レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第5戦筑波

| エントリーリスト | 【Race1】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート |
| ウォームアップ |【Race2】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート | ランキング |

全日本ロードレース選手権J-GP3

2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

決勝Race2レポート
開催日:2019-6/23
天候:曇り コース:ドライ
 
長谷川聖がドライで強さを見せ今シーズン2勝目!

 天候が心配されたレース1は、ドライコンディションで行われた。
2番手グリッドの鈴木大空翔がホールショットを奪い、ポールポジションの長谷川聖、大堀和基、安村武志、村瀬健琉、岡崎静夏、成田彬人、中山愛理、福嶋佑斗と続いて行く。レース1と同様に序盤はレースを引っ張り、アベレージスピードで上回る長谷川が早めに仕掛けて来るかと思われた。しかし、5周目に安村をかわして3番手に上がった成田が、6周目には長谷川もかわして2番手に上がると、その勢いのまま、9周目に鈴木をもかわしてトップに浮上する。しかし、すぐさま鈴木が抜き返し、その座を譲らない。

 レース中盤は、鈴木、成田、村瀬、長谷川、やや離れて安村、中山、岡崎がトップグループを形成する。一時は、4番手までポジションを落としていた長谷川だったが、13周目に2番手に上がると、14周目に、このレースで初めてトップに浮上。15周目に、このレースのファステストラップとなる1分00秒226をマークすると、そのまま独走体制を築き今シーズン2勝目を挙げた。2位に16周目に村瀬をかわした鈴木が入り、村瀬は3位でゴールし全日本初表彰台に上がった。以下、中山、成田、岡崎、太田虎之進、細谷翼、山田尚輝と続くトップ10。レース1のウイナー福嶋は、11位でチェッカーフラッグを受けた。

 
GP3表彰台
 

優勝 #36 長谷川聖 CLUB Y's
「事前テストからレースウイークに入ってもドライなら調子よく走ることができていましたし、トラブルがあってもトップに着けることができていたのでレースもドライならば前に行けると思っていました。序盤は、混戦になってしまい落ち着いて走ろうと心掛けていました。トップに立ってからは、自分のペースで走ることができたので、勝つことができてよかったです。シーズン後半戦は、得意なコースばかりなので、しっかりポイントを稼いでチャンピオンを撮れるように頑張ります」

 
2位 #11 鈴木大空翔 BATTLE FACTORY
「悔しいですね。2周目くらいからフロントブレーキに問題が出てしまい、長谷川選手に抜かれてからついていけず、村瀬選手を何とか抑え切れた感じです。レース1、レース2と悔しいレースが続いたので、次回の岡山ラウンドは、ぜひ勝ちたいですね。暑いと思うので、事前テストからしっかり走ろうと思っています」
 
3位 #392 村瀬健琉 ミクニ テリー&カリー
「序盤ペースが上がらない中で、一歩一歩上がって行こうと思っていましたし、一時はトップも走ることができたのですが、レース終盤は、タイヤ的にもメンタル的にも厳しかったです。鈴木選手を何とか抜きたかったのですが、速かったですね。抜くことができずに悔しいです。小室さんを始め、チームの皆さんのバックアップのおかげで表彰台に上がることができました。本当に感謝しています。次戦の岡山は、JP250で表彰台に上がっているので、事前テストからしっかり走ってレースにつなげたいですね」
 
レーススタート
スタート
 
トップ争い
トップ争い
 
#13岡崎静夏と#14中山愛里のバトル
#13岡崎静夏と#14中山愛里のバトル
 
優勝した長谷川聖
優勝した長谷川聖
 
表彰台の長谷川聖
表彰台の長谷川聖
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |