レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in OKAYAMA


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦スーパーバイクレース in OKAYAMA
主催:岡山国際サーキット(3,703m)
レースレポート
開催日:2017-10/1
天候:曇 路面:ドライ
●観客:土曜日:2,800人 日曜日:6,000人
 
前田恵助が独走で今シーズン2勝目をマーク!

 公式予選は、暫定ランキング2番手の國峰啄磨がポールポジション。暫定ランキングトップの前田恵助は、2番手と決勝の行方が注目された。しかし、オープニングラップのヘアピンで多重クラッシュが発生。赤旗が提示され、周回数は、19周から12周に減算されて行われることになった。

 2度目のスタートでも前田がホールショットを奪い、そのままペースを上げて行く。國峰も2番手につけ前田を追う。これに岡本裕生、田所隼、亀井雄大、和田留佳、星野知也、名越哲平、清末尚樹、仲村優輝と続いて行く。トップを走る前田は、予選を上回るペースで周回。4周目には、1分32秒794のファステストラップをマーク。國峰を引き離し独走態勢を築いて行く。國峰も必死に追うが、ジリジリと離されていく。その約2秒後方では、岡本と田所が3番手争いを展開していた。田所は、事前テストから調子がよく、コンスタントに上位に顔を出していたが、8周目のヘアピンで痛恨のクラッシュ。悔しいリタイアとなってしまう。これでトップ4は、それぞれ単独走行となり、5番手争いが名越、和田、清末、奥田教介、星野が繰り広げていた。この中で清末は、10周目の1コーナーで仕掛けるがオーバーラン。最後尾までポジションを落としてしまう。逆に奥田は、和田をかわして6番手に浮上してくる。

 トップを走る前田は、安定した走りで12周を走り切り今シーズン2勝目をマーク。國峰が2位、岡本が3位と続いたため、ポイントランキングは、前田が108、國峰が101、岡本が92となり、前田と國峰の一騎打ちの様相を呈してきた。

 4位には、単独走行だった亀井が入り、5位争いは、名越が制し、奥田、和田、星野と続いた。9位争いは、行村和樹が南本宗一郎とのバトルを制している。

 
表彰台
 
優勝/#5 前田 恵助 伊藤RACING・GMDスズカ
『もてぎで勝ったときと同じような展開だったので自分の走りに専念でき楽しめました。岡山国際サーキットは、好きなコースですし自信を持っていけば勝てると思っていました。最終戦MFJ-GPは、小さいころから走っている鈴鹿サーキット。ホームコースですが、去年は、予選までコースレコードを出して過信していた部分があったので、最悪の結果になってしまいました。その反省を生かして、いいイメージを作って、しっかりレースを戦おうと思っています。もちろん自分自身のコースレコードを更新して、しっかりポールポジションを獲って、誰にも何も言わせないレースをしたいですね』
 
2位/#50 國峰 啄磨 T.Pro Innovation
『昨日の予選から少し、決勝朝のウォームアップ走行で違うセットのアプローチをしました。しかしクリアラップが取れず、完全に確認できなかったのですが、フィーリングは悪くなかったので、予選までと中間のセットにしました。結果的に予選より、よくなかったので、シンプルに決勝に臨めばよかったですね。ただ、今回は、前田選手が速かったですね。自分も、もっと成長しないと行けないと思いました。悔しいですけれど、実力は出し切りました。チャンピオン争いは、前半3戦の連続4位が響いている。今回は、前田選手の前に出なければならなかったのですが…。最終戦の鈴鹿は、前田選手が速いのは分かっています。チャンピオンのことは意識していますが、前田選手に勝つことだけを考えます』
 
3位/#52 岡本 裕生 51ガレージ
『自分の中のベストは出し切りました。予選タイムと変わらない自分のベストタイムで周回していましたから。結果的には予選でのタイムを上げ切れませんでしたし、そこが今回は、自分の限界であり敗因でした。(筑波やもてぎがホームコースなので)鈴鹿も含めて、岡山国際サーキットやオートポリスは経験が少ないですが、そんなことは、勝負の世界ですから言い訳にはなりません。鈴鹿はしっかり自分のベストを尽くせるように精一杯走ります』
 
レーススタート
レーススタート
 
レース

レース(#5前田恵助、#50國峰啄磨、#52岡本裕生)

 
前田恵助の走り
前田恵助の走り
 
前田恵助
前田恵助(隣りはアドバイザーの大崎誠之氏)
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita&Y.Harada(c)
| Top |