レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2019-4/7
<イベント概要>

■2019年MFJ全日本ロードレース選手権第1戦
SUPERBIKE RACE in MOTEGI

●開催概要:
4月7日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:19.9度 湿度:43%

4月6日(土) 公式予選・決勝レース(JSB1000決勝レース1・JP250)
天候:晴れ コース:ドライ
気温:18.9度 湿度:10%
※両日ともに宇都宮気象台 15:00発表

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:6,900人 日曜日:6,900人

 
名越哲平が独走で開幕戦を制す!

 2019年が最後のシーズンとなるJ-GP2クラス。阿部恵斗がケガのため欠場、9台で22周の決勝レースが行われた。

 ポールポジションの名越哲平はフロントを浮かせてしまい一瞬遅れる。2番グリッドの尾野弘樹がホールショットを奪い1コーナーに進入するが僅かにアウトに膨らむ。その隙を突いてトップに立ったのが岩蕪N朗だった。さらに3コーナー進入で4台のマシンが交錯する。アウト側の岩浮フインを突く名越、その背後で作本輝介と尾野が接触しながら名越のさらにインに切れ込んでくる。先頭に立ったのは作本。しかしラインが膨らみそのインから名越がトップに立つ。名越、作本、岩普A尾野の順に5コーナーに進入する。

 名越はトップに立つと後続との差を引き離しにかかり、オープニングラップで早くも0.503秒の差をつける。2番手に作本が続き以下、岩普A尾野、小谷咲斗、徳留真紀、榎戸育寛、井手翔太、豊島怜のオーダー。
 逃げる名越に追う作本、尾野、岩浮フ4台がトップグループを形成するが、岩浮ェ遅れ始めトップグループは3台となる。名越は6周目に1分53秒台に入れ、10周目にはファステストラップとなる1分53秒555を刻み2番手以下を引き離し独走態勢を築いて行く。作本、尾野も等間隔での単独走行となる。

 後方では小谷と榎戸が5番手争いを展開、6周目のヘアピンで榎戸が小谷をパスして5番手に浮上すると岩浮フ背後に迫って行く。10周目には岩普A榎戸、小谷の3台が1パックで4番手争いを展開、11周目の90度コーナーで榎戸が岩浮パスして4番手に浮上する。しかし岩浮燒ルっていない。榎戸の背後につけて接近戦を展開。18周目の130Rで榎戸をパスするもS字コーナーで抜き返されるが、その先のV字で再度榎戸をパス、4番手に浮上する。

 名越は、ただ一人1分53秒台を連発して15周目には4秒135、19周目には6秒729の差をつけてそのままトップチェッカー。昨年の最終戦に続いて連勝を飾った。2位に作本、3位に尾野。4位争いは岩浮ェ制し、5位に榎戸、6位小谷、7位徳留、8位豊島、9位井手の結果となった。

 

表彰台
 
優勝/#634 名越 哲平 MuSASHi RT HARC-PRO.(写真中)
『予選からイメージしていた"独走で勝つ"ということに対してチームと綿密に検討した結果がこの優勝だと思います。朝のフリー走行では気温が上がらずペースが上げられませんでしたが、タイヤの選択など決勝レースを見据えて様々なシチュエーションを想定してチームと話し合いました。去年のもてぎではポールポジションを獲得したにも拘わらず自分のミスをきっかけに歯車が合わなくなってしまいましたので、朝のフリー走行から集中力して、最後の最後まで集中力を切らさず決勝レース22ラップを走り切れたことが良かったと思います。
今回ポール・トゥ・ウィンでしたが内容が完璧だったかと言えばそうでもなかったので、次戦SUGO以降も気を引き締めてタイムもレース内容もこだわりながらこの席に座っていられるように努力し続けます 』
 
2位/#4 作本輝介 Team 熾 RSC(写真左)
『このレースウィークで抱えていた問題が上手く決まらず、レース序盤から何とかついていきたかったのですが、周回を重ねるごとに症状が悪化してしまい、ペースを上げられず離されてしまったことが残念です。
今回出てきた問題を次戦SUGOまでには改善して、一発のタイムもアベレージタイムも納得のいく走りができるように頑張ります』
 
3位/#392 尾野 弘樹 ミクニ テリー&カリー(写真右)
『先ずは全日本ロードレースに戻ってきて初の表彰台に登れたことは嬉しく思います。3位で悔しくはありますが昨年のもてぎでは転倒してしまっているので、シリーズポイントを考えれば良かったと思います。トップの名越選手を追いかけたかったのですがレースウィーク中に出たトラブルを抱えながらの走行となってしまいました。追いかけるところまで持って行けず走り切ってのこの順位を獲得できたのは今週頑張ってくれたチームのおかげだと大変嬉しく思っています。
今年に入ってから、マシンも自分自身の状態も良いですので、次戦SUGOでは表彰台の真ん中に立てるように頑張ります』
 
レーススタート
レーススタート
 
トップ争い
トップ争い(#634 名越哲平、#4作本輝介、後方#392尾野弘樹)
 
名越哲平
名越哲平
 
名越哲平
名越哲平
 
J-GP2クラス年間出場ライダー
J-GP2クラス年間出場ライダー
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |