レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI


全日本ロードレース選手権J-GP3

2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

決勝レースレポート
開催日:2017-4/9
天候:雨のち曇 コース:ウェット
●観客:土曜日:1,500人 日曜日:4,500人
 
伊達悠太が小室旭との一騎打ちを制し初優勝!

 2017年全日本ロードレースシリーズ開幕戦の決勝レースが茨城県・筑波サーキットで開催された。金曜日から、ぐずついた空模様が続き、決勝日も朝から小雨が降る天候。J-GP2クラスのウォームアップ走行あたりから雨脚が強くなり、J-GP3クラスの決勝レースが始まる頃には本降りの雨となった。

 25周による決勝レースがスタート。ホールショットは小室旭が奪うが、2コーナー立ち上がりで初ポールポジションからスタートした長谷川聖がトップに浮上。2番手中島元気、3番手小室の順で第1ヘアピンに進入する。しかしその先のアジアコーナー立ち上がりでなんとトップを走る長谷川が転倒、早くも戦列を離れてしまう。

 オープニングラップは中島が制し、2番手に伊達悠太、3番手に小室、以下、船田俊希、太田虎之進、古市右京、白石玲菜、山本恭裕、岡崎静夏、宇井陽一の上位10台。2周目の1コーナーで伊達が中島をかわしてトップに立つと小室、中島との差を広げる。ここで小室が3周目の1コーナーで中島のインから2番手に浮上すると、前を行く伊達を追い上げる。中島の1分7秒台に対して伊達と小室は1分6秒台、8周目にはトップ2台と中島の差は3秒81まで広がる。

 トップ伊達と小室の差は5周目に0.927秒差であったが0.1秒から0.2秒速いペースでラップする小室がその差を縮め、最終コーナーではピタリと背後につけてスリップからサイドバイサイドで1コーナーのインを伺い揺さぶりをかけてプレシャーを与える。そして13周目にはその差が0.000秒差と表示されるほどの接近戦を演じる。

 中島は単独3位走行、その後方の4番手争いから宇井が抜け出し単独走行となる。9周目には古市、佐野勝人、船田、太田、山本、白石の6人が一つの集団となって5番手争いを展開。古市がこの集団を引っ張っていたが、佐野が8番手からジワジワと順位を上げついに14周目に古市をかわして5番手に上がる。しかし、14周目の最終コーナーで転倒を喫してしまう。代わってその集団から抜け出したのが船田と太田、レース終盤まで5番手争いを展開する。

 先頭争いの伊達と小室の2台、16周目のラップタイムは全く同じ1分6秒564。その差は0.114秒と超接近戦を展開する。レース終盤、バックマーカーが出始めた19周目、小室が第1コーナーで仕掛けてトップに浮上、伊達が後ろから追う展開となる。21周目の第2ヘアピンで伊達がトップに浮上するもホームストレートから1コーナーで小室が抜き返す。23周目の同じく第2ヘアピンで前に出た伊達が小室をおさえトップに浮上、この二人の一騎打ちはいよいよ最終ラップを迎える。

 1コーナーは小室が前、しかしその先の第1ヘアピンで伊達がインを刺してトップを奪い返す。第2ヘアピンも伊達がおさえてバックストレートから最終コーナーへ進入、そのままチェッカーが振られ、伊達が全日本初優勝を飾る。2位には小室、1位と2位の差は0.000秒という接近戦であった。3位には全日本デビューの中島、4位に宇井、5位に船田、6位太田、7位山本、8位安村武志、9位古市、10位福嶋佑斗の上位10位となった。

 
GP3表彰台
 

優勝 #64 伊達 悠太 BATTLE FACTORY
「思ったより雨足が強かったのですが対応できる範囲だと思っていました。(小室選手に)抜かれるまでは、どれ位の差だったのか全然わからなくて見られているな、と感じていました。1回(小室選手に)に前に出られたときに後ろから見てみよう、と思いました。それがあったので最後に抜けたと思います。最後は第1ヘアピンで抜く、と決めていました。それまでは第2ヘアピンでしか抜いていなかったので、(それより手前の)第1ヘアピンで早めに仕掛ければ対応されるまでに時間がかかるだろうと思いました。(小室選手は)最終コーナーが速いので最後のゴールラインを超えるまで優勝したことがわからなかったです。自分自身全日本ロードレース初優勝だったのですごくうれしいです。次は単独で優勝できるようにしたいです」

 
2位 #17 小室 旭 Team P.MU 7C
「序盤雨が多かったので無理して前に出ることはしませんでした。(伊達選手の)速いところと遅いところがわかったので、雨の降りが少なくなり、路面の水が少し引いてきた時点(残り8周)で前に出てみたのですが、伊達選手の話を聞くと前に出なければよかったです(笑)。前に出ても離せるとは思っていませんでしたが"やっぱりここで来るな"というのが分かりました。第1ヘアピンでああいう飛び込み方をされるとは思っていなかったです。第2ヘアピンでパッシングされたときにマシンを立ててぶつけてくるような抜き方をしてきたので冷静になりました。最終ラップの第1ヘアピンで入られましたがそこは予想外でした。最後まで諦めずにトライしたのですがこう言う結果でした。ホームコースの筑波だから応援に来てくれる方も多く、自分自身も筑波で、という思いがあったのですが、雨のレースは何が起きるかわからないのでとにかく走り切ること考えていました。チームからは5位でもいいと言われていたのですが、スタートしたらこの位置ではマズイなと思って、仕掛けましたが完敗です。次こそ勝ちたいです」
 
3位 #34 中島 元気 TEAM SRS-Moto
「正直言うと前の2人についていきたかったです。そのままトップグループでレースがしたかったです。菊池監督から"順位も必要だけど落ち着いてレースをしろ"と言われていたので2人に抜かれた後も焦ることなく自分のペースを守って走りました。走行経験のない筑波の事前テストでトップタイムを残せましたし、レースでも行けるんじゃないかと自分に期待していたので、かっこ悪い姿を後輩達に見せずに済んでひと安心しています。前半戦はほとんど走行経験のないサーキットが続くのですが、この調子で表彰台常連、さらに優勝できるように頑張りたいと思います」
 
レーススタート
レーススタート
 
レース
トップ争い
 
伊達悠太
伊達悠太
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |