レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

文部科学大臣杯 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦
SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース
"コカ・コーラ"鈴鹿8耐第40回記念大会 出場選抜レース 8耐トライアウト2ndステージ
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)

レースレポート
開催日:2017-5/14
●開催概要:
5月14日(日) 決勝レース
天候:雨 コース:ウェット
気温:13.0度

5月13日(土) 公式予選
天候:雨 コース:ウェット
気温:11.5度
※各日とも15時現在

●会場:宮城県 SUGOインターナショナルレーシングコース(1周3,737.5m)
●観客:土曜日:1,800人 日曜日:3,300人

岡本裕生が独走で全日本初優勝を飾る!

 ST600クラスも土曜日の予選が霧のため中止となり、日曜日朝に20分間の公式予選が行われた。ウエットコンディションでポールポジションを獲得したのは、今回スポット参戦の横江竜司。ただ一人1分40秒台に入れる1分40秒592をマークし、2015年チャンピオンの実力を見せつけた。2番手に岡本裕生、3番手に前田恵助、4番手に奥田教介と1分41秒台で若手が続いた。5番手に亀井雄大、6番手に國峰啄磨、7番手に杉山優輝、8番手に長嶋修一、9番手に清末尚樹、10番手に古山颯太、11番手に名越哲平、12番手に名越公助と続いた。開幕戦のウイナー星野知也は、2度転倒を喫し22番手と後方からのスタートとなった。

 ホールショットを奪ったのは、フロントロウ真ん中からスタートした岡本。横江、奥田、前田、亀井、國峰、清末、名越公助、杉山、古山、名越哲平、大野英樹と続き、星野が早くも13番手までポジションを上げてくる。奥田は、2コーナーから3コーナーへの切り返しで横江の前に出るが、3コーナー立ち上がりで痛恨の転倒。そのままリタイアとなってしまう。トップを行く岡本はオープニングラップからハイペースで飛ばし、後続を一気に引き離して行く。これを横江、亀井が追って行くが、SPインコーナーで亀井が転倒、こちらも戦列を離れてしまう。オープニングラップは、岡本が制し、横江が2番手。そして3番手には、驚異的な追い上げを見せる星野が上がってくる。ハイペースで走る岡本に対して、ついていけたのは横江のみ。その差をジリジリ詰めて行っていたが、4周目のSPインコーナーで無念のクラッシュ。これでトップ独走状態となった岡本は、しっかりした足取りで周回を重ねて行く。後方では、星野の背後につけた前田が6周目に前に出て行き2番手に上がると、こちらも、それぞれ単独走行となって行く。4番手争いは、國峰、杉山、清末、北見剣などが繰り広げていたが、清末、北見は転倒で戦列を離れてしまう。

 岡本は、レースも終盤となる15周目にファステストラップをマークするなど、最後まで手を抜かない走りで2位に16秒以上の大差をつけて全日本初優勝を飾った。2位に前田、3位に星野と前回に続いて表彰台に上がった。4位争いは、國峰が制し、杉山は敗れたものの自己最高位の5位。名越公助、古山、宗和孝宏、仲村優佑、大野英樹と続くトップ10だった。

 
表彰台
 
優勝/#51 岡本 裕生 51ガレージ チームイワキ
『今回はスポーツ走行からタイムを出せていましたし、雨でも調子がよかったので勝てると思っていました。予想通りスタートも決まって、自分のペースで走ることができました。特に後ろは気にせず、自分のペースで走ることに集中しました。チームの皆さんのサポート、環境のおかげで表彰台の中央に立てたと思います。本当にありがとうございます。この優勝で自信もつきましたし、次回のもてぎはホームコースなので、この勢いでチームに恩返しをしていきたいです』
 
2位/#5 前田 恵助 伊藤レーシングGMDスズカ
『またも悔しい結果になってしまいました。SUGOは得意ですし、ドライも、予選でも自身があった。ぶっちぎられてしまい、またも、すごく悔しいレースになってしまいました。課題もみ、序盤のペースの上げ方の遅さを、あらためて感じましたし、課題も見つかったので、そこを改善して次回こそ勝ちたいです』
 
3位/#46 星野 知也 TEAM PLUSONE
『予選では、パーツの不具合もありまして2回転んでしまい22番手となり絶望感がありましたが、ボロボロになったバイクをチームの皆さんが何とか直してくれたのでグリッドに着くことができました。ウエットでは3周しかできていませんでしたが、周りのペースの上がらないオープニングラップで前に行こうと決めていましたが、まさか1周目3番手まで上がれるとは思っていませんでした。そこからは予選で痛めた手が、5周目くらいから痛くなってきたので3位キープで走りました。予選からしっかり組み立てられれば、勝つことができたはず。次回はしっかりドライで勝ちたいです』
 
レーススタート
レーススタート
 
前田恵助(前)と星野知也のバトル
前田恵助(前)と星野知也のバトル
 
岡本裕生の走り
岡本裕生の走り
 
岡本裕生
岡本裕生
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
| Top |