レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ

| エントリーリスト | 公式予選結果[Race1] | 公式予選結果[Race2] |
| 決勝レース[Race1] | ラップチャート | 決勝レース1レポート |
| ウォームアップ |決勝レース[Race2] | ラップチャート | ランキング | 決勝レース2レポート |

JSB1000

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI

決勝レース1レポート
開催日:2019-4/6
公式レポート(PDF) 2019Rd1TRM_Express.pdf
中須賀克行が高橋巧との一騎打ちを制し先勝!
予選では1分46秒台の驚異的なタイムでWポール

 今年もツインリンクもてぎで開幕戦を迎えた全日本ロードレース選手権。3月27日(水)から行われた公開テスト、そして木曜日から走り始めたレースウイークでセッションをリードしてきた中須賀克行と高橋巧が公式予選からガチンコ勝負を繰り広げた。

 45分間で行われた公式予選では、セッション前半で中須賀と高橋がランデブーでタイムアタック。お互いの調子を探り合いながらも2人とも1分47秒フラットまでタイムを詰めていた。一度ピットインし、リアタイヤを交換した中須賀は、うまくクリアラップを取り、何とただ一人1分46秒台に突入! 自身の持つコースレコードを大幅に塗り替える1分46秒878をマーク。レース2のグリッドを決めるセカンドタイムでもトップとなりダブルポールポジションを獲得した。一方、高橋も両レースとも2番手グリッドを確保し、2人が抜きん出ている存在となっていた。

 23周で争われたレース1。中須賀がポールポジションからホールショットを奪い、渡辺一樹、高橋、水野涼、加賀山就臣、秋吉耕佑、野左根航汰、渡辺一馬、津田拓也、津田一磨、岩戸亮介、前田恵助、羽田太河と続いていた。トップの中須賀は、高橋が渡辺一樹に引っかかっている間にリードを広げるべくペースを上げるが、予選のときより路面温度が上がっておりスタート時で41度となっていた。その影響からか、フィーリングが変わっており、思うようにペースを上げることができない。高橋は、そんな中須賀を見ながら"それほど離れていかないな"と思い、冷静に前にいる渡辺一樹を3周目の5コーナーでパスし2番手に上がると、その差を詰めて行く。健闘していた渡辺一樹は、徐々に遅れ、トップ争いは中須賀と高橋の一騎打ちとなって行く。後方では、出遅れていた野左根が水野をS字コーナー進入でパスし4番手に上がってくる。水野の後方には、渡辺一馬、秋吉が迫って来ていた。

 トップ争いは、中須賀のテールに高橋が迫り、3番手の渡辺一樹の背後には野左根が迫り、6周目のV字コーナーでインを突き前に出て行く。後方では渡辺一馬が水野をかわし5番手に浮上していた。

 マッチレースとなったトップ争いが動いたのは9周目だった。S字コーナーの進入でインを奪った高橋だが、中須賀も負けじと切り返しでかぶせていくが、コーナー立ち上がりで高橋が前に出て行きトップに浮上する。セカンドアンダーブリッジ過ぎの左高速コーナー進入で中須賀は、高橋をかわすが、クリッピングポイントから切り返しで高橋が前に出て行きトップでコントロールラインを通過するが、レース1では、高橋がトップでホームストレートを走るのは、このときが最初で最後だった。中須賀は、2コーナーで高橋のインから前に出るとレースをリード。高橋もピタリと中須賀のテールをマークし、最後のスパートに備えていた。そして、その予想通り中須賀はラストスパートをかける。高橋も呼応し、ペースを上げ、ファステストラップをマークするが、ラストラップに1分47秒台に入れた中須賀が、高橋に勝負するすきを与えずトップでゴール。2019年シーズン最初のレースを制した。高橋は悔しい2位だが、開幕前のトレーニング中にケガをした昨年に比べれば、事前テストからの流れは悪くない。レース2での巻き返しを誓っていた。

 3位には、単独走行となっていた野左根が入り、4位に渡辺一樹、5位に渡辺一馬、6位に水野、7位に秋吉、8位に加賀山、9位にザクワン・ザイディ、10位に岩戸亮介というトップ10となった。

 セカンドタイムで決まったレース2のグリッドだが、4列目まではレース1と全く同じメンバーとなっている。日曜日の天気予報は、やや気温が下がるもののドライコンディションでのレースとなりそうだ。やはりレース2も中須賀と高橋の戦いになるだろう。事前テストから野左根と一緒に走りペースアップを計っていた中須賀としては、高橋との間に野左根が入ってくれることが理想だ。野左根が、どこまで2人に迫ることができるか!? レース2もハイレベルな戦いになることは間違いない。

 
トップ3記者会見
レース1:優勝/レース2:ポールポジション #1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『レース1では、公式予選のときより路面温度と風向きが変わったからかグリップ感がなく1コーナーで止まれても、3コーナーでうまく止まることができずリズム作りづらい状況でした。その中で1分48秒台前半で走っていましたが、高橋選手が仕掛けてこなかったので、同じような状況なんだと思い、一度前に出られたのですが、すぐに抜き返してトップを走ることを選択しました。事前テストでは、高橋選手が驚異的なアベレージスピードで走っていたので、その時点では、コンマ3、4秒遅れていたので恐らく5秒遅れでゴールという状況でした。そこからチームも頑張ってくれたのでレースウイークでアベレージも上がってきました。接戦になると思っていたので、勝つことができてうれしいです 』
 
レース1:2位 #1 高橋 巧 Team HRC
『去年は、スタートで接触がありピットに戻らなければいけなかったので、それに比べれば今年はよかったのですが、スタートで前に出る予定だったのが、逆に3番手に下がってしまいリズムが崩れてしまいました。中須賀選手が言うようにコンディションは、午前中よりよくなかったですね。レース終盤は、中須賀選手が絶対にスパートをかけてくるので、それまで後ろについていようと思っていました。スパートには、反応できたのですが、マシン的にちょっとした問題があったので勝負をしかけられませんでした。レース2では、問題が解決できると思うので、もっとおもしろいレースをお見せできると思います』
 
レース1:3位 #4 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『中須賀選手、高橋選手が言うように公式予選からコンディションが変わってしまい、その影響を一番受けてしまいました。その辺は、まだ自分自身の実力が足りない部分だと思います。スタートで7番手くらいまでポジションを落としてしまい、1コーナーで挽回しました。その後、ペース的に例年より悪くなく、昨年の中須賀選手の優勝タイムより速かったと思いますが、トップ争いの2人は、もっともっと速いペースでした。レース2は、3人で走れるようにしたいですね 』
 
レーススタート
レーススタート
 
トップ争い
トップ争い
 
表彰台
表彰台/左から高橋巧、中須賀克行、野左根航汰
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
| Top |