レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE
主催:ツインリンクもてぎ(4.801km)

決勝レポート
開催日:2017-6/11
<イベント概要>

■2017年MFJ全日本ロードレース選手権第4戦
ツインリンクもてぎスーパーバイクレース

●開催概要:
6月11日(日) 決勝レース
天候:晴れ コース:ドライ
気温:26.3度

6月10日(土) 公式予選・決勝レース(JP250)
天候:曇り コース:ドライ〜ウェット
気温:25.7度

●会場:栃木県 ツインリンクもてぎ(1周4,801.379m)
●観客:土曜日:5,700人 日曜日:7,200 人

前田恵助が独走で悲願の初優勝を達成!

 ST600クラスの公式予選は、開始直前に雨が降り、不安定なコンディションで行われたが事前テストから好調の前田恵助がポールポジションを獲得。長尾健吾、奥田教介、岡本裕生、國峰啄磨、亀井雄大という順で続いた。ゼッケン3をつける名越哲平は、10番手につけていたが、黄旗中のオーバーランがあり、グリッド最後尾となるペナルティを受けることになってしまう。

 決勝日は、ドライコンディションとなり18周で争われた。ホールショットを奪ったのは、フロントロウ真ん中のセカンドグリッドからスタートした長尾。これに前田が続き、オープニングラップのV字コーナーで長尾を捕らえた前田がトップに浮上。前田がレースをリードして行く。これを追いたい長尾だったが、ペースが上がらず背後には國峰をかわした岡本が迫って来る。その頃、最後尾スタートだった名越哲平は、オープニングラップで14番手までポジションを上げ、さらに前を狙っていたが、V字コーナーで山元聖が転倒。避けた方に転倒したマシンが来てしまいコースアウト。またも順位を22番手まで下げてしまっていた。


 2番手争いは、3周目の90度コーナーで岡本が長尾をかわし2番手に浮上。4周目には國峰も長尾をかわしポジションを上げる。トップを走る前田と2番手の岡本は、1分56秒台中盤でコンスタントに周回して行くが、3番手の國峰は、ややペースが上がらず、その背後には、清末尚樹、和田留佳、奥田教介、星野知也などの集団が迫って来る。

 2番手を走る岡本は、1分56秒台前半までペースを上げ、前田との差を縮めて行くが、さらにペースアップした前田が残り2周となったところで、このレースのファステストラップとなる1分55秒946をマークし、岡本を突き放す。そのままトップでゴールし、うれしい全日本初優勝を達成した。岡本は1秒295差で2位。その後方では、國峰を14周目にパスした清末が3位争いを制し、全日本初表彰台を獲得。國峰は、3戦連続4位となった。以下、和田、奥田、星野と続き、後方から追い上げた名越哲平が8位でゴール。序盤健闘した長尾は、9位でチェッカーフラッグを受けた。

 
表彰台
 
優勝/#5 前田 恵助 伊藤RACING・GMDスズカ(写真中央)
『 全日本4年目で、ようやく初優勝できました。今の気持ちは、超絶うれしいです。早く大崎さんと父親に伝えたいです。レース終盤に追い上げられていましたが、事前テストから1分55秒台で走ることができていましたし、人間的には余力がありました。ただ、バイクが決まっていなかったのでライディングでカバーしながら走ることができたのが、よかったです。一瞬、差が詰まってビックリしましたが、バイクを感じながら自分の走りをしようと心がけました。事前テストから、ここまでの流れがよかったです。レース展開は考えず、ただトップに立って、ロングランだと思って、流れに身を任せていた感じです。無理に勝ちにこだわらずに走ったのがよかったと思います』
 
2位/#52 岡本 裕生 51ガレージ チームイワキ(写真左)
『今回も最初から優勝しか考えていませんでした。予選は4番手でしたが十分勝ちを狙えると思っていました。監督に"2位でも喜べ"と言われましたが、本心は悔しいですね。序盤にミスをしてしまい、4番手に下がってしまった。そこから2台をパスしてからは、地方選のころからレース後半が得意だったので、追い付こうと攻めて行きました。(前田選手の)最後のスパートは、すごかったです。自分も全力で頑張っているのに、差が縮まらずつらかったですね。次戦もシリーズは考えず、1戦1戦大事に行こうと思っています』
 
3位/#70 清末 尚 RS-ITOH(写真右)
『ここまでイレギュラーなコンディションに弱く、なかなか力を出せていませんでした。ようやくドライコンディションのレースになったので、自信があったわけではないのですが、前にいる人を抜いていくことだけを考えていました。勝ちたかったですけれど、スタートしてから、すぐにトップ2台は逃げてしまったので3位争いは制してやろうと思っていました。初表彰台なので、うれしい思いはありますが、目標としているのは3位ではありませんので、ホームコースとなる次のオートポリスでは優勝を狙って行きます!』
 
レーススタート
レーススタート
 
バトル
バトル(#52岡本裕生、#50國峰啄磨)
 
優勝した前田恵助の走り
優勝した前田恵助の走り
 
 
前田恵助
優勝した前田恵助
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita (c)
| Top |