レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

2015 FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ・コーラゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会

日付:2015年7月23日(金)〜26日(日) 場所:三重県・鈴鹿サーキット 観客層動員数:約12万人(4日間合計)

ヤマハが19年ぶりの勝利を勝ち取る!!

表彰式

2015 FIM世界耐久選手権シリーズ "コカ・コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会の決勝が、7月26日に三重県・鈴鹿サーキットで開催された。

今年は元GPライダーで2度の世界チャンピオンを獲得しているケーシー・ストーナー氏や現役GPライダー、2002年以来ヤマハのファクトリーチームが参戦するなど、例年以上に注目を集めており、84チームがエントリーした。ただし、スターティンググリッドに着けるのは70台なので、14チームは予選敗退となった。なお、予選敗退が出るのは2008年以来のこと。

午前11時30分にル・マン式スタートで始まった決勝レースは、気温35度・路面温度60度を超え、転倒などのアクシデントが多発。計6回のセーフティーカーが導入され、出走70台のうち、完走したのは51台という荒れた展開となった。

レースはスタートでエンジンがうまくかからず、1周目二十数番手まで大きく出遅れたものの、挽回した♯21/ヤマハファクトリーレーシングチームが19年ぶりに優勝。途中、セーフティーカー導入時に禁止されている追い越しをして、30秒のストップ&ゴーペナルティが課せられるなどもあったが、中須賀克行選手、MotoGPのヤマハサテライトチーム「モンスター・ヤマハ・テック3」のポル・エスパルガロ選手とブラッドリー・スミス選手の3人、そして監督やスタッフたちが抜群のチームワークを発揮。また、新型YZF-R1のポテンシャルの高さも加わり、創立60周年の節目にヤマハへ勝利をもたらした。

そのヤマハファクトリーレーシングの優勝を脅かしたのは♯788/ F.C.C TSR Honda。F.C.C TSR Hondaは同チームから全日本ロードレース選手権に参戦中のジョシュ・フック選手に加え、昨年も鈴鹿8耐に出場したGPライダー、ドミニク・エガーター選手、スーパースポーツ選手権で活躍中のカイル・スミス選手を起用。全員二十代前半という若手チームはアグレッシブな走りで一時トップに立ったものの、128周目にヤマハファクトリーレーシングチームに逆転されてしまう。その後も果敢に攻めるが、結局1分以上の差がつき勝負が決まった。

3年連続で3位表彰台を獲得したのは♯17/TeamKAGAYAMA。スタートライダーを務めた清成龍一選手が抜群のスタートでホールショットを奪うも「過去の8耐で転倒しているのと、レースウィークでも2回転倒したのでとても慎重になった」と7番手まで後退。しかし、チームは着実に周回を重ねて順位をアップ。中盤には3位に浮上して表彰台を獲得した。

3連覇をねらっていた♯634/MuSASHi RT HARC-PRO.は31周目にヘアピンでケーシー・ストーナー選手がクラッシュ。骨折のケガを負い、リタイヤとなっている。

リザルトはこちらから。
http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

BASE 8耐をはじめ、今年も大盛り上がりのイベントスペース

レースと同じように多くの人が楽しみ、例年以上に盛り上がった各イベント。ピットウォークでは国内の選手はもちろん、ケーシー・ストーナー選手をはじめ、海外勢のライダーのサインを求める人で長蛇の列。フリースタイルモトクロスやトライアルのデモンストレーションでは数々の妙技に観客が魅了されていた。また、なんと今回の鈴鹿8耐にはハリウッドスターのキアヌ・リーブス氏も来場。自身がプロデュースするバイクでサーキットを駆け抜ける場面もみられた。