レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

インフォメーション

MFJからのお知らせを表示しています。
2017年02月27日
オールスターモトクロス in OKINAWA開催レポート!
写真
写真
写真

 今年で3年目となるオールスターモトクロス in OKINAWA(MFJ特別競技会)が2月25日〜26日、ImaNAGO Cross Fieldにて開催された。土日ともに雨天に見舞われ、マディコンディションの中での開催であったが、延べ1,600人のモトクロスファンが会場を訪れた。

2016年はMXGPクラスに参戦した山本鯨や2016年をもって引退となった田中教世、昨年よりカワサキにシフトした小方誠、そして今回こそは優勝を狙う成田亮が参戦。
今年はレディースクラスは開催されなかったが、第15回ジャパン・マスターズ・オブ・モトクロスが開催され、70年〜90年代に活躍したレジェンド達が一堂に会し、本大会を盛り上げた。

■IA・IBオープンクラス
ヒート1では、成田と山本のトップ争いが繰り広げられた。山本が1位、成田が2位のままラップを重ねていった。追い抜くタイミングを狙っていた成田だが、最終ラップ最終コーナー手前に新設されたシケインを通過時に転倒を喫し、山本がトップでフィニッシュ。
続くヒート2は、成田が終始安定した走りを見せ、2位の小方と約5秒を開けチェッカーを受け、昨シーズン全日本チャンピオンの貫録を見せつけた。ヒート1で1位だった山本は3位という結果になり総合ポイントで成田が初優勝を飾った。

■マスターズ・オブ・モトクロス
40代、50代、60代にクラス分けされ、3クラス混走でのレースとなった。
ヒート1では60代クラスの伊田選手がベストラップをマークするなど熱い戦いが繰り広げれれた。また、40代クラスには本大会主催者の松田強氏が特別参戦し、ヒート2ではホームグランドでベストラップをマークした。ヒート1・2共に1位となり40代クラスで優勝した。

お昼休みにはマスターズのトークショー、IAライダー(成田・山本・田中・小方)のサイン会や抽選会も行われた。

▽レースリザルト等大会の詳細はこちら
 オールスターモトクロス in OKINAWA
 http://asmx.okinawa/




前のページへ戻る