レース情報 ライセンス ダウンロード おすすめショップ 当協会について
 
rece
種目別最新情報
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree01 エンデューロ
tree02 その他競技種目
レース観戦情報&レース結果
tree01 ロードレース
tree01 モトクロス
tree01 トライアル
tree01 スノーモビル
tree01 スーパーモト
tree02 エンデューロ
レースカレンダー検索
TV放送予定
tree02 BS , 動画配信
国内競技規則書
FIM規則(和訳)
公認車両
公認部品・用品
マウスガードについて
アンチドーピング
熱中症を予防しよう
全日本選手権シリーズランキング
エンジョイ!!バイクレース
 

インフォメーション

MFJからのお知らせを表示しています。
2012年08月30日
2012FIM Asia Cup アジア国別対抗戦開催レポート
写真
Rd.1:1位伊達悠太 2位小倉華恋 3位Topan Sucipt(インドネシア)
写真
Rd.2:1位佐野優人 2位Kumar Jagan (インド) 3位Anupab Sarmoon(タイ)
写真
国別対抗:1位 日本 2位インド 3位タイ

アジア国別対抗戦の初戦は、全日本ロードレース第6戦と併催で8月25・26日スポーツランドSUGOにて行われた。
参加国:日本・インド・インドネシア・韓国・スリランカ・タイ・台湾・香港(8ヶ国 順不同)

25日(土) 公式予選 : 優勝候補のトパンが2周目で転倒するもののタイム的には10番手のタイム。
日本人は1位伊達、2位佐野、3位三好、4位小椋、5位白石、8位櫻井、9位岡崎と全員が上位に入った。この時点で1位と最下位の19位のタイム差は15秒。
第1決勝:伊達、小椋の13歳ライダーが、今まで勝てたことのないトパンを従えて1位、2位を獲得。転倒も少なく、第2決勝への期待が膨らんだ。


26日(日) 第2決勝 : 大荒れのレース展開となった。周回を重ねるたびにトパンと絡むライダーが転倒、早い段階で第1決勝1位の伊達、2位の小椋が姿を消した。続いて三好もトパンにコース外に押し出され、まるでアンダーボーンのようなレース展開に!最終ラップのシケイン後の登り、1位につけていた佐野が2位のトパンと接触。ゴール寸前でトパンが転倒し、佐野が優勝を決め、最後はドラマチックな展開でレースの幕が降りた。

国別対抗戦は1位日本、2位インド、3位タイという結果となった

>>詳細は2012 FIM Asia Cup アジア国別対抗ロードレース結果・ギャラリーをご覧ください。

次回、第2戦は11月3〜4日 台湾開催です。

■アジア国別対抗戦とは:2007年、日本より提案し発足した国別対抗ロードレース。
アジア地域の国際交流の促進と選手育成を目的とし、アジア各国モーターサイクル協会から代表選手が派遣され国の代表として競い合う。チームポイント制で国別のランキングとなる。

■ポイントシステム:各国の代表ライダーは最大2名までのどちらか良い成績がポイントとして反映される。(※1名の派遣でも可能とするため)ポイントは順位そのものがポイントとして数えられ、ポイントの少ないものが上位となる。これにより、ポイント表を見るだけで順位が分かるようになっている。





前のページへ戻る