レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 MOTEGI | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 AUTOPOLIS 2&4 | Rd4 SUGO | Rd5 TSUKUBA |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in SUGO

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2018年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUPERBIKERACE in SUGO
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)
決勝レポート
開催日:2018-6/17
<イベント概要>
●開催概要:
6月17日(日) 決勝レース
天候:曇 コース:ドライ
気温:19.0度(14時現在)

6月16日(土) 公式予選
天候:曇/霧 コース:ウェット〜ドライ
気温:16.5度(17時現在)

●会場:宮城県 SUGOインターナショナルレーシングコース(1周3,737.5m)
●観客:土曜日:2,400人 日曜日:4,500人

 
岩戸亮介が力強い走りで念願のJ-GP2初優勝!

 波乱のオープニングとなったJ-GP2クラス。ポールポジションから見事なスタートダッシュを見せた岩戸亮介がホールショットを奪うと一気に2番手以下を引き離して行く。関口太郎、名越哲平、作本輝介、尾野弘樹、石塚健、大木崇行、和田留佳、伊達悠太、伊藤勇樹、井手翔太、三原壮紫、榎戸育寛と続くが、3コーナーで石塚が転倒。これを避けるために和田もコースアウトするアクシデントが発生。直後の馬の背コーナーで井手とケミン・クボが転倒してしまう。波乱のオープニングラップを圧倒的な速さで岩戸が制し、2番手の名越には、早くも1秒以上のギャップを築いていた。このまま岩戸のワンサイドレースになると思われたが、3周目のS字コーナーで尾野が転倒。マシンがS字コーナー立ち上がり方面にすべっていき、ここに運悪く居合わせてしまった大木が乗り上げてしまい転倒。このアクシデントで赤旗が提示される。

 仕切り直しとなったレースは、13周に短縮されて行われた。石塚、大木、井手、尾野のグリッドは、空席のまま2度目のスタートが切られる。再び岩戸が好スタートを見せると、オープニングラップから積極的にペースを上げて行く。これに関口、作本、名越、榎戸、伊藤、伊達、ケミンと続くが、3コーナーでケミンが転倒し戦列を離れてしまう。オープニングラップは、岩戸が制し、2番手にチームメイトであり、開幕戦のウイナーである作本がホームストレートで関口をかわして上がってくる。事前テストから調子がよく、SUGOを得意としている岩戸は、堂々とした走りでレースをリード。4周目には、コースレコードを大幅に更新する1分29秒996をマークする。これに負けてはいられないと追う作本も、6周目に、このレースのファステストラップであり、ニューレコードとなる1分29秒923をマークし、岩戸との差をジリジリと詰めて行く。3番手の関口も1分29秒台に入れ、3台が等間隔で続いていた。岩戸との差を詰めていた作本だったが、8周目のS字コーナーで痛恨の転倒。再スタートを試みたもののコースに戻ることはできず無念のリタイアとなってしまう。

 これでトップ独走となった岩戸は、うれしいJ-GP2クラス初優勝を飾る。2位に関口、3位に名越と続き表彰台に上がった。4台の争いとなった4位争いは、榎戸が制し、岩蕪N朗、伊藤、伊達と続いてゴールした。以下、三原、徳留真紀、和田、阿部恵斗、豊島怜の順でチェッカーフラッグを受けた。

 

表彰台
 
優勝/#4 岩戸亮介 Team 熾 RSC
『率直に、すごくうれしくて、これまでのうっぷんが晴れました。事前テストのときから自分のペースに自信があったので、スタートさえ決められれば、大丈夫だと思っていました。赤旗がありましたが、集中できて2回ともスタートを決められたのがよかったですし、スタートから3、4周は集中して、このインターバルでは、ミニバイクでスタートからペースを上げる練習をしていました。開幕戦のときみたいに集団にしたくなかったですし、理想は独走で勝つことだったので、今回は、そのスタイルで行こうと思っていました。今回は、自分のレース人生の中で、初めて思い通りのレースができました』
 
2位/#44 関口 太郎 SOX Team TARO PLUSONE
『赤旗前まで、思ったより、ペースを上げられず、岩戸選手が一気に行ってしまったので、仕切り直しになってからは、その辺を改善するためにタイヤに熱を入れることを意識しながら走っていました。それでも今日の岩戸選手は、すごく速かったです。事前テストからレースウイークに入っても、よくも悪くもなく、まぁまぁな仕上がりでした。岩戸選手は、事前テストから速かったので、あと一歩進まないと勝つのは難しい状況でした。ただ、レース中に1分29秒台にも入りましたし収穫もありました』
 
3位/#634 名越 哲平 MuSASHi RT HARC-PRO.
『事前テストでは、転倒もあり、ドライコンディションでマシンセットを、うまくまとめきれていませんでした。レースウイークに入ってからも、調子がよかったわけではなく、赤旗後の13周と短い周回でも、前について行けない状況でした。結果的にラッキーな3位でしたが、課題の残るレースでした』
 
レーススタート
レーススタート
 
トップ争い
トップ争い(#4岩戸亮介、#16作本輝介、#44関口太郎)
 
岩戸亮介
岩戸亮介
 
岩戸亮介
岩戸亮介
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |