レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI


全日本ロードレース選手権ST600

文部科学大臣杯 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦
SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース
"コカ・コーラ"鈴鹿8耐第40回記念大会 出場選抜レース 8耐トライアウト2ndステージ
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)

決勝レポート
開催日:2017-5/14
●開催概要:
5月14日(日) 決勝レース
天候:雨 コース:ウェット
気温:13.0度

5月13日(土) 公式予選
天候:雨 コース:ウェット
気温:11.5度
※各日とも15時現在

●会場:宮城県 SUGOインターナショナルレーシングコース(1周3,737.5m)
●観客:土曜日:1,800人 日曜日:3,300人

 
小室旭が悲願のJ-GP3初優勝を達成!

 J-GP3クラス決勝日はひどい霧はなくなったが雨は止まず朝から肌寒い天気となる。前日の荒天の影響で決勝レースプログラムも変更され18周で争われることになった。

 ホールショットは福嶋佑斗が奪い、小室旭、宇井陽一、中島元気、伊達悠太、栗原佳祐の順で1コーナーに進入する。2コーナーで小室をかわした宇井は、3コーナーで福嶋もかわしトップを奪う。伊達も中島をかわして4番手浮上、さらに4コーナーで栗原が中島のインをついて5番手に浮上、中島は6番手。バックストレートで小室が福嶋をパス、2番手に浮上、さらに110Rで伊達が福嶋をパス、3番手に浮上する。オープニングラップは宇井が制し、以下、小室、伊達、栗原、福嶋、中島、古市右京、長谷川聖、船田俊希、Peerapong Luiboonpengのトップ10。

 トップ4台は、宇井と小室、伊達と栗原のバトルとなる。3周目の1コーナーで栗原が伊達をパスするが、4周目のSPインコーナーで伊達が抜き返す。その後、栗原をパスした伊達が宇井と小室に追いつき3台のバトルになる。トップ3台が1分46秒後半から47秒中盤に対し栗原は48秒後半、その差はどんどん開き6周目には2秒568差となる。そして7周目の馬の背コーナーで小室が宇井をパスし、トップ浮上。伊達もシケイン手前で宇井をパスし、2番手浮上する。

 小室と伊達は1分46秒台にペースを上げると、宇井が遅れ始め、トップ2台によるバトルが始まる。宇井はペースが上がらず3番手を単独走行、その後方では栗原も4番手単独走行を続ける。

 伊達は小室の背後にピタリとつき、11周目の2台の差は0.360秒、12周目は0.169秒、13周目には0.062秒とテールtoノーズのデッドヒートを展開する。14周目のバックストレートで伊達がイン側を突くが小室が抑える、110R立ち上がりからMCシケインにかけてアウト側から立ち上がり重視のラインで10%勾配を小室のスリップに入るべくピタリとつけるがホームストレートで伸びる小室のマシンは伊達を抜かせない。サイドバイサイドの手に汗握るバトルをレース中盤から後半にかけて展開する。

 そして迎えた最終ラップ、4コーナーで伊達がインを突いてトップに立つ、しかしバックストレートで小室は伊達のスリップに入り馬の背コーナーで抜き返す、そして最終のシケインアウト側にラインを変えた伊達だが立ち上がりでやや失速、そのまま小室がトップチェッカー! J-GP3クラス初優勝を飾った。2位は伊達、3位は宇井のトップ3。4番手単独走行していた栗原に長谷川が追いつき、ファイナルラップで栗原をパス、4位長谷川、5位栗原、6位福嶋、7位中島、8位古市、9位船田、10位Peerapong Luiboonpengの上位10台であった。

 
表彰台
 
優勝/#17 小室 旭 Team P.MU 7C
『決勝日朝のウォームアップ走行で転倒してしまったので、みんなより雨の走行時間が少なかったのですが、宇井選手の後ろでリズムよく走れたので朝走れなかった分を挽回できたと思います。バイクを壊してしまったのでチームには結果で返さなければいけないと思い、18周を集中して走りました。前戦筑波では伊達選手にずっと後ろで見られていたので、今回は前に出てくれないかな、と一度ペースを落としたのですが同時にアクセルを緩められたので、これはもう最後まで自分が前で自分のベストな走りをして伊達選手がどういう風にでてくるかな、を見ていました。今年の1月に母が急逝しました。勝負事なので勝ちたいと思って勝てるわけではないのですが、母の日に優勝を報告できてうれしいです。今回勝ったから特別に何かをするわけではなく、一戦一戦、今回と同じように進めて優勝を目指して頑張りたいと思います』
 
2位/#64 伊達 悠太 BATTLE FACTORY
『 スタートしてから自分のペースを上げることができなかったので、序盤は後ろについていって中盤くらいから自分でもリズムがつかめてきました。それでも速いところと遅いところの差が大きかったのでどこで勝負しようかとずっと考えていて難しいレースでした。SUGOは抜きどころが少ないサーキットなので、今回は行けるチャンスがあれば最終ラップで抜こうと考えていました。もてぎはMotoGP™開催のコースなのでMoto3™を意識してもっと自分の走りのレベルを上げられるように頑張ります』
 
3位/#41 宇井 陽一 41Planning
『久しぶりに表彰台に登れたこと、そして長いこと一緒に仕事をしている小室選手と一緒に表彰台に上がれたことをすごくうれしく思います。序盤トップを走りましたが小室選手に抜かれたあたりから路面の水が少なくなり今の自分の状況では辛くなってしまったのでペースを上げられませんでした。予選開始すぐにマシントラブルでシフターが壊れてしまい修理したのですが十分にテストができず、朝のウォームアップでも感触が戻らず多少の不安はあったのですが、スタートして序盤は路面に水が残っていたので最初は頑張ろうと思いました。伊達選手に抜かれた後、ついていこうとも思いましたが危険な感じが何回かあったのでペースを落としました。後半雨脚が強くなってきてペースを上げたのですがその時には前との差が開きすぎていました。でも表彰台3人がダンロップタイヤユーザーなので開発をさせてもらっている自分としてはうれしい限りです』
 
レーススタート

レーススタート

 
トップ争い
トップ争い(#41宇井陽一、#17小室旭、#64伊達悠太)
 
小室旭
小室旭
 
小室旭
小室旭
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |