レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

| INDEX | Rd1 SUZUKA2&4 | Rd2 AUTOPOLIS | Rd3 MOTEGI | Rd4 SUGO |
| Rd5 MOTEGI 2&4 | Rd6 AUTOPOLIS 2&4 | Rd7 TSUKUBA | Rd8 OKAYAMA | Rd9 MFJ-GP/SUZUKA |

SUPERBIKE RACE in MOTEGI

| エントリーリスト | 公式予選結果 | 予選レポート |
| ウォームアップ | 決勝レース | 決勝レポート | ラップチャート | ランキング |

全日本ロードレース選手権J-GP2

文部科学大臣杯 2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 
SUGO SUPERBIKE 120miles ENDURANCE RACE
主催:スポーツランドSUGO(3,737.5m)

決勝レポート
開催日:2015-6/28
●観客:土曜日:1,600人 日曜日:3,100人
 
高橋裕紀が無傷の3連勝!

 2015年の全日本ロードレースシリーズJ-GP2クラスの第3戦が宮城県・スポーツランドSUGOで開催された。予選日に降っていた雨は夜のうちに上がり、決勝日の朝は雲の合間から青空が見える天候となり回復傾向かと思われたが、JSB1000クラスのウォームアップ走行が終わる頃から霧雨が落ち始め、J-GP3クラスに引き続きJ-GP2クラスもウエット宣言が出された。

 午前11時5分、20周の決勝レースがスタート! ホールショットはポールポジションの高橋裕紀が奪う。予選5番手の岩田悟が2番手に上がり、星野知也、井筒仁康、生形秀之と続く。高橋は一人だけ1分40秒を切る1分38秒556でオープニングラップを周回、2番手以下との差を広げて早くも独走態勢に入って行く。2番手には予選7番手からジャンプアップした生形、3番手に岩田、4番手に星野、5番手に長尾健吾、6番手中本翔、7番手作本輝介、8番手岩崎哲朗、9番手日浦大治朗、10番手亀井駿のオーダーで続く。トップ快走の高橋、2番手生形が単独走行となり、3番手争いは岩田と星野が接近戦を繰り広げる。3周目の110Rコーナー進入で星野が岩田をパス、3番手に浮上すると、星野はその勢いのまま生形の背後に迫って行く。4番手に後退した岩田が岩崎、長尾、作本、日浦の5番手グループに飲み込まれ4周目のシケインで岩崎が岩田をパス、4番手に浮上する。岩崎を先頭とした4番手集団は少しバラけ始め岩崎、岩田、作本の3台の集団となる。しかし7周目の馬の背コーナーで作本がスリップダウン、再スタートするも順位を落としてしまう。

 レース中盤になっても高橋は1分31秒後半から32秒台前半のタイムで相変わらずひとり旅を続ける。4.2秒後方に2番手争いの生形と星野、その約3秒後方に4番手争いをしている岩崎と岩田、さらにその後方に日浦が単独6番手走行を続け、9周目には早くもバックマーカーが出てくる。そして岩崎、岩田の2台による4番手争いに日浦が近づいて来る。10周目、日浦は1分31秒935の自己ベストタイムを出し岩田の1.2秒後方に迫る。

 その直後2番手争いをしていた星野が11周目の2コーナーで痛恨のスリップダウンを喫してしまう。これで生形は単独2番手走行となる。岩崎、岩田、日浦によるバトルは3位表彰台争いへと変わる。14周目のホームストレートでは、岩田が岩崎をパスして3番手に浮上。15周目、日浦が岩崎をかわして4番手、さらに翌16周目のホームストレートで岩田をかわして3番手に浮上するなど、レース終盤を迎えヒートアップして来る。

 高橋は生形に8秒5の差をつけてファイナルラップに突入、そのまま一度もトップの座を明け渡すことなく9秒374の大差をつけて3戦連続でポールポジションから優勝を飾る。2位に生形、3位にはJ-GP2クラス初表彰台となる日浦が入る。4位岩田、5位岩崎、6位中本、7位長尾、8位大木崇行、9位亀井、10位作本の上位10位であった。

 

表彰台
 
優勝/#1 高橋 裕紀 MORIWAKI RACING
『慎重になっていてレインタイヤを履いてピットを出たら、みんなスリックタイヤだったのでグリッド上でタイヤ交換をしました。1周目から頑張ろうとは思っていましたが、トップを走行していると路面状況がつかみにくく、途中で霧雨が強くなったり、弱くなったりしたときのペース配分が難しかったです。ピットのサインボードで後方との差を確認しながら"絶対に転べない、けれどペースは落とせない"という状況の中で集中力を切らすことなく走り切ることができました。終わってみれば、またポールtoウインを飾ることができましたし、常に完璧なバイクを仕上げてくれているチームとメカニックに感謝したいです。モリワキレーシングとして後輩の日浦選手と二人で表彰台に上がることができたのは、とてもうれしく思います』
 
2位/#2 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング
『予選が7番手グリッドだったのでどうやって抜け出すか、を考えていたのですが2周目に入るまでに2番手まで上がれたので、そこから高橋選手とのギャップをどうやって縮めていくかを考えていました。コースコンディションが常に変わり安定していなかったので、リスクをおかしてでも攻めれば高橋選手に追いつけたかもしれないですが、今日はリスクが高すぎました。うまく追いつけるように頑張ってみましたが今日は仕方ないと思っています。高橋選手とのギャップだけに集中していたので後ろは気にしていませんでした。シリーズを考えたときに無理して転倒したら意味が無いので攻めつつ、我慢しつつのレースでした。自分も、もっとレベルアップして高橋選手をやっつけられるように頑張ります』
 
3位/#35 日浦大治朗 MORIWAKI RACING
『金曜日の転倒でバイクを壊してしまったので確認をしながらの走行でしたし、雨の予選も10番手と流れに乗れませんでした。決勝レースの序盤はペースを上げられませんでしたが10周が過ぎた辺りから路面コンディションが安定していたのでペースを上げて前を行く2台を抜いたらいつのまにか3位になっていました。去年のSUGOと同じく前の数台が転倒したことによる順位アップなのでSUGOでは運が良いのかな、とは思いますが、今回初めてJ-GP2クラスの表彰台に上がることができてうれしいです。このレースウイークは、流れが悪くバイクまで壊してしまったのに3位表彰台にまで押し上げてくれたチームとメカニックに感謝です』
 
レーススタート
レーススタート
 
レース序盤
レース序盤、早くも独走体制を築く高橋裕紀
 
高橋裕紀
高橋裕紀
 
※ここに掲載している写真の高画質版は、MFJスーパーバイク・プレス専用サイトでダウンロードしていただけます。プレス専用サイトには登録が必要です。登録はこちらから→MFJスーパーバイク・プレス専用サイト
 
TXT: Toshihiro SATO/Photo : H.Wakita(c)
 
| Top |