レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)

決勝レポート
開催日:2017-10/1
天候:曇 路面:ドライ
●観客:土曜日:2,800人 日曜日:6,000人
 
水野涼がシーズン5勝目を挙げ、シリーズチャンピオンを決める!

 4クラスでただ一人、タイトル獲得に王手をかけて第8戦岡山ラウンドを迎えた水野涼。暫定ランキング2番手の関口太郎に29ポイント差をつけており、勝てば文句なしでチャンピオン決定となる。事前テストから常にトップタイムを出しており、公式予選では、1分30秒750を出してコースレコードを更新し、ポールポジションを獲得していた。一方、関口も予選で1分30秒889をマークし、意地を見せる。3番手の石塚健も1分31秒091、4番手の岩蕪N朗も1分31秒167をマークし、トップ4がコースレコードを上回った。

 日曜日も雲がやや多いものの過ごしやすい一日となった。ホールショットを奪ったのは、好スタートを見せた関口。石塚、水野、岩戸亮介、生形秀之、岩普A榎戸育寛、作本輝介と続いて2コーナーをクリアして行く。オープニングラップのバックストレートからヘアピンへのブレーキングでは、水野が一気に2台を抜いてトップに浮上。そのままレースをリードし、2番手以下を引き離して行く。2周目のヘアピンでは、岩戸が石塚かわし3番手に浮上すると関口の背後につける。水野のチャンピオン決定を阻止するためにも前に出たい関口だったが、逆に3周目のヘアピンで岩戸にかわされてしまう。この時点で水野は、2番手に約1秒の差をつけ独走態勢を築くかと思われた。2番手争いは、岩戸、関口、石塚、生形、作本の5台が形成。4周目のダブルヘアピン一つ目立ち上がりでは、関口がハイサイドしかけ石塚が3番手に浮上。事前テストから好調の石塚は、5周目のヘアピンで2番手に上がるとペースを上げて行く。関口もここで3番手に上がり、石塚と共にファステストラップを塗り替えながら水野に迫って行く。このペースに岩戸、生形、作本はついていけない。開幕戦筑波の事前テストで負傷し、今回が復帰戦となった作本は、生形、岩戸をかわし4番手に浮上し、石塚と関口に迫って行く勢いだったが、8周目のヘアピンで転倒。すぐに再スタートするものの順位を落としてしまう。

 石塚と関口は、ハイペースで水野に迫ると10周目に関口がこのレースのファステストラップとなる1分30秒914をマーク。12周目にはトップ3は完全に一つのグループになっていた。14周目のアトウッドカーブでは、バックマーカーが絡み、やや水野の立ち上がり加速が鈍ったところを見逃さなかった石塚がバックストレートからヘアピンで前に出て行き、今回のレースで初めてトップに立つ。しかし、続く15周目の1コーナーで石塚がはらんでしまい、水野がトップの座を奪い返す。石塚も水野のテールをピタリとマークすると、16周目のバックストレートからヘアピンで前に出ると再びペースを上げる。残り3周を切り、水野をジリジリと引き離す勢いだった石塚だったが、17周目のダブルヘアピン進入で痛恨の転倒。再スタートできず、そのままリタイアとなってしまう。これでトップに立った水野が関口を抑えきり、今シーズン5勝目を挙げ、最終戦を待たずにシリーズチャンピオンを獲得した。関口は、またも2位。3位には、単独走行となっていた生形が入った。以下、榎戸、岩戸、岩普A柴田陸樹と続き、転倒から再スタートした作本は、8位まで追い上げてフィニッシュした。

 

表彰台
 
優勝/#634 水野 涼 MuSASHi RT HARC-PRO.
『チャンピオンを勝って決めることができてホッとしています。スタートをちょっと失敗してしまい、バックストレートに入るまで3番手でしたが、ヘアピンで一気にトップに立つことができて、序盤は、そのまま後続も離すことができたので理想的な展開でした。しかし、事前テストから、レースウイークを通じて決勝の路面コンディションがよくなく、思ったよりペースが上げられませんでした。タイヤマネジメントも考えながら走っているうちに石塚選手に抜かれてしまい、離されてしまっていました。終盤で勝負できるかと思っていましたが、石塚選手が転倒してしまい優勝と、うれしさよりも悔しさが勝っていました。今シーズンは、鈴鹿8耐に出させていただいたことや、日本グランプリに向けてカレックスでテストさせてもらったことが、今回、すごく生きてきていました。優勝してチャンピオンが獲れたので、全日本の代表として世界の舞台を戦ってこようと思っています』
 
2位/#44 関口 太郎 SOX Team TARO PLUSON
『事前テストから水野選手が2歩も3歩も進んでいる感じだったのに対し、自分は、なかなか、いいリズムで走ることができていませんでした。レースウイーク入ってから、よくなってきたので、予選は、水野選手が1分30秒7と一人だけ1分30秒台だったので、意地で出しましたが、実際のところ水野選手の方が、総合的にアドバンテージはあると思っていました。それをどう決勝で覆すか、いろいろ考えていました。レース中も途中までは、勝負できるかもしれないと思っていましたが、最後は詰め切れなくて、負けてしまいました。早くも最終戦なので、去年、勝っている鈴鹿で、また再現できるように準備して行きたいと思っています』
 
3位/#4 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング
『事前テストで、いろいろマシンに不具合があったので、何とかまとめて、バランスが取れていましたが、レースウイークに入ると、何もしていないのにバランスが悪くなっていました。それを修正して行きましたが、出だしが悪かったのが響きました。トップの2台が速かったので、決勝朝のウォームアップ走行で、もっと詰めて行こうとしたのですが2コーナーで派手に転んでしましました。そのためセットを進められず、決勝は我慢のレースになりました。結果は、タナボタの3位。最終戦は、勝って終われるように、もっとレベルアップして臨みたいですね』
 
スタート直後
スタート直後
 
レース
レース(#5石塚健、#634水野涼、#44関口太郎)
 
ウイニングランの水野
ウイニングランの水野
 
ウイニングランの水野
5勝目を挙げ、J-GP2新チャンピオンとなった水野
 
ウイニングランの水野
MuSASHi RT HARC-PRO.のチャンピオン記念集合写真
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
 
| Top |