッションも野左根航汰がトップタイムをマークした。「走り始めから、すごくフィーリングがよかったですし、チームも最高の対応をしてくれているので、やりやすいですね。やっぱりココがボクのホームチームという感じがしました」とコメント。今年は、世界耐久選手権にYART-YAMAHAの一員として参戦。ヨーロッパラウンドでは、そのインに極端に身体を落とすライディングフォームが話題を呼んだ。先の鈴鹿8耐でもチームを引っ張る走りで5位に入っている。世界耐久でもブリヂストンの17インチタイヤを使っており違和感なく今回のウイークに入れたこと、さらに、ヤマハのワークスチームで自分自身の好みに合わせられるマシンで走れることが野左根の好調の原因だと言っていいだろう。

 対して、第5戦オートポリスで苦悩の末、勝利を手に入れ鈴鹿8耐で3連覇を達成したヤマハのエースである中須賀克行は、違和感を感じていた。それは鈴鹿8耐で使用した16.5インチタイヤとの特性の違いが原因だった。今シーズンより全日本は17インチに統一されたが、鈴鹿8耐は、今年まで16.5インチが使用可能だった。ヤマハファクトリーは実績のあるものを鈴鹿8耐で選んだこともあり、その乗り換えに苦労していた。それは、同じく鈴鹿8耐で16.5インチを選んだKawasaki Team GREENの渡辺一馬も一緒だったが、ヨシムラの津田拓也は、それほど気にならなかったと語った。
今シーズン序盤に苦戦した中須賀にとって、今回はある程度想定していたことであり、好調なチームメイトの走りを見ながら、自分自身に取り入れていくことを考えていた。公式予選Q1では、野左根をピタリとマークし、その走りを分析したと言う。対して好調な野左根は、Q3でトップタイムをマークし、JSB1000クラスで初ポールポジションを獲得した。「6月の第4戦ツインリンクもてぎでは、トップを走っていた中須賀選手が最終ラップに不運な転倒があって勝つことができましたが、今回は、しっかり戦って勝ちたいですね。もちろん簡単に勝てるとは決して思っていませんし、全力でぶつかって行きます」と語れば、予選2番手につけた中須賀は「全力で倒しに行く」と真っ向勝負の覚悟だ。

 予選で1-2を占めたヤマハファクトリーについて行き、最後に前に出たいのがフロントロウ最後の3番手につけた津田だろう。今年フルモデルチェンジして登場したSUZUKI GSX-R1000Rだが、なかなか思うように開発が進んでいなかった。その中で、 津田が着実にレースを完走してきたことで、前半戦を終えた時点で暫定ランキングトップにつける結果となっている。まずは、1勝を挙げたいところだ。
Hondaのエースであり高橋巧は、予選6番手と今ひとつ波に乗れていない。鈴鹿8耐では、17インチタイヤを使っており、その流れで今回のレースに臨めているがタイムが出ていないのは、ニューマシンならではの悩みなのかもしれない。鈴鹿8耐で見せたカワサキをストレートでかわす爆発的なパワーを速さにつなげたいところだろう。

 Hondaの最上位となる4番手には、モリワキの高橋裕紀がつけている。チームメイトの清成龍一もQ2を勝ち抜きQ3で9番手と3列目からスタートする。地元の渡辺は、5番手に入り2列目からカワサキのエースとして優勝を目指す。藤田拓也は、Q3で転倒を喫したがケガはなく7番手。山口辰也が8番手、Q3に進出する健闘を見せた酒井大作が10番手となった。以下、浦本修充、加賀山就臣、濱原颯道、秋吉耕佑、近藤湧也、後半戦から参加の今野由寛と続いた。

 タイトル争いは、津田をトップに、渡辺が1ポイント差、高橋巧が3ポイント差と接戦。23周で争われる決勝レース。天気が気になるところだが、野左根、中須賀のヤマハファクトリー勢がレースをリードすることは間違いないだろう。これに津田、高橋裕紀、渡辺、高橋巧が、どこまでついていけるかによってレース展開が見えてくるはずだ。最終ラップのビクトリーコーナーをトップで立ち上がってくるのは、ゼッケン5か? 1か? それとも??

 
予選上位3名のライダー
ポールポジション : 1'48.794
#5 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5(写真中央)

『初めてJSB1000クラスでポールポジションを獲得できて、素直にうれしいです。アタックラップは、あそこまでタイムが出るとは、思っていなかったのですが、うまく決まってよかったです。Q3では、残り時間も少なかったので、ひたすら毎周攻めていました。もちろんポールポジションは、意識していました。前回のツインリンクもてぎでは、中須賀選手が転倒しての優勝だったので、今回は、簡単なことではないですが最後までしっかり戦って勝ちたいですね 』
 
予選2番手 : 1'48.959
#1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(写真左)

『17インチへの乗り換えに手こずっていたのは事実ですが、野左根選手は、うまく乗れているので、いいところを取り入れて行こうと努力しています。予選で負けたことは、素直に悔しいですが、チーム的には1-2なので、いい結果だと思います。6月のレースよりもタイムは出ていませんが、フィーリングは戻って来ていますし、今度こそ1-2フィニッシュしたいですね。もちろんボクが前ですけれど(笑) 』
 
予選3番手 :1'49.145
#12 津田 拓也 ヨシムラスズキMOTUL

『予選で一番を獲ってやろうという思いは、もちろんありましたが、レースに向けて確認しておきたいことがあったので、優先順位の高い方を取りました。マシンは、目に見える変化はありませんが、鈴鹿8耐で進化しましたし、制御面がよくなったのでバイクのレベルが上がったと思います。そろそろヤマハさんを倒したいですし、いつもトップを獲ってやろうと思っています。それを実現するためにも全力でレースに挑みます 』
 
 
ポールポジションの野左根航太
ポールポジションの野左根航太と中須賀克行
 
津田拓也
津田拓也
 
煖エ裕紀
煖エ裕紀
 
Text:Toshihiro Sato / Photo : H.wakita & T.Sato(c)
| Top |