レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

予選レポート
開催日:2019-4/6
WEATHER: Fine COURSE : Dry
Road Course 4.801379Km
公式レポート(PDF) 2019Rd1TRM_Express.pdf
安村武志、大逆転でクラス初ポールポジション!
「まだ勝てそうな気がする。その想いで決勝に臨む」

 快晴に恵まれたツインリンクもてぎ。全日本開幕戦に相応しい気候の中で、最初のJ-GP3クラスの公式予選が始まった。35分のセッション、当初は練習走行から好調の中山愛理、岡崎静夏、鈴木大空翔、安村武志らが2分02秒台で上位に付ける展開。その中で岡崎が02秒042をマークしてセッション序盤のトップに立つ。

 再び動きのあったのは終盤に入る頃、福嶋佑斗が02秒196をマークして2番手に浮上するが、中山も02秒119とこれを再び逆転、岡崎、中山、福嶋がトップ3でセッションは残り5分の最終盤に。中山が02秒028でトップに立つが、福嶋が遂に01秒892と01秒台に入れてトップを奪う。しかし、アタックを続ける中山がベストを更新し01秒台に突入。最終周に01秒871をマークして再びトップに浮上。そこへ安村が01秒788をマークしてトップに躍り出たのだった。

 
安村武志
ポールポジション:2'01.788/#18 安村武志/犬の乳酸菌.jp/プリミティブRT
『セッションの最終ラップに裏ストレートで他車のスリップに付く事ができて、ラッキーにもこのタイムが出せました。GP3では初ポールなので、チームやスポンサー、その他の大勢の皆さんに感謝しかありません。
決勝レースは20周と長丁場なので、出来れば先行逃げ切りといきたいところですが、そこまでの余力は(自分には)なさそうなので…。自分の中でまだまだ"勝てる"と思っているから、この歳(48)でもまだ続けています。だから今回のポールポジションはとてもうれしいし、決勝レースでは、とにかく全力を尽くします!! 』
 
安村武志
安村武志
 
TXT: Superbike.jp/Photo : T.Sato & H.Wakita(c)
| Top |