レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

オーオとポリス

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝Race | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 
2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦九州モーターサイクルフェスタ2017

主催:オートポリスサーキット(4.674km)
決勝レポート
開催日:2017-6/25
●観客:土曜日:1,577人 日曜日:3.963人
中須賀克行が大荒れのコンディションの中で今シーズン初勝利を手にする

 金曜日はドライ、土曜日はウエット、そして決勝日朝のウォームアップはウエットと天気に翻弄される形となった第5戦オートポリス。決勝もグリッドについてから、雨が落ちてきたためスタートがディレイとなり、周回数も17周から2周減算され15周で争われることになった。

 そしてスタートを迎える。ホールショットを奪ったのは、予選3番手グリッドの加賀山就臣。高橋巧、初ポールポジションの浦本修充、渡辺一馬と続いて行く。直後の3コーナーでは、高橋巧が加賀山をかわすと、そのままレースをリードして行く。3コーナーの立ち上がりでは、秋吉耕佑の代役で参戦した大久保光が転倒し、早くも戦列を離れてしまう。オープニングラップから積極的に飛ばす高橋巧は、2番手以下を引き離してホームストレートに戻ってくる。加賀山も単独となり、3番手には、渡辺がつけ、酒井大作、中須賀克行、津田拓也、マイケル・ファン・デル・マーク、藤田拓哉と続いて行く。そのまま独走した高橋巧だったが、5周目に視界不良のために赤旗が提示され、残り12周で再スタートが切られることになった。

 仕切り直しとなったレースは、3周終了時の順位でグリッドにつき、再スタートが切られる。セカンドグリッドからスタートした加賀山が、再びホールショットを奪い高橋巧、中須賀、渡辺、マイケルと続いて行く。ここで積極的な走りを見せたのがマイケルだった。3コーナーから4コーナーで渡辺、中須賀をかわすと、第2ヘアピンでは、高橋巧と加賀山を一気にかわしてトップに浮上する。これに続けとばかり、中須賀もジェットコースターストレートからの右高速コーナーで高橋巧をかわし3番手に浮上する。オープニングラップは、マイケルが制し、加賀山、中須賀、藤田、高橋裕紀、渡辺、酒井、中冨伸一、松崎克哉と続く。その後方では、津田が山口辰也にかわされるが、その直後に山口にマシントラブルが発生し、それを避けるために津田はポジションを落としてしまい、12番手でホームストレートを通過して行く。

 2周目には、中須賀と高橋巧も加賀山をかわしポジションを上げるとトップ3が4番手以下を引き離して行く。そして3周目の1コーナーで中須賀がマイケルをかわしトップに浮上する。中須賀は、そのままリードを広げて行く勢いだった。これに置いて行かれまいと高橋巧も上りのコンビネーションコーナーでマイケルをかわし2番手に上がると、中須賀に迫って行く。この2人のペースにマイケルはついて行けず単独3番手となる。中須賀と高橋巧は、一騎打ちのトップ争いを繰り広げたが、それも長くは続かなかった。8周目に突如、高橋巧がスローダウン。マシントラブルが発生してしまい、そのままピットに戻りリタイアとなってしまう。

 これでトップ独走となった中須賀は、そのままチェッカーフラッグを受け、今シーズン1勝目をようやく挙げる結果となった。ヤマハ1-2の一翼を担っていたマイケルだったが、残り2周を切った11周目の第2ヘアピンで痛恨の転倒。再スタートし14位でゴールしたが、結果以上にスーパーバイク世界選手権のトップライダーの実力を見せてくれた。マイケルの転倒で2番手に上がったのは、追い上げのレースを見せた津田だった。その後方では、濱原颯道と藤田と三つ巴のバトルを制した渡辺が3位に入り、カワサキのホームコースで表彰台に上がった。3位争いを繰り広げ、最終ラップの第2ヘアピンで勝負に出た藤田と濱原は、共にコースアウトし、それぞれ7位、12位となった。以下、松崎、加賀山、浦本と続いてチェッカーフラッグを受けた。

 
表彰台
 
優勝/#1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『勝つことができて素直に非常にうれしいです。ホッとしていますし、こんなに勝つことがうれしいことだとあらためて思いましたし、新鮮な気持ちでした。ここ3戦は、勝つことの難しさを嫌と言うほど味わいましたし、勝つことに、非常に飢えていました。ただ、前戦ではアクシデントもあり、身体も万全ではなかったので、今回のオートポリスでは、表彰台に立てればいいかなと思っていました。みんなの喜ぶ顔を見ることができて本当にうれしかったですし、支えてくれたチームや家族に感謝したいです』
 
2位/#12 津田 拓也 ヨシムラスズキMOTUL
『スズキ、ヨシムラの皆さんのおかげで2位になれました。オープニングラップでは、目の前で山口選手がマシントラブルで失速し、大きく遅れてしまいました。それがなければトップ争いについていけていたと思うと悔しいですが、結果的に2位に入れたので、よしとします。マシンは、まだデータが整っていない状態ですが、2人で共有しながら、ちょっとずつポテンシャルアップをしている途中です。まだ本来のバイクの持つポテンシャルを出せていないので、8耐でレベルアップして行きたいです』
 
3位/#23 渡辺 一馬 Kawasaki Team GREEN
『レース展開的にラッキーでした。オートポリスは、カワサキのホームコースなので、会社の方もたくさん応援に来てくださっていました。その皆さんの前で表彰台に上がることができて、よかったです。チームとカワサキのスタッフに感謝します。ただ、2度目の3位は、前回の3位よりはうれしくないですね。まだまだトップとの差がありますし課題が残っています。勝つために足りない部分を見つめ直して後半戦に臨みたいと思っています』
 
第2レーススタート
第二レーススタート
 
トップ争い
トップ争い
 
中須賀克行
中須賀克行
 
中須賀克行
中須賀克行
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
 
| Top |