レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2019-4/7
<イベント概要>

■2019年MFJ全日本ロードレース選手権第1戦
SUPERBIKE RACE in MOTEGI

●開催概要:
4月7日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:19.9度 湿度:43%

4月6日(土) 公式予選・決勝レース(JSB1000決勝レース1・JP250)
天候:晴れ コース:ドライ
気温:18.9度 湿度:10%
※両日ともに宇都宮気象台 15:00発表

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:6,900人 日曜日:6,900人

 
長谷川聖が独走で全日本初優勝!
中山愛理が2位、鈴木大空翔が3位に入り初表彰台を獲得!!

 桜も満開となる絶好のレース観戦日和の中、この日最初の決勝としてJ-GP3クラスのレースが開催された。

 20周で争われた決勝。ホールショットは安村武志が奪い、4番手グリッドの岡崎静夏、5番グリッドの長谷川聖が抜群のスタートを決めて1コーナーに2番手、3番手で進入する。3コーナーで長谷川が岡崎をパスして2番手に、さらに5コーナー進入で安村のインを突いてトップに浮上する。ダウンヒルストレートでスリップストリームから抜け出した安村が前に出て行くが、90度コーナー進入で長谷川が抜き返す。その後方では、同じく90度コーナーで予選3番手の福嶋佑斗が成田彬人の転倒に巻き込まれる形でリタイアとなってしまう。オープニングラップは長谷川が制し、以下、岡崎、安村、中山愛理、鈴木大空翔、五十嵐翔希、藤井謙汰、高杉奈緒子、藤田哲弥、村瀬健琉の上位10台。高杉は2周目の90度コーナーで転倒を喫してしまう。
 2周目、長谷川、岡崎、安村、鈴木、中山、五十嵐の6台がトップグループを形成していたが、長谷川が逃げ始め、岡崎に1.409秒の差をつける。4周目にはファステストラップの2分01秒913をたたき出すと、7周目にはセカンドグループに3秒800の差をつけて独走態勢を築く。

 後方では、5周目のS字コーナーでセカンドグループにいた五十嵐が転倒、戦線離脱を余儀なくされる。鈴木、岡崎、安村、中山に絞られた2番手争いはコンマ5秒の中にひしめく超接近戦が繰り広げられた。ストレートでは4ワイドに広がってコーナー進入を狙い、隙あらばインを突き、コーナーごとに順位が変わるJ-GP3クラスならではのバトルを展開する。

 その10秒以上後方でも激しい6番手争いをする集団があった。藤井、藤田、村瀬、Senna Agius、岡田義治、細谷翼による6台が順位を入れ替えながらバトルを展開する。
 トップを快走する長谷川は2分02秒台で周回するのに対し、セカンドグループは2分03秒中盤のラップタイム。その差は開き、残り3周の時点で11秒118にまで広がっていた。長谷川は、独走のまま、真っ先にチェッカーフラッグを受け、全日本ロードレース初優勝を飾る。

 2位争いは、18周目のダウンヒルストレートで岡崎が集団の先頭に立ち最終コーナーを立ち上がるがホームストレートで鈴木が抜き返し、ここで安村がやや遅れをとってしまう。19周目のダウンヒルストレートで中山が岡崎をかわして2番手浮上、鈴木、中山、岡崎、安村の順でファイナルラップを迎える。3コーナーで中山が先頭に立つとそのまま2位でチェッカーを受ける。中山は全日本ロードレース初表彰台を獲得。鈴木は100分の4秒届かず3位となったが、こちらも初表彰台。岡崎も自己最高位の4位となったが表彰台を逃し悔し涙。5位に安村が入り、激しい6位争いを制したのはSenna Aguis、7位細谷、8位藤田、9位藤井、10位村瀬の上位10台であった。

 
GP3表彰台
 
優勝/#36 長谷川 聖 CLUB Y's(写真中)
『応援してくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいでし。まず両親によろこびを伝えたいです。昨年ランキング上位の選手が他のクラスへ移行したので自分が今シーズンのランキングトップの位置にいて、走らずして注目されていることにプレッシャーを感じていました。レースウイークはトラブルが多くて、昨日の予選も1周しか走れず大丈夫かな、と不安がありましたが、チームが修復してくれて決勝日朝のウォームアップ走行ではトラブルが解消しました。これで"行くしかない!"と思ってレースに臨みました。スタートからトップに立って引き離せたらいいな、と思っていたら少しずつ離れていったので、そこからはペースを崩さずに走ることを心がけてチェッカーを受けることができました。次戦SUGOはもちろん優勝を目指しますが、自分の目標はシリーズチャンピオン獲得なのでこぼさずポイントを稼いで、安定して表彰台に登れたらいいな、と思っています』
 
2位/#14 中山 愛理 TEAM SHOTA(写真左)
『今回は事前テストからウイークにかけてトップタイムをマークすることができてマシン的にも人間的にも調子がいいと思っていました。ただ、自分はプレッシャーに弱くバトルも苦手なので、本当は長谷川選手のように序盤からトップに立って逃げる作戦を取りたかったのですが、実際は2位集団の中に入ってしまい、そこから抜け出せず集団の後方からずっと様子を見ていました。なんとか最終ラップの3コーナーで前に出ることができて集団のトップでゴールできたことはすごくよかったなと思います。次戦も転倒しないように頑張ります。年末のMFJアワード(ランキング表彰式)に出席したいので全戦表彰台に登れるように頑張ります』
 
3位/#11 鈴木 大空翔 BATTLE FACTORY(写真右)
『事前テストからトップ6の中に入れました。レースは最終ラップで中山選手に抜かれたのがとても悔しいですが、開幕戦で表彰台に乗れましたのでこの勢いで次戦以降も頑張っていきたいです。チーム関係者のみなさまに感謝の気持ちを伝えたいです。SUGOは苦手なコースなので、テストからキチンと組み立ててしっかりとトップ争いができるように頑張ります』
 
レーススタート

レーススタート

 
トップでリードする#36長谷川 聖
トップでリードする#36長谷川聖
 
2番手争い
2番手争い(#11鈴木大空翔、#13岡崎静夏、#14 中山愛理、#18安村武志)
 
長谷川 聖
長谷川聖
 
長谷川 聖
長谷川聖
 
藤田哲弥
特別枠参加で最上位、8位と健闘した藤田哲弥
 
J-GP3クラス年間出場ライダー
J-GP3クラス年間出場ライダー
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |