レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

オーオとポリス


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 
2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第5戦九州モーターサイクルフェスタ2017
主催:オートポリスサーキット(4.674km)

レースレポート
開催日:2017-6/25
●観客:土曜日:1,577人 日曜日:3.963人
國峰啄磨が独走でST600クラス初優勝を達成!

 ST600クラスも土曜日の天候不良で日曜日の朝に公式予選が行われた。ウエットコンディションの中、ポールポジションを獲得したのは岡本裕生。國峰啄磨、名越哲平、杉山優輝、星野知也、奥田教介と続いた。
 13周で争われたST600クラス。路面は、ほぼドライコンディションとなったが、空からはポツポツと雨が落ちてくる難しいコンディションの中、レースはスタートが切られた。

 好スタートを切ったのは、フロントロウイン側の名越。ホールショットを奪い、國峰、岡本、星野、杉山と続いて行く。その直後の第1ヘアピンでは、名越がインにつけず、國峰と岡本が前に出て行く。トップに立った國峰は、オープニングラップから積極的に飛ばし2番手以下を引き離して行く。國峰がトップでホームストレートに戻り、岡本、名越、星野、杉山、奥田と続き、7番手には、19番手グリッドスタートのハジ・アマッド・ユディスティラがポジションを上げてきていた。2周目の1コーナーでは、健闘していた杉山が無念の転倒。早くも戦列を離れてしまう。一方、ユディスティラの勢いは止まらず、2周目には、3番手に上がってくると、4周目に2番手に浮上。トップを行く國峰を追うかと思われたが、國峰も気合いの入った走りを見せユディスティラの接近を許さない。逆にユディスティラの背後に名越と奥田が迫り、三つ巴の2位争いを繰り広げる。

 トップを独走する國峰は、安定した走りを見せ、2位を8秒以上引き離す圧勝でST600クラス初優勝を飾った。2位争いは、名越が12周目にユディスティラの前に出るが、ラストラップに再びユディスティラが名越を抜き返し決着。ユディスティラ、名越、奥田の順でチェッカーフラッグを受けた。5位に星野、6位に和田留佳、7位に前田恵助、8位に山元聖、9位に亀井雄大と続き、岡本は10位となった。

 暫定ポイントランキングは、前田が83ポイントでトップをキープ。國峰が79ポイントに伸ばし2番手、星野が75ポイント、岡本が72ポイントという順でシーズン前半を終了した。

 
表彰台
 
優勝/#50 國峰 啄磨 T.Pro Innovation
『今シーズンはST600クラスにスイッチして開幕戦から3戦連続で4位。前戦は特に表彰台に上がることができそうだったので、今回やっと表彰台に戻って来ることができました。それが優勝だったので、さらにうれしいです。事前テストからレースウイーク初日とドライでは、いいフィーリングでしたし、ミスがあっても、2番手、3番手タイムが出ていました。決勝は、チームと話し合って、うまくアジャストできたのが、いい方向に行き、それは勝因だと思います。チームの皆さんを始め、応援してくださった、すべての方に感謝します』
 
2位/#73 AHMAD YUDHISTIRA(ハジ・アマッド・ユディスティラ) Manual-Tech Kawasaki
『難しいレースでした。マシンセットもうまく行っているか輪からに状況でしたし、グリッドのポジションも19番手と後方でしたから。レース展開も困難を極めましたが、何とかポジションを上げて行くことができました。2位になれたのは、ボクにとって、いい結果だったと思います。これもカワサキスタッフ、藤原コーチ、皆さんのサポートのおかげです』
 
3位/#3 名越 哲平 Mistresa RT HARC-PRO.
『昨年の最終戦鈴鹿以来の表彰台なので久しぶりです。今シーズンは、アジアロードレース選手権SS600クラスにも参戦させていただいていますし、ハルク・プロ本田会長始め、多くのことを学ばせていただいています。ただシーズン序盤の出遅れが響いて、なかなかいいレースができないでいましたが、ようやく表彰台に戻ることができました。残り2戦、アジア選手権も、まだあるので、シーズンの流れをいい方向にして行きたいです』
 
レーススタート
レーススタート
 
レース
レース
 
國峰啄磨
國峰啄磨
 
國峰啄磨
國峰啄磨
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita & Y.Harada(c)
| Top |