レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 TSUKUBA|
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 OKAYAMA | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第1戦もてぎ


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2019 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2019-4/7
<イベント概要>

■2019年MFJ全日本ロードレース選手権第1戦
SUPERBIKE RACE in MOTEGI

●開催概要:
4月7日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:19.9度 湿度:43%

4月6日(土) 公式予選・決勝レース(JSB1000決勝レース1・JP250)
天候:晴れ コース:ドライ
気温:18.9度 湿度:10%
※両日ともに宇都宮気象台 15:00発表

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:6,900人 日曜日:6,900人

岡本裕生が長尾健吾を抑えトップでゴール!

 昨年、最終戦までタイトル争いを繰り広げた岡本裕生と小山知良が今シーズンも参戦。他のクラスからのスイッチ、地方選手権からの昇格組など再び激戦区となるST600クラス。ゼッケン1をつける岡本は、今シーズンイタリア選手権とダブルエントリー。ちょうど前週に開幕戦があり、今回の全日本開幕戦と連戦となっていた。公開テストには、参加できず、ぶっつけのレースウイークとなっていたが、予選ではポールポジションを獲得。一方、小山は、レースウイークに入ってからマシントラブル続きで思うように走れずにいた。

 ホールショットを奪ったのは、セカンドグリッドからスタートした長尾健吾。岡本、小山、南本宗一郎、國峰啄磨、長尾健史、奥田教介、菅原陸と続いて行き、3コーナーでは、岡本が長尾のインを突きトップに浮上する。5コーナーでは、小山のインに南本が入り3番手にポジションアップ。90度コーナーのブレーキングでは、長尾が岡本をかわしトップに上がり、オープニングラップを制す。2周目の3コーナーでトップを奪い返した岡本は、そのままレースをリード。長尾、南本、小山、國峰が続くが、南本以下は、遅れ始め、トップ争いは、岡本と長尾の一騎打ちとなる。南本と小山は、3番手争いを、國峰と奥田と菅原が5番手争いを展開していた。

 岡本は、レース終盤にスパート。長尾に付け入るすきを与えずに、そのままトップでチェッカー。ディフェンディングチャンピオンとしての強さを見せ表彰台の中央に上がった。長尾は、シーズンを考えれば納得の2位。3位争いは、南本が制し、全日本初表彰台を獲得した。小山が4位、國峰が5位、奥田が6位、荒川晃大が7位、田所隼が8位となった。5番手を走っていながら14周目のビクトリーコーナーでギア抜けをしてしまいコースアウトした菅原が9位でゴールしている。

 
表彰台
 
優勝/#1 岡本裕生 51ガレージニトロレーシング(写真中央)
『レースウイークを通して、いい流れで来ていましたが、予選で転倒し、その流れが崩れかけていましたが、決勝日朝のウォームアップ走行でニュータイヤを入れて確認し"レースは絶対にいける!"と自信がつきました。前週に参戦したイタリア選手権では、レース1で4位、レース2で6位と表彰台には届きませんでしたが、いろいろ学ぶことができました。水曜日に帰国し、木曜日から走るスケジュールは初めての経験で体調を崩しかけましたが、この忙しさがありがたいですね。一度、乗れない状況に追い込まれたことがあるので、レースだけに集中して人生を歩むことができているのは、宗和監督を始めチームに感謝という言葉しかありません。次戦は、得意なSUGOなので、コースレコード、独走で勝てるようにしたいですね』
 
2位/#50 長尾健吾 NCXXRACING&善光会 TEAMけんけん(写真左)
『昨年は、悔しいレースもあったので、公開テストから新型R6に乗り換えてマシン作りを行いながら、勝を見据えてユーズドタイヤで周回を重ねて来ていましたが、どこまで仕上がっているか分かりませんでした。予選で初めてニュータイヤを履いてタイムが出たので決勝は狙って行けると思っていましたが、決勝朝のウォームアップ走行でミッションが入りにくいトラブルがありましたが、メカがしっかり治してくました。レースは、岡本選手が引っ張る展開になりましたが、自分で引っ張りたかったですね。レース終盤は落ち着いて、後ろから観察しながらスパートに備えていましたがミスをしてしまい仕掛けることができませんでした。欲をいえば、勝ちたかったですが、シーズンを考えれば2位も悪くないので、次戦、また勝ちを狙っていきます』
 
3位/#6 南本宗一郎 AKENO SPEED・YAMAHA(写真右)
『全日本初表彰台なので素直にうれしいですが、トップ2台に逃げられてしまったことは、正直悔しかったですね。今までは、予選がよくても、決勝で下がってしまうことが多かったので、オープニングラップから全力で走る練習をしつつ、ロングランもしてきました。レースでは、想定タイムで走ることができたのですが、2人は、さらに上を行くアベレージでした。レースを戦ったことで課題が見えて来たので、次戦のSUGOは、岡本選手速いですが、僕もSUGOが得意なので、最終ラップまでトップ争いをしたいですね』
 
レーススタート
レーススタート
 
トップ争い
トップ争い(#1岡本裕生、#50長尾健吾)
 
3位争いの#6南本宗一郎と#230小山知良
3位争いの#6南本宗一郎と#230小山知良
 
岡本の走り
最後のスパートで一気に長尾を突き放した岡本の走り
 
岡本のシャンパンファイト
速さと強さを見せた岡本のシャンパンファイト
 
ST600クラス年間出場ライダー
ST600クラス年間出場ライダー
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
| Top |