レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO

| エントリーリスト | 公式予選結果[Race1] | 公式予選結果[Race2] |
| 決勝レース[Race1] | ラップチャート | 決勝レース1レポート |
| ウォームアップ |決勝レース[Race2] | ラップチャート | ランキング | 決勝レース2レポート |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
決勝レポート
開催日:2018-6/17
<イベント概要>
●開催概要:
6月17日(日) 決勝レース
天候:曇 コース:ドライ
気温:19.0度(14時現在)

6月16日(土) 公式予選
天候:曇/霧 コース:ウェット〜ドライ
気温:16.5度(17時現在)

●会場:宮城県 SUGOインターナショナルレーシングコース(1周3,737.5m)
●観客:土曜日:2,400人 日曜日:4,500人

 
中須賀克行が高橋巧との一騎打ちに勝利!

 梅雨の真っ直中の開催となったシリーズ第4戦SUGO。レースウイーク初日こそ雨模様となったが、土曜日は曇り、日曜日は、時折晴れ間がのぞいたが、曇り空から霧雨が落ちてくるときもあった。3日間に共通しているのが、6月とは思えないほどの寒さ。2週間前の事前テストに比べ、コンディションの違いに翻弄される選手もいたが、トップ3のメンバーは、2日間とも同じ顔ぶれとなった。

 公式予選のセカンドタイムで決まったレース2のグリッド。好スタートを見せたのは、サードグリッドの高橋巧。ホールショットを奪い、高橋裕紀、津田拓也、渡辺一馬、中須賀克行、加賀山就臣、清成龍一、水野涼、渡辺一樹、野左根航汰と続いて行く。トップに立った高橋巧は、オープニングラップからペースを上げ、その隊列は、一気に長くなって行く。高橋巧のテールには、高橋裕紀、そして、そのテールには、中須賀が続きコントロールラインに戻ってくる。中須賀は、高橋巧を逃すまいと、2周目の1コーナーで高橋裕紀をかわし2番手に上がると高橋巧に迫って行く。高橋裕紀は、この2人のペースについて行くことができず単独3番手に。その後方からは、津田拓也、渡辺一馬、加賀山、清成、野左根、星野知也、水野と続いていた。

 高橋巧をピタリとマークする中須賀は、パッシングポイントを探りながら様子を伺っていたが、6周目の110Rからシケインへのブレーキングで高橋巧をかわしトップに浮上。そこからペースを上げ、逃げて行くかと思われたが、高橋巧も負けずに中須賀のテールに食らいついて行く。その後方からは、レース1で3位に入っている野左根が、周回毎にポジションを上げ、7周目には、3番手に浮上。トップ争いと変わらぬペースで単独走行となって行く。

 一騎打ちのトップ争いを繰り広げる中須賀と高橋巧。何とかブレーキングで前に出たい高橋巧だったが、17周目の1コーナーでオーバーラン。中須賀とのギャップを自ら作ってしまう。これで勝負あったかと思われたが、高橋巧は、ジリジリとその差を詰め、再びテールtoノーズとなって行く。そして残り3周を切った23周目。バックストレートで中須賀に並び前に出た高橋巧だったが、馬の背コーナーで止まりきれず再びコースアウト。1コーナーでは、アスファルトにとどまっていたが、馬の背コーナーでは、グラベルまで出てしまい両者のギャップは一気に広がってしまい勝負あり。中須賀が、トップでゴールしSUGOラウンドをダブルウインで終えた。高橋巧は、6秒833差の2位でゴール。3位に野左根と続いた。以下、津田、渡辺一樹、高橋裕紀、渡辺一馬、水野、清成、秋吉耕佑と続くトップ10となった。

 
表彰台
 
優勝/#21 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『非常に苦しいレース展開でした。高橋巧選手のスタートからのペースの上げ方を見ていて、すごく速かったので、なかなか前に出ることができなかったのですが、なるべく序盤に前に出ようと思いシケインで勝負しました。結果的にここで抜いたことが功を奏したと思いますが、最後までもつれると思っていました。レース2も集中して、勝負どころは、しっかり抑えて走ることを心掛けました。バックストレートで高橋巧選手が抜きに来たときは、とても止まることができないスピードでしたから。何とか勝つことができてよかったです。次もいい勝負ができるように、バイクをまとめて臨みたいです』
 
2位/#1 高橋巧 Team HRC
『中須賀選手の後ろにつきながら、自分の速いところと遅いところを確認していましたが、ブレーキング勝負で抜くしかなかったです。中須賀選手もすきのない走りをしていたので、どこで抜けばいいんだと考えながら走っていました。ストレートは、こっちの方が走っていたので、バックストレートエンドで止まることができれば前に出られると思い勝負したのですが、まだまだ足りない部分がありました。事前テスト、そしてレース1から見てもレース2では、前進できたと思いますし、さらに進んできたいと思っています』
 
3位/#5 野左根航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『予選グリッドが後ろだったのが今回も響きました。スタートは、悪くはなかったのですが、1コーナーでの自分の居場所をうまく作ることができず、レース1と同じようなレース展開になってしまい、トップ争いの2人に全く近づくことができませんでした。ただ、ペース的には、タイヤが消耗してからは、落ちてしまいましたが、それまでは、トップ争いとほぼ同じで走ることができました。今回は、今の自分の実力を100%発揮できたと思います。次戦は、2カ月後になりますが、しっかり勝負できるように備えます』
 
レーススタート
レーススタート
 
#21中須賀克行と#1高橋巧のトップ争い

#21中須賀克行と#1高橋巧のトップ争い

 
追い上げで3位に入った野左根航太
追い上げで3位に入った野左根航太
 
優勝した中須賀克行と吉川和多留監督
優勝した中須賀克行と吉川和多留監督
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |