レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 TSUKUBA | Rd2 SUZUKA2&4 | Rd3 SUGO | Rd4 MOTEGI | Rd5 AUTOPOLIS |
| Rd6 MOTEGI 2&4 | Rd7 AUTOPOLIS 2&4 | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI


全日本ロードレース選手権ST600
ST600 Supported by BRIDGESTONE
ブリヂストンロゴ

2017 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 in 筑波
主催:筑波サーキット(2,070m)

決勝レースレポート
開催日:2017-4/9
天候:雨のち曇 コース:ウェット
●観客:土曜日:1,500人 日曜日:4,500人
 
星野知也が、またもウエットレースを制す!!

 ホールショットは、セカンドグリッドの前田恵助が奪い、ポールポジションの奥田教介、長尾健吾、星野知也、和田留佳、清末尚樹、岡本裕生、矢田栄一朗、新垣敏之、名越哲平、國峰啄磨、北見剣と続いていたが、新垣は、ジャンプスタートとなりストップ&ゴーのペナルティを受けることになる。

 トップを行く前田は、積極的にレースを引っ張り、2番手以下を引き離して行く勢いだったが、奥田、そして長尾を3周目の1コーナーでパスした星野が前田をマークし3台がトップグループを形成する。

 昨シーズン、やはりウエットコンディションとなった第8戦岡山国際で独走優勝を飾っている星野は、今回も雨になれば優勝候補の最右翼として目されていたが、その期待通りの走りを見せる。序盤は様子を見ていたが、6周目にファステストラップをマーク。9周目の1コーナーで奥田を、10周目のやはり1コーナーで前田をかわしトップに立つと、そのままリードを広げて行く。前田も何とか星野についていきたいところだったが、その差は広がる一方だった。その後方では、ST600初レースとなった國峰が追い上げを見せていた。20周目に長尾を、23周目に和田をかわし4番手に浮上。さらに前を行く奥田を追って行く。

 星野は、安定した走りでトップを独走。そのままチェッカーフラッグを受け開幕戦を制した。2位に前田、3位に全日本デビュー戦の奥田と続き表彰台に上がった。以下、國峰が4位、和田が5位、長尾が6位、岡本が7位、名越が8位、清末が9位、中村龍之介が10位というトップ10だった。

 
ST600表彰台
 
優勝 #46 星野知也 TEAM PLUSONE
「ウイーク入ってから、ずっと日曜日が雨予報だったので、いろいろな方から"優勝だね!"と声をかけてくれたのですが、どんな雨でも速く走ることができるわけではないですし、何もしないで速く走れるわけではないので、そこまでの組み立てが重要です。一つ一つ積み重ねて行ければ勝てる状態になりますが、今回は、そこに持って行くのに苦労した部分がありました。その中で、うまく予選、ウォームアップ、決勝とつなげていくことができたと思います。昨年、岡山国際で勝ったときよりも緻密に狙って勝つことができました。ただ、自分が思っていたよりも奥田選手のペースもよかったので勝つのは簡単ではないと思いましたが、うまく自分の勝負できるポイントを生かして前に出て、少しですけれど引き離すことができてゴールできたので、いいレースができたと思います。今シーズンも多くの方の応援のおかげでレースに参戦することができています。まずは最高の形で恩返しできたので、よかったです」
 
2位 #5 前田恵助 伊藤RACING・GMDスズカ
「コースレコードを出して、全戦全勝をするという目標でしたが、開幕戦から有言実行できなかったのですが、雨だとなかなかペースを上げられないことが多いのですが、今回のレースは、スタートも決まり、オープニングラップから、いい感じにペースを上げることができレースを引っ張ることができたのはよかったと思います。勝てるかと思ったのですが、今回もうまく行きませんでした。悪い流れを次回のSUGOに持ち込まないようにして、しっかり備えて、次回こそ勝てるように全力で走ります」
 
3位 #57 奥田教介 teamMF& KAWASAKI
「全日本デビュー戦でしたが、落ち着いた状態でスターティンググリッドに並ぶことができていました。これは自分でもビックリしました。レースが始まってからは、前田選手の後ろについて、様子を伺っていたのですが、どうしてもコーナー立ち上がりで離されてしまっていて勝負を仕掛けるところまで行けませんでした。そこが課題なので、次回は、そのようなことがないようにして勝負したいです」
 
トップ争い
トップ争い
 
優勝した星野知也の走り
優勝した星野知也の走り
 
優勝した星野知也
優勝した星野知也
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
| Top |