レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

予選レポート
開催日:2019-4/6
WEATHER: Fine COURSE : Dry
Road Course 4.801379Km
公式レポート(PDF) 2019Rd1TRM_Express.pdf

名越哲平が2度目のポールポジション獲得!!
「チャンピオンは絶対条件。勝てるチャンスは必ず活かす!」

 今シーズンが最後のシリーズということもあり、今回のエントリーが9台となったJ-GP2クラス。 35分のセッションで1分53秒850で序盤からトップに立ったのは名越哲平。尾野弘樹が54秒048で続き、練習走行でタイムを出していた2台がここでも競り合う形に。3番手には54秒204で作本輝介。
セッションの後半に名越は53秒261までタイムを更新し、そのまま昨年開幕戦以来の2度目となるポールポジションを決めた。尾野も53秒670にタイムアップ、53秒台はこの2名のみ。3番手には岩崎哲朗が終盤に54秒176をマークし、作本を逆転してポジションを上げた。1'54.247で小谷咲斗、1'54.545で榎戸育寛が続く。

 目標の52秒台には届かなかったが、決勝に向けては、テストから非常に良い感触があるという名越。集中力を切らさず、勝ちにこだわりたいという、その走りとライバルたちとのレース展開に期待しよう。

 
名越哲平
ポールポジション : 1'53.261/#634 名越 哲平/MuSASHi RT HARC-PRO.

『目標としては52秒台だったんですけど、チームと色々調整を進めて行って、ウィーク2日間の練習走行でも良い感触はありました。だから、まずは今この場所にいられることにホッとしています。去年の雨の開幕戦では、ポールポジションを獲れているんですね。でも自分のミスで結局リタイアに終わってしまっているので、大切なのは決勝レースだということだと、自分を落ち着かせながら、レースをきっちりと優勝できるように取り組みます。22周と長いですが、自分自身の集中力を切らさずに走りができれば、優勝は見えて来ると思っています 』

 
名越哲平
名越哲平
 
TXT: Superbike.jp/Photo : H.Wakita(c)
| Top |