レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

写真&レポート

2016全日本エンデューロ選手権シリーズ第3戦 日高2DAYSエンデューロ

プレビュー

過去、台風の影響で中止に追い込まれた年もあるHTDEだが、ご存じの通り北海道を4つの台風が襲った今年、会場のすぐそばである日勝峠の橋が崩落するほどの被害に見舞われた。万全の体制で、通常よりも長い100kmを超えるルートを用意していたHTDEだが、この台風の被害を受けて物理的に短縮を余儀なくされ、今回のメインのルートは61km。

競技監督である春木久史によれば「南側の日高山脈側が、被害が大きかった。いつもよりタフな大会になる予定だったが、短縮になってしまったことは残念だ。しかし、多くのシングルトラックを含むルートは、TC1にたどりつくまでに、おなかいっぱいになれるほど。テクニカルと言うより、体力と集中力を試されるレースになるだろう。

 テストは、2本で1どちらも6km、10分程度のもの。西山線のグラベルテストは、例年と異なり台風の影響で荒れている」とのこと。多くのライダーからは「1カ所だけ、下りの難しいところがテストにあって、大変」とのコメントが出ているが、「総じてとまってしまうような場所はなさそう。また、天候もよさそうなので、楽しいレースになりそうだ」とも。


JEC Rd.3 HTDE Day1「前橋、ついに初優勝! セロー×鈴木、堂々の2位へ」

強めの雨が深夜から降り続け、日高のエントラントのテントを壊してしまうほど。屋根を雨音が叩く音に、憂鬱を覚えたライダーも多かったことだろう。しかし、早朝には雨があがりはじめ、ライダーがスタートしだした8時には、すっかり青空に。秋の気持ちいい北海道の中、日高2デイズエンデューロが、今年も始まった。

台風の影響で、路面はえぐれているところも多い

若手であり、めきめきとスピードをあげてきた前橋孝洋は、初優勝を期待されるライダーの一人。序盤から、一番時計を繰り出すスタートダッシュを見せ、レース展開を有利に。鈴木健二がセロー250、釘村忠がCRF250Lとトップ2がトレールマシンで出場していることもあるが、同じく若手の熊本悠太や、小菅泰輝、ベテランの内山裕太郎らも、あまりタイムの出ない状況。鈴木・釘村も順位を出せず、やはりトレールマシンでは無理があるかと思わせた。

しかし、2周目に入ってその様相はがらっと変わる。鈴木がまさかのトップタイムを連発して、前橋を追い詰めるペースの上昇率。3番手には内山、4番手に釘村と言った展開でレースは進行。最後のテスト前には、鈴木が前橋との差を3秒差までちぢめることとなった。

前橋はこの事態を把握していて、最後のテストでは集中を切らさぬこと、攻めきることを心に決めてスタート。対して、鈴木は把握しておらず、しかしどちらもがこの日最速のタイムを出すという緊張あふれるテストに。結果、前橋が振り切ってみごとに初優勝。鈴木が2位、内山は3位という結果。
IBには、ゲストライダーのL・ポスキットがぶっちぎりの結果、IAでも5番手に入るタイムで優勝。
ナショナルもやはりゲストのL・ハッキングが圧勝を決めた。全日本ウィメンズは、福田雅美が優勝。


前橋孝洋

「やっと勝つことができましたが、もっと攻めることもできたはず。ただ、最後のテストは、攻めすぎて下りでふっとびそうになってしまったし、かなり怖かったですね。そこまで攻めないと、タイムは出てこないのかも。後半はラインができてきたのも、タイムをつめられた原因かなと思います。

バイクは、とてもいいです。クロモリフレームよりしっかり感があるのと、しゃきっとしてる。エンジンは、さすがに125だと厳しいですが…」



鈴木健二

「さすがにトレールだと厳しくて、上りではしっかり後ろのライダーに追い抜かれそうになるほど。下りでなんとか勝負できたという感じでしょうか。雨が降ってコースが荒れたことも好結果を残せた理由かなと思いますね」



内山裕太郎



K・ポスキット



L・ハッキング



福田雅美



JEC Rd.4 HTDE Day2「悲願の太田幸仁、初優勝! 〜大病と過酷なコースを乗り越えて」

昨日に引き続いて、早朝から雨。DAY1では、だいぶタイム設定に余裕があったことを鑑みて、IA・IBは晴れの日用のA設定、他は雨の日用のB設定として発表された。実際、昨日はマディだったにもかかわらず、極めて難しい難所は発生しなかった。

