レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

全日本ロードレース選手権第5戦筑波


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

2018 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

決勝Race2レポート
開催日:2018-7/1
天候:晴 コース:ドライ
●観客:土曜日:3,000人 日曜日:6,000人
 
岡本裕生が今季2勝目をマーク!

 ST600クラスは、レース1とは、また違う展開となった。レース1を制した長尾健吾がホールショットを奪い、岡本裕生、小山知良、上和田拓海、亀井雄大、國峰啄磨、杉山優輝、奥田教介と続いて行く。まずは、長尾がレース1と同じくレースをリードし、岡本、小山、上和田、國峰がトップグループを形成。4周目の1コーナーでは、岡本が長尾をかわしトップに浮上。6周目にファステストラップを出しレースをリードして行く。岡本を追いたい小山だったが、長尾をなかなか、かわすことができないでいた。ようやく7周目の1コーナーで長尾をかわすと岡本を追って行く。しかし、厳しい暑さの中でのレースは、タイヤにも厳しい状況だった。レース1を制した長尾だったが、その後も國峰、上和田と立て続けにパスされてしまい5番手に後退する。

 レースも折り返しとなるころトップ岡本を追っていた小山が第1ヘアピン立ち上がりでハイサイドとなり、あわや転倒という場面があったが、何とか持ち直す。しかし、岡本と差がついてしまい、ここで小山は、2位をキープしながらプレッシャーをかけて行く。3番手にはSUGOでのケガが癒えていない國峰が上がり、チームメイトの小山に必死について行く。やや間隔を空けて、今回がロードレース卒業レースとなる上和田が4番手につけていた。

 トップを走る岡本は、背後に迫る小山を振り切りチェッカー。今シーズン2勝目を挙げ、単独ランキングトップに躍り出てシーズン前半戦を終えた。小山は、レース1と同じく2位。チャンピオンシップを考え、転倒だけは、絶対に避けた結果だと言う。3位に健闘した國峰が入り、上和田は、4位でチェッカーフラッグを受けた。以下、長尾、亀井、奥田と単独走行で続き、8位争いを南本宗一郎が制している。

 
ST600表彰台
 
優勝 #51  岡本 裕生 51レージチームイワキ
「レース1とほぼ路面温度は変わりませんでしたし、マシンもいじっていない状態でレース2に臨みました。レース1の経験からリアタイヤが厳しくなるのは、分かっていましたが、レースを折り返した辺りからは、その状態が顕著に出ていました。後ろから小山選手が来ていましたし、とにかくミスのないように集中して走り切ることができてよかったです。序盤から逃げ切ることだけを考えて、実際に走り切って勝てたことは、経験値が上がったと言うか、レーシングライダーとして成長できたと思います」
 
2位 #230 小山 知良 日本郵便 HondaDream
「レース1より、ちょっと気温が高かったと思います。実際に走ってみたら、フィーリングもよかったのですが、レース2のグリッドがセカンドタイムということを把握していなかったため、予選5番手だったことが誤算でした。スタートで前に出られれば、よかったのですが前の選手を抜くのにタイヤを使ってしまったことが痛かったですね。それでもあきらめずに追っていましたが、第1ヘアピンでバイクから落ちかけるほどのハイサイドになってしまい、そこからは、チャンピオンシップを考えて走りました」
 
3位 #55  國峰 啄磨 日本郵便 HondaDream
「前戦SUGOの決勝で転倒したときに手をケガしてしまい、事前テストは走れませんでしたし、レースウイーク初日もほとんど走れませんでした。そんな難しい状況でしたが、レース1では、レース終盤に痛みが出て来ましたが、5位でゴールできました。その経験があり、レースで、どれくらい手が痛むか、マシンの状況も分かりました。朝のウォームアップ走行では、トップタイムを出せましたが、レースで勝てるとは思っていませんでしたので、今の身体で3位になることができたのは、よかったと思います」
 
トップ争い
トップ争い
 
優勝した岡本 裕生の走り
優勝した岡本 裕生の走り
 
優勝した岡本 裕生
優勝した岡本 裕生
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
| Top |