レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第5戦筑波

| エントリーリスト | 【Race1】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート |
| ウォームアップ |【Race2】 公式予選結果 | 決勝レース | ラップチャート | 決勝レポート | ランキング |

全日本ロードレース選手権J-GP2

2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

決勝Race2レポート
開催日:2019-6/23
天候:曇り コース:ドライ
●観客:土曜日:2,000人 日曜日:5,500人
 
レース2は、名越哲平が後続を引き離し今季2勝目!

 レース開始直前に雨がパラパラと落ちてきたが、すぐに止みドライ路面で20周の決勝レースがスタートした。

 ホールショットはポールポジションの名越哲平が奪う。セカンドロウ4番手グリッドの小谷咲斗が好スタートを切って2番手、岩蕪N朗3番手で2コーナーを立ち上がるが、第1ヘアピン進入で作本輝介が岩浮かわして3番手浮上する。オープニングラップは、そのまま名越が制し、小谷、作本、岩浮ニ続く。レース1を制した榎戸育寛は5番手、尾野弘樹6番手、阿部恵斗7番手、徳留真紀8番手、豊島怜9番手、井手翔太10番手のオーダーで2周目に突入して行く。2周目の1コーナーでは、作本が小谷のインに飛び込み2番手に浮上、榎戸も岩浮かわして4番手に浮上する。作本は名越よりも速いペースでプッシュして行くと5周目の1コーナーでトップを奪う。同じく榎戸も1コーナーで小谷を抜いて3番手浮上する。

 この辺りから雨が落ちて来たため、各コーナーのポストで降雨を知らせるレッドクロス旗が振られる。しかし路面が濡れるほどにはならずトップ争いは名越、作本、榎戸、小谷、の4台に絞られて来る。

 レースも折り返しを迎えようと言う10周目の1コーナーで名越が作本のからトップを奪い返すと作本よりコンマ2〜3秒速いペースで走行、14周目には57秒354のファステストラップをマークして作本を引き離しトップを独走。そのままチェッカーを受け今シーズン2勝目を獲得。ランキングも単独でトップに躍り出た。

 後方では、作本と榎戸が2番手争いを展開。15周目の1コーナーでは、榎戸が前に出るが、すぐさま16周目の1コーナーで作本が抜き返す。その後は、作本が榎戸を抑えきり2位でゴール。榎戸は、3位でゴール。2位争いの後方につけていた小谷は健闘の4位。

 一時は、尾野、岩普A阿部の3台が繰り広げていた5番手争いは、8周目に尾野が岩浮かわすと、その後は、順位が入れ替わることはなく5位に尾野、6位に岩普A7位に阿部と続いた。以下、8位に徳留、9位に井手、10位に豊島という結果となった。

 
表彰台
 
決勝レース2/優勝 #634 名越 哲平 MuSASHi RT HARC-PRO
「金曜日からドライには自信がありました。レインになったレース1は反省点も多く、そこで見つけたものもありました。雨がいつ降ってくるのかわからないので早めにプッシュして後続を引き離していつ赤旗が出てもいいように持っていきたかったのですが、なかなかペースを上げられず苦しい展開でした。自分自身を落ち着かせて、この雨だったら大丈夫、と確信してからはペースを戻して優勝することができました。冷静にレース運びができたことがよかったと思います。今はうれしい気持ちとホッとした気持ちが入り交じっています。Moto2のスポット参戦で学んだ事はたくさんありますがまだ自分の中で消化できていない部分が多々あります。レース1もそれを現していると思います。もっと多くのことを吸収して後半戦で成果を出せるように努力したいと思います」
 
決勝レース2/2位 #4 作本 輝介 Team 高武 RSC
「スタートはよくなかったのですが周回を重ねるごとに順位を上げてトップに立つことはできました。しかし、そこからペースを上げることができませんでした。抜き返されてからは逆に差を広げられてしまい悔しいレースでした。ボクはそれほど雨は気になりませんでしたし、他人のペースに合わせて走るようなことはしたくなかったので行ける時は前に出てレースを引っ張るような展開をしたかったのですが…。引き離されてしまいとても悔しいです」
 
決勝レース2/3位 #71 榎戸 育寛 SDG Mistresa RT HARC-PRO.
「スタートに失敗してしまい順位を落としてしまったのですが落ち着いて追い上げて行きました。しかし、思ったよりペースを上げることができず、レース後半になってもそれが響いてしまい勝つことができませんでした。悔しいレース結果です。次戦は負けないように頑張ります」
 
スタート
スタート
 
トップ争い
トップ争い
 
真っ先にチェッカーを受ける名越哲平
真っ先にチェッカーを受ける名越哲平
 
優勝した名越哲平
優勝した名越哲平
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita(c)
| Top |