レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI

| エントリーリスト | ノックアウト-Q-1 | ノックアウト-Q-2 | ノックアウト-Q-3 |公式予選結果 |
| 予選レポート | ウォームアップ | 決勝Race | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2017-6/11
<イベント概要>

■2017年MFJ全日本ロードレース選手権第4戦
ツインリンクもてぎスーパーバイクレース

●開催概要:
6月11日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:26.3度

6月10日(土) 公式予選・決勝レース(JP250)
天候:曇り コース:ドライ〜ウェット
気温:25.7度

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:5,700人 日曜日:7,200 人

トップを独走していた中須賀克行がラストラップでまさかのアクシデント!
野左根航汰がJSB1000クラス初優勝を飾る!

 23周で争われた決勝レース。ポールポジションの中須賀克行がホールショットを奪い、2列目から好スタートを見せた清成龍一、高橋巧、野左根航汰、津田拓也、渡辺一馬、高橋裕紀、山口辰也、藤田拓哉、松附詩ニ、濱原颯道、浦本修充、酒井大作、加賀山就臣と続いて行く。オープニングラップから積極的にレースを引っ張る中須賀は、2番手以下を引き離しにかかる。清成が2番手につけ、野左根が3番手に浮上。津田、高橋巧、高橋裕紀、渡辺、山口、松普A藤田、濱原の順で2周目に入って行く。清成が健闘していたが、4周目に野左根が、6周目に高橋巧が清成をかわし、それぞれポジションを上げる。

 トップを走る中須賀は、1分49秒台中盤のタイムで周回。これをチームメイトの野左根が僅かに上回るペースで追従。野左根は、9周目に、このレースのファステストラップとなる1分49秒108をマークし、中須賀との差を詰めて行く。これを見た中須賀は、1分49秒台前半にペースアップ。11周目に自己ベストとなる1分49秒118をマークし、野左根の接近を許さない。高橋巧も1分49秒台で周回するが、ヤマハファクトリーの2台とは、差が開く一方だった。清成の後方では、津田と高橋裕紀がバトルを展開。さらに後方では、渡辺、山口、藤田、やや感覚を空けて濱原と松浮ェ続いていた。津田は、高橋裕紀を引き離し、清成の背後に迫ると11周目に前に出て4番手に浮上する。その後、上位陣は膠着状態となり、最終ラップに突入する。誰もが中須賀の今シーズン初優勝を確信していた。

 ファーストアンダーブリッジから130R、S字コーナーをクリアし、中須賀の目の前にバックマーカーが現れる。V字コーナーに入り、バックマーカーがイン側を開けたことから、インに入ってかわそうとした中須賀だったが、バックマーカーが急にインに入ってきたため接触し転倒してしまう。すぐにマシンを起こそうとする中須賀の脇を上位陣が通り過ぎて行く。このアクシデントでトップに立った野左根は、トップでチェッカーフラッグを受け、JSB1000クラス初優勝を達成した。2位に高橋巧、3位に津田と続いてゴール。4番手を走っていた清成だったが、最終ラップにガス欠になってしまいスローダウン。渡辺が4位、山口が5位、藤田が6位、高橋裕紀が7位となり、清成は8位でゴールした。中須賀は再スタートし、9位でチェッカーフラッグを受けている。以下、浦本、濱原、伊藤真一、加賀山、近藤湧也、日浦大治朗、中冨伸一、津田一磨、上和田拓海と続いた。今季一番の走りを見せていた松浮セったが、12周目に浦本に抜かれると、13周目のヘアピンでコースアウト。大きく遅れてしまい19位でゴールした。

 
JSB1000表彰台
 
優勝/#5 野左根 航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5(写真中)
『同じチームの中須賀選手が転倒しての優勝ですし、タナボタなので複雑な気持ちですが、初優勝は素直にうれしいです。まだ実感は湧いていませんが…。中須賀選手の転倒を見たときは、動揺しました。レース序盤は、離されながらも食らいついて行きましたが、中須賀選手は、そんなに簡単に倒せない相手だということをあらためて思い知りました。ただ、昨年よりは、着実に近づけているので、次こそは、中須賀選手と正々堂々と戦って優勝したいです。次戦は、世界耐久に参戦するので代役で走ってくれるマイケル選手に頑張って欲しいです。ボクはスロバキアで世界耐久初優勝できるように頑張ります 』
 
2位/#634 高橋 巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(写真左)
『中須賀選手の転倒は見えていませんでしたが、黄旗が出ていて、コース上にマシンが残っていたので"誰だろう?"と思ったら中須賀選手は歩いていたのでビックリしました。レース中は、追い付こうと全力で自分ができることを精一杯していました。事前テスト、レースウイークとペース的に遅かったので、決勝のウォームアップでセットを変えたのですが、そこで詰め切れなかったのが敗因。ただ、レース中にも、いろいろ考えながら、走り方を変えて走っていたので今後に生かせると思います。次戦のオートポリスは新型でも、17インチでも初めてなので事前テストでしっかり走って勝負できるマシンに仕上げたいと思っています』
 
3位/#12 津田 拓也 ヨシムラスズキMOTUL(写真右)
『想定外の表彰台でした。優勝した野左根選手より不思議な気分です。事前テストでは、自分にマッチした時間帯というかコンディションがありました。それを外れると、ペースが上げられない問題があり、それを何とかしたいと挑んで来ました。レースウイークは、事前テストより気温が高かったので、そこに合わせ切れなかったのが敗因。次戦のオートポリスは、路面が張り替えられたようですし、バイクも一から見直すつもりで、しっかり仕上げていきたいです』
 
レーススタート
レーススタート
 
バトル
バトル(トップの#1中須賀克行と#88清成龍一)
 
野左根航太
野左根航太
 
野左根航太
野左根航太
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
 
| Top |