テストは、ルート設定の妙でDAY1と同様IA・IBで5本を確保。朝はスタートして100mほどでテストの入り口へついてしまうため、体調管理や集中力も試されるものであった。

雨脚がどんどん強まっていく中で、レースが進行。昨日とほとんどシチュエーションとしては同じだったが、明確にコースの荒れは進行していて、ライダー達の行方を阻んだ。2周目、テストの片方は深刻な渋滞となってしまい、都合5本目のIA・IBのテストは後にキャンセル。この最後のテストで大きな逆転劇が大量に生まれていたため、幻の表彰台となったライダーも多い。

序盤、好タイムを出したのは、1日目になりを潜めていた釘村忠×CRF250L。ようやく調子がつかめてきたかというところ。鈴木健二もデイ1に引き続き好調さを見せる。レースが進むにつれ、特に日高山荘のスキー場近辺を使ったテストが荒れに荒れてしまい、3本目のテストで大荒れのリザルト。鈴木が9分52秒だったところ、11分42秒までロスするほどで、ほとんど例外なく1分ほどのタイムロスを強いられた。前述のキャンセルになった5本目のテストこそ、このスキー場のテストである。

結果的に、この荒れたレースを制したのは、なんと大病の療養中でムリをおしてレースに出た太田幸仁で、初優勝。2位内山裕太郎とは、12秒のアドバンテージしか残さず辛勝といったところか。3位は鈴木、4位には地元札幌の永木雄二がファイナルクロスの圧勝をきめてランクイン。



太田幸仁

「去年のSUGO前から、膠原病になってしまったことで、SUGOを最後にライダーを休止していました。膠原病は段々体が動かなくなっていく病気で、これ以上よくなることはありません。ストレスもたまりますし、つらい時期を過ごしていました。

 だったら、好きなバイクに乗ったほうが、病気にもいいんじゃないか、と解釈してこの日高を目指し、7月くらいから乗り込んできました。特に首が動きづらくて、下りで前を見ることが難しいような状況です。

 今回のレースは勝てるとは思っていませんでしたが、1日目の最初のテストで「いけるかもしれない」という手応えを掴めました。最後のテストでは僕もおおきなタイムロスをしていて、これがキャンセルになったことが大きな優勝の要因ですが、はじめての優勝はとてもうれしいです。

 これからは、ライダーをやめるつもりはありません。でれるレースには出たい。そのほうが、この体にもいいと思うんです。

 最後に、この環境を作ってくれた家族に、精一杯ありがとうと言わせてください」



内山裕太郎

「最後のテストがキャンセルにならなければ、1位とれましたから、残念です。みんながミスを連発して、渋滞に阻まれる中、うまくクリアできたと思ってましたからね。今回のレースで、また上位は僅差で最終戦を迎えるはず。上位に食い込んで、なんとかあきらめず希望をつなぎたいです。前にチャンピオンをとった時も、2pt差でしたから、こういう粘りが必要なシチュエーションには自信がありますよ」



鈴木健二

「日高山荘近くのテストは、2回目・3回目両方ともしっかりはまってしまいました。あそこまでワダチが深くなってラインがなくなると、セローの最低地上高では限界がある。でも、市販車が2日間走りきって、僕のような人間が乗ってもクラッチすら交換せずに完走できたことは、いいアピールになったんじゃないですかね。SUGOはYZ250XでCRF450Rの釘村と現役モトクロスIA横沢を迎え撃ちます。とても楽しみにしていますよ」



ファイナルクロスを制した永木雄二



IBは、DAY1と変わらずL・ポスキットがIA同等のタイムで圧勝。2位には佐伯竜、3位には毛利真悟が入った。ナショナルは、2本目の荒れたテストを圧倒的走破力でこなした鈴木真人が優勝、全日本ウィメンズは、今季勝ち星のなかった福田雅美が2位菅原聖子に25分もの大差で圧勝。永木、佐伯、福田とハスクバーナ札幌の底力が際だった形だ。



リンドン・ポスキット

「すばらしいレース、すばらしいオーガニゼーションだった。日高に来られて本当にハッピーだよ。KTMジャパンや、春木さん達にもありがとうといいたい。僕も、イギリスでは何度もISDEの予選会にチャレンジしてるんだけど、レベルが高すぎてクラブチームですら一度もでれていない。機会があたら日本のチームででてみたいね!」



鈴木真人



福田雅美