レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権J-GP2

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

予選レポート
開催日:2017-9/30
天候:晴れ コース状況:ドライ
公式レポート(PDF) 2017Rd8OIC_Express.pdf

水野涼がコースレコードでポールポジション!
「アドバンテージは自分にある」

 J-GP2クラスの公式予選も40分間の1セッション。金曜日の練習走行から非公式ながらコースレコード(1分31秒266)を上回っている水野涼が、予選でもセッション開始早々に1分31秒8でトップに立つと、翌周には31秒095をマークしてこの時点でレコードをブレイク、5周目には30秒750までタイムアップして、他の追随を許さない。2番手には石塚健も31秒5、関口太郎が31秒6、生形秀之、岩戸亮介までが31秒台で続く。

 セッション中盤にかけても各ライダーは少しずつタイムを削ってくるが、トップの水野を脅かすところまでは至らない。終盤、石塚が31秒091をマークして2番手、その後に関口も31秒2で続き、さらに30秒889を叩き出して、石塚をかわして水野に迫る。しかし、終盤の激しいアタックもここまで。水野が2戦連続、今季3回目のポールポジションを3年振りのニューレコードタイムで決めた。
 
2番手は水野以外に唯一30秒台に入れた関口、そして石塚がフロントロウ、4番手には最後のアタックで31秒167までタイムアップした岩崎哲朗、31秒293で生形、31秒412で岩戸と続いた。

 
水野涼
 
ポールポジション:1分30秒750 #634 水野 涼 MuSASHi RT HARC-PRO.
『長いインターバルの間に鈴鹿8耐にも出る、グランプリ(ワイルドカード参戦)もある、ということで普段乗っていない車両やタイヤに乗っていました。それが逆に今回のテストでさらに一歩新しく進化した走りが出来ていると感じているところです。テストもいい調子で、自己ベストも更新できたし、ウィークにはポジティブに入れました。予選タイムが自分の想定より低かったことと、2位以下にもっと差を付けられなかったのでそこに悔いが残ります。周りを見ても自分の方がアドバンテージがあると確信できましたし、自分の走りをすれば逃げ切れると思います』
 
水野涼
水野涼
 
関口太郎
関口太郎
 
全クラスのポールシッターインタビュー
全クラスのポールシッターインタビュー/
左からJSB1000中須賀克行、J-GP2水野涼、ST600國峰啄磨、J-GP3栗原佳祐
 
TXT: Superbike.jp/Photo : T.Sato, H.Wakita&Y.Harada(c)
| Top |