レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO

| エントリーリスト | 公式予選結果[Race1] | 公式予選結果[Race2] |
| 決勝レース[Race1] | ラップチャート | 決勝レース1レポート |
| ウォームアップ |決勝レース[Race2] | ラップチャート | ランキング | 決勝レース2レポート |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
決勝レポート
開催日:2019-5/26

<イベント概要>
●開催概要:
5月26日(日) 決勝レース
天候:晴 コース:ドライ 気温:32度

5月25日(土) 公式予選・決勝レース
天候:晴 コース:ドライ 気温:25度

●会場:宮城県 SUGOインターナショナルレーシングコース(1周3,737.5m)
●観客:土曜日:2,700人 日曜日:5,050人

 
高橋巧がポールtoウインでレース2を制し4連勝!

 日曜日も全国的に快晴となり、5月らしからぬ暑さに見舞われた日本列島。スポーツランドSUGOも例外ではなく、湿度は低いものの、厳しい日差しが降り注ぎ、路面温度は53度まで上がった。

 レース2もレース1と同じく25周で争われた。ポールポジションスタートの高橋巧が好スタートを見せ、渡辺一馬、岩戸亮介、水野涼、野左根航汰、中須賀克行、渡辺一樹、加賀山就臣、前田恵助、秋吉耕佑、羽田太河、関口太郎、生形秀之と続いて行く。加賀山は、ジャンプスタートをしてしまい、ライドスルーのペナルティを受けることになってしまう。

 トップを行く高橋は、またもオープニングラップから一気にペースを上げ、2周目に、このレースのファステストラップとなる1分26秒657をマーク! 1分26秒台で周回し、一気に2番手以下を引き離して行く。一方、高橋を追いたい中須賀だったが、スタートで出遅れてしまったため、なかなか前に出ることができない。それでも2周目に岩戸と渡辺一馬をかわし4番手に上がると3周目には、チームメイトの野左根にかわされるものの、2台でペースを上げ、4周目には、野左根が2番手、中須賀が3番手に上がっていた。このヤマハの2台に水野が食らいついて行き3台がセカンドグループを形成。その後方では、渡辺一馬、岩戸、渡辺一樹、前田と続いていたが、7周目に渡辺一樹が岩戸をかわし6番手に浮上すると、しばらく順位の変動はなく周回をかさねて行く。

 トップを走る高橋は、路面温度の上昇により、レース1ほど速く走ることができずにいた。レース中盤からは1分27秒台にペースが落ちてしまう。一方、ヤマハの2台も1分27秒台だったが、徐々に高橋を上回るタイムにペースアップ。19周目の1コーナーで中須賀が野左根をかわすと、さらにペースを上げ、22周目に1分26秒台に突入。23周目には自身のベストタイムとなる1分26秒799をマークし、ゼッケン1のプライドをかけて高橋にプレッシャーをかけて行く。この中須賀の接近を知った高橋も必死にペースアップ。24周目に再び1分26秒台に入れ、中須賀の追撃を振り切った高橋が、そのままゴール。ポールtoウインで見事4連勝を飾った。中須賀は、3秒340差の2位、3位に野左根とレース1と同じ結果となった。

 4位争いもし烈だった。レース終盤にペースの落ちた水野に渡辺一馬と渡辺一樹が追いつき三つ巴のバトルになると、22周目に渡辺一馬が水野をかわし4番手に上がるがラストラップの1コーナーで水野がインを突く。そのまま、ほぼ併走状態が続き、馬の背コーナーで前に出た水野が4位でゴール。渡辺一馬、渡辺一樹と僅差で続いた。7位に岩戸、8位に前田、9位に秋吉、10位に関口と続き、ペナルティを受けた加賀山は11位でチェッカー。以下、津田一磨、マーク・アチソン、生形、羽田、星野知也、今野由寛、柳川明、中冨伸一、須貝義行、清末尚樹と続いた。

 
表彰台
 
優勝/#13 高橋巧 Team HRC
『厳しいレースでした。レース2は、気温、路面温度が上がり、序盤に1分26秒台で周回できていなかったら勝つことはできなかったかもしれません。それほどレース終盤の中須賀選手のペースアップは、きつかったですし、ボクもペースアップせざるをえませんでした。何度も転倒しそうになりましたし、残りの周回数を見る余裕もないほどでした。厳しいレースでしたが、優勝を目指して走っていますし、こうやって記者会見場に来られたのはうれしいです。この調子を鈴鹿8耐、そしてシーズン後半戦につなげて行きたいですね 』
 
2位/#1 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『スタートで出遅れてしまい、順位を上げるのに時間がかかってしまった。本当は、スタートから高橋選手の後ろにつけて行きたかったのですが…。スタートがうまく行けば違う展開もあったかもしれません。野左根選手と一緒に追い上げて行き、差はありましたが、楽なレースはさせたくなかったので、リスクを承知でペースを上げてプレッシャをかけて行きました。結果は負けましたが、プレッシャーをかけることはできたと思います。シリーズ前半戦は、これで終わりですが、チームも頑張ってくれていますので、後半戦もHY戦争を、しっかりできるようにバイクを作っていきたいですね』
 
3位/#4 野左根航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『ひと言で言うと悔しいですね。レース1と比べても差がついてしまいましたから。スタートは、うまく決まらず、1、2コーナー場所取りもよくなく、水野選手と接触があったので、一度、冷静になろうと言い聞かせました。ボクも1分26秒台で周回したかったのですが、実際は、1分27秒台でした。すぐ後ろに中須賀選手がいるのは分かっていましたし、中盤までは、いいフィーリングで走っていました。中須賀選手にかわされた後に、力を振り絞って、シケインの進入で仕掛けましたが、止まりきれず、さらに離されてしまいました 』
 
レーススタート
レーススタート
 
スタート後のバトル

スタート後のバトル

 
最後のバトル
最後のバトル
 
優勝した高橋巧の走り
優勝した高橋巧の走り
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